TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

社会制度 注目記事

NEW POST help
  • 1位

    悪いのは○鵬

    「差別と同じ構造」7月27日『近事片々』欄に、『角界重鎮も見てほしい。連覇でもガッツポーズなし、万感の表情で一礼。勝ち方も美しい柔道、大野将平選手』という記述がありました。言いたいことはよく分かります。相撲と柔道の勝者の態度を比べ、相撲界に勝って奢らずという美しい伝統を守ることを訴えたのでしょう。私も、白鵬の態度は角界を代表する横綱にふさわしいとは思っていません。大野選手の態度の方に好感を抱いたのも事実です。でもそれは、大野将平選手と白鵬という個人の問題、あるいは両者を指導してきたコーチや親方の見識と指導力の問題なのであり、相撲と柔道という団体の問題なのではないと思います。かつて、柔道界では、金メダリストの複数回の準強姦やパワハラという不祥事がありました。当時、メディアは全柔連の体質を鋭く批判し、中には中学校の...悪いのは○鵬

    ヒマローグ

    ヒマローグ

  • 2位

    罰を与えない罰則

    「きまりと罰」7月24日『ノーマスクノー注意』という見出しの記事が掲載されました。『オリンピックの開会式で、一部の国の選手団が入場行進時に規則に従わずマスクを着用しなかったことについて、大会組織委員会は個別に注意しないことを明らかにした』ことを報じる記事です。とても考えさせられる記事です。この内容には、指導監督的な立場にある者が、心掛けなければならない、きまりと罰についての教訓が詰まっていると思われるからです。私は教員になりたての頃、子供をきまりや約束事とそれを破ったときの罰によって管理しようと考える未熟な教員でした。そうした発想そのものが教員として望ましいものではないのは当然ですが、それだけではなく、きまりと罰の難しさをよく理解していなかったことが未熟だったと言いたいのです。きまりと罰を定めた以上、それはきち...罰を与えない罰則

    ヒマローグ

    ヒマローグ