TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

政治家志望 トップ

TOP
help

続きを見る

続きを見る

  • 日本の世界への平和貢献は如何に?

    日本の世界への平和貢献は如何に?

    戦争とは皆〜正当化するが侵略(お互いに)であることは間違いないが東京裁判のような一方的な歴史観は(一方が平和に対する罪のような裁判)連合国が作り出したものである。 インドのパール判事は日本無罪を主張〜国際法上でもあの戦争に対する解釈は分かれるのです。 日本は侵略?(意図的な)国家だったのか?大東亜の解放に一役買ったのか?正義はあったのではないか?植民地政策を強いていたのは欧米列強でありますから日本は植民地を結果的に解放する役割を負ったともいえます。

    テーマ投稿数 461件

    参加メンバー 34人

  • 言論の自由

    言論の自由

    言論の自由(げんろんのじゆう)は自由権の一種で、検閲を受けることなく自身の思想・良心を表明する自由を指す。表現の自由の根幹をなすと考えられ、今日では国際人権法で保護され世界人権宣言第19条、国際人権規約B規約にも規定されているものの、多くの国で保障されるには至っていない。

    テーマ投稿数 265件

    参加メンバー 26人

  • 田母神俊雄

    田母神俊雄

    田母神 俊雄(たもがみ としお、1948年(昭和23年)7月- )は、日本の航空自衛官。第29代航空幕僚長。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 4人

  • バラック・オバマ

    バラック・オバマ

    バラック・フセイン・オバマ・ジュニア(Barack Hussein Obama, Jr., 1961年8月4日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。第44代アメリカ合衆国大統領当選者。現在イリノイ州選出のアメリカ合衆国上院議員である。政党は民主党。 現在、唯一のアフリカ系アメリカ人の上院議員であり、選挙により選ばれたアメリカ史上3人目のアフリカ系上院議員でもある。ただし母親は白人のため、混血とも分類される。

    テーマ投稿数 556件

    参加メンバー 72人

  • 2008年アメリカ合衆国大統領選挙

    2008年アメリカ合衆国大統領選挙

    2008年アメリカ合衆国大統領選挙(2008ねんアメリカがっしゅうこく だいとうりょうせんきょ、The United States presidential election of 2008)は、2008年11月4日に実施された、次期アメリカ合衆国大統領および次期アメリカ合衆国副大統領を選出するための選挙である。当選した人物は2009年1月20日に正式にアメリカ合衆国大統領および副大統領に就任する。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 4人

  • 倫理観・価値観

    倫理観・価値観

    昨今、社会に見る倫理観・規範意識の欠如により、様々な問題が湧き上がってきている。 (政治・教育などに・・・) その問題点を、一つ一つ吸い上げていく事で、一点の光明が見出せるのではないだろうか!

    テーマ投稿数 249件

    参加メンバー 26人

  • 自衛官

    自衛官

    自衛官(じえいかん、英:Self-Defense Official)とは、防衛省職員の一種であり、命を受け自衛隊の隊務を行う(防衛省設置法第37条)特別職の国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」と呼ばれる。自衛隊員と呼ばれる場合もあるが、法的には「自衛隊の隊員」には自衛官以外の防衛省職員を含むため、あくまで俗称であり、法的名称は「自衛官」が正規となる。 陸上自衛隊の自衛官は陸上自衛官、海上自衛隊の自衛官は海上自衛官、航空自衛隊の自衛官は航空自衛官と通称される。現在陸海空の総計は約24万人で、日本国最大の人員を擁する国家公務員の職種である。

    テーマ投稿数 159件

    参加メンバー 19人

  • 不審船事件

    不審船事件

    不審船事件(ふしんせんじけん)とは、国籍不明船舶(不審船)または工作船の接近・領海及びEEZ侵入により引き起こされた事件を指す。主に、日本国内で発生した事件に対して用いられる。海上保安庁では1963年(昭和38年)に最初の不審船を公式確認して以来、2003年までに20件21隻の不審船を確認している。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 土下座外交(自虐的外交)

    土下座外交(自虐的外交)

    日本の政治家と外交官による、弱腰かつ「事なかれ主義」な外交政策や外国に媚びた態度をさす。特に東アジア諸国やアメリカ合衆国を相手にしたときに顕著となる現象である。 戦争については自虐的に中国韓国などに謝罪を繰り返す・・・アメリカには普天間問題など何も言えない・・・これでは日本は一流の国家デハナイ。 野田総理は過去、靖国神社のA級戦犯については踏み込んだ発言をしました。如何するアメリカ基地問題、如何する竹島に韓国実効支配問題、如何する尖閣諸島侵犯者、如何する北方領土返還、日本はもっと強くなれるはずです。

    テーマ投稿数 79件

    参加メンバー 4人

  • 歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議

    歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議

    歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議(れきしをきょうくんにへいわへのけついをあらたにするけつぎ)は、1995年(平成7年)6月9日に、衆議院本会議で可決された国会決議。終戦五十年決議、不戦決議とも呼ばれる。当時の村山内閣(自・社・さ連立政権)の与党である自由民主党・自由連合、日本社会党・護憲民主連合及び新党さきがけの院内会派3派により共同提出されたが、日本社会党と土井たか子衆議院議長の主導で行われた。衆議院議員502人のうち251人が出席し、230人の賛成(起立採決)により可決された。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 5人

続きを見る

続きを見る

続きを見る