TOPICS

続きを見る

  • みどりの未来(緑の党)

    みどりの未来(緑の党)

    ないならつくろう、日本にも 「緑の党」 自民党じゃない。民主党でもない。共産党でも公明党でも社民党でもない。今、世界に必要とされているのは、「右」(保守)か「左」(革新)かといった古い対立ではなく、行きづまった現代社会を「前」へと切り開く政治です。 保守も革新もともに「無限の経済成長」を追い求め、行きついたのはくらしと環境の危機、そして心の荒廃…それは子どもたちに残したい本当の豊かさではありませんでした。今、世界中で心底必要とされているのは、人を傷つけない、自然に負担をかけない、そして未来に持続可能なエコロジカルな叡智のある政治です。 世界の「緑の党」がめざすのは 例えば、巨大な富をごく少数の人が独占することのない社会。例えば、資源を戦争でうばいあうのではなく分かち合う世界。例えば、いろんな価値感が思いやりをもって認められる社会…。 1970年代にオーストラリアで産声をあげ、80年代にはヨーロッパ各地で結成された緑の党は世界中に広がり、政治の中枢で、平和と環境政策をリードしています。 しかし、残念ながらいまだ日本にはありません。 私たちの思いは近い将来、政権に参加して現実の国政を動かす日本版「緑の党」を立ち上げたいということです。ぜひ力をお貸しください。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 真の日本人党

    真の日本人党

    真の日本人党

    テーマ投稿数 174件

    参加メンバー 7人

  • 中道・中立の立場で政治を語る

    中道・中立の立場で政治を語る

    右・左に偏る事無く中道・中立の立場で政治を語りましょう。 右翼的、左翼的な政治にうんざりしている貴方のトラックバックをお待ちしています。

    テーマ投稿数 161件

    参加メンバー 9人

  • 馴れ合いが日本をダメにする。

    馴れ合いが日本をダメにする。

    大地震は人間にとってどうしようもない天災ですが、今回の原発事故はあきらかな人災です。 なぜなら人がコントロールできないような巨大な怪物を「安全クリーン」と言って飼いながら、いま手がつけられない危険な状態をなんと説明できるのでしょうか。 事故後の関係者の右往左往ぶりとレベル7という深刻な放射能被害は天災にあらずで、宇宙のちいさな星、地球に乗っかって不安定、不条理のなかで生きている生物だという認識がなかったからです。  原発は賛成と反対の歴史を経て、政官財の原発賛成組は安価安全だと推し進めたが、それは大嘘だったわけです。嘘でないとするなら人間の無知と驕りと欲望の結果でしようか。  巨額の金が動くところに欲の皮がつっぱった政官財の人たちが集まります。徒党を組むように思惑を持つ人々が群れをつくればしがらみができて馴れ合います。  しがらみは本来は川の流れを落ち着かせる柵の意味ですが、近年は正反対のマイナスの意味で使われることが多くなり、河口堰のように特定の人の利益を得るだけで、長良川全体はしじみや魚を減らして犠牲になるようなものです。  政界でも一番に自分のために票と金につながる後援者への便宜を優先し、二番目に所属する政党の党利党略を優先し、三番目には属する派閥に阿る。四番目は情報源の官僚に媚び、五番目は献金先の大企業を優先して、国民はようやく六番に登上で、長年のこうしたしがらみ政治が今日「地震前」の疲弊した日本をもたらしたのだろう。   このような政官財の馴れ合いは建設資金を抑えて、その分を献金や箱ものづくりにまわして政官財の蜜月を図る。だから「もし事故が起きたら」なのどの発想はないし、その上危険な場所は下請け任せだから初動体制そのものの想定もなかったのだろう。まさに曖昧さを馴れ合ったのです。   また当事者たちは「馴れ合いやしがらみの危険」を重く受け止めていないことも問題で、ほんの僅かな被害予想数値の甘さが、天災より恐ろしい生物が棲めない国家的被害を招く怖さを、大きな代償を目の当たりにした国の中枢を担う人たちは自覚すべきでしょう。

    テーマ投稿数 85件

    参加メンバー 8人

  • 日本経済や政治に一言・・・・

    日本経済や政治に一言・・・・

    日本経済や政治に、何か、言いたい事がある人は、 トラックバックしてください。 それ以外の事でも、いいですよ^^

    テーマ投稿数 172件

    参加メンバー 10人

  • post311

    post311

    東日本大震災以降の世界/After 11.3.2011/

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 男性への暴力・DV問題

    男性への暴力・DV問題

    女性が強くなった現代において、男性へのDV(ドメスティックバイオレンス)や暴力が増加してきています。しかし男性被害者が誰かに相談することが少ないため、女性が主な被害者であるとされることが多く、DVを「妻が夫から受ける暴力」に限定して定義している専門機関も少なくありません。女性センターの女性相談員が相談に訪れた男性被害者を白眼視し、さらに追いつめるような事やお前にも原因があるとあしらわれるような対応をしていることも問題視されています。「男性を被害者とするDV」や「男性を被害者とする女性からの暴力」について…もっと関心を向けて欲しいです。

    テーマ投稿数 49件

    参加メンバー 4人

  • アラブ首長国連邦(UAE)

    アラブ首長国連邦(UAE)

    UAEについてなんでも

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 裁判関係全般

    裁判関係全般

    裁判、傍聴、裁判員裁判、芸能人の裁判など、裁判関係全般です

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • 裁判所の判断は、正しいか?

    裁判所の判断は、正しいか?

    裁判所は司法の最高峰にある。 弁護士だって、検察だって、国会議員だって、裁判所に裁かれる。 裁判所の判断は、いつだって正しいのだろうか? 裁判官は過ちを起こさないのだろうか? 憲法76条3項に規定する『裁判官の職権行使の独立』。 これが全てのネックになる。

    テーマ投稿数 30件

    参加メンバー 7人

続きを見る

続きを見る

続きを見る