TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

選挙・選挙制度 トップ

TOP
help

続きを見る

  • シュプレヒコール

    シュプレヒコール

    シュプレヒコール(Sprechchor)とは、集会に集まった者たちがメッセージやスローガンなどを繰り返し一斉に叫ぶこと。語源はドイツ語から。示威行為の一形態。 かの有名なヒトラーがまだ独裁者となる前、酒場に演説の場を設け『我等は勝つ』と何度も繰り返して叫ぶシーンが、映画『ヒトラー』の中にも出てくる。この集いに集まった者達も皆同じ事を叫んだ。 国内外の使用例として、主に政治的な信条、労働条件の改善などを要求する際に使われる。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 核武装論

    核武装論

    核武装論(かくぶそうろん)とは、厳密には核武装における利得を論じたものであるが、一般的に、広義においては「国防において核武装をおこなうべきだ」という主張、狭義においては「日本が核武装すべきだ」とする主張である。いずれにせよ「まだ核兵器を保有していない」国家における主張であり、核兵器保有国においてはすでに保有する核兵器をどのように運用整備するのかという核戦略として語られる。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 3人

  • 違憲判決

    違憲判決

    違憲判決(いけんはんけつ)とは、憲法訴訟において、法令や行政措置が憲法に違反しているという裁判所による判決。日本国憲法では前文、第81条(違憲審査制)、第98条の規定による。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 5人

  • 憲法訴訟

    憲法訴訟

    憲法訴訟(けんぽうそしょう)とは憲法上の争点を含む訴訟のことをいう。 抽象的違憲審査制を採用している法制の下では、民事訴訟、刑事訴訟及び行政訴訟と並列する訴訟類型としての憲法訴訟が考えられるのに対し、付随的違憲審査制を採用している法制の下では、民事訴訟などとと並列する訴訟類型として位置づけられるわけではない。あくまでも、これらの訴訟の解決に必要な限りにおいて憲法判断がされるに過ぎない。 しかし、憲法訴訟という類型自体が存在しないとしても、憲法判断の重要性から、憲法訴訟に特有の理論を考察する学問分野がある。このような学問分野を憲法訴訟論といい、日本では、1960年代に憲法学者芦部信喜が憲法訴訟に関する論文を精力的に執筆し、1970年代には憲法学界で憲法訴訟に関する議論が盛んになった。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 5人

  • 政治問題&社会問題

    政治問題&社会問題

    国内政治、国際政治、国内社会、国際社会、そして経済問題などについて、様々な意見を表明できる場所へ。あと、書籍の紹介も。

    テーマ投稿数 31,656件

    参加メンバー 765人

  • 未成年者喫煙禁止法

    未成年者喫煙禁止法

    未成年者喫煙禁止法(みせいねんしゃきつえんきんしほう、明治33年3月7日法律第33号)は、未成年者の喫煙を禁止する法律である。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • 嫌中

    嫌中

    嫌中(けんちゅう)とは、主に保守派の立場にいる日本人が持つゼノフォビア感情のひとつである。 しかし、2005年の中国における反日活動や、2007年から08年にかけて相次いで明らかになった中国産食品・中国製品の安全性問題などから、保守派のみならず、保守論等に関心を抱かない一般の人々までもが中国に対する嫌悪感を抱いていると考えられている。反中に比べ、民族差別主義者と呼ばれる人に見られることが多い。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 親中派

    親中派

    親中派(しんちゅうは)、中華人民共和国(中国)に好感・賛意を示している人。対義語は反中派。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 3人

  • 日中中間線

    日中中間線

    日中中間線(にっちゅうちゅうかんせん)とは、ちょうど沖縄と中国大陸の中央に位置し、日本が事実上の排他的経済水域の境界線としている線。しかし、中国は、沖縄トラフが排他的経済水域だといっており双方の対立が続いている。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • ウイグル

    ウイグル

    ウイグルは、古代北アジアで活動したテュルク系遊牧民。この民族名称を自称する人々はのちに中央アジアに移動し、15世紀頃まで存続していた。また、この民族名は、20世紀に東トルキスタン民族運動において、テュルク系のオアシス定住民が、1934年に古代北アジア遊牧民の呼称を借りて、自分たちの呼称として採用し、現在に至っている。 本項では主として古代北アジアのテュルク系遊牧民とその直系の後裔である中世中央アジアのウイグルについて主として扱い、近現代の東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)のトルコ系オアシス定住民である現代ウイグル民族については「ウイグル人」の項目に譲るものとする。

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 7人

続きを見る

続きを見る

続きを見る