TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

沖縄問題 トップ

TOP
help
  • 1位

    台湾(中華民国)は沖縄国(仮)にとって好都合な相手なのでは

    沖縄が独立し、沖縄国(仮)が成立したと仮定してシミュレート、想像又は妄想するシリーズ。名付けて「沖縄独立計画」第1回国家の独立の一つの要件として、他国による承認がある。沖縄が独立しようとした場合も、なるべく多くの他国による承認が必要だ。中国による承認を受

    沖縄ニュース

    沖縄ニュース

    読者になる

続きを見る

  • 第二次チェチェン紛争

    第二次チェチェン紛争

    第二次チェチェン紛争(だいにじちぇちぇんふんそう)とは、チェチェン独立派と、ロシア連邦及びロシアへの残留を希望するチェチェン人勢力との間で発生している紛争であり、一般的にソ連崩壊直後から1996年まで続いたものを第一次チェチェン紛争、1999年に勃発したものが第二次チェチェン紛争と分類されている。 2006年現在、過激派指導者シャミル・バサエフが殺害されるなど、独立派勢力の弱体化が指摘されるものの、未だ小規模なテロ事件などが発生しており、紛争は継続中であるといえる。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 主体思想

    主体思想

    主体思想(しゅたいしそう)、チュチェ思想(-しそう)は、朝鮮民主主義人民共和国及び朝鮮労働党の公式政治思想である。 日本語では、出版物などで「主体思想(しゅたいしそう)」と表記されることが多い。ただし、「チュチェ」という概念は独自のものであり、各言語の既成の用語で表せないため、漢字の「主体」ではなく、朝鮮語の音をカナに転写して「チュチェ」と表記するのが正しく、「主体思想」という表記はふさわしくないという主張もある。この主張は朝鮮民主主義人民共和国の準公式機関が打ち出している立場に基づいており、主体思想の研究者の間でも唱えられている。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 南オセチア紛争 (2008年)

    南オセチア紛争 (2008年)

    2008年の南オセチア紛争は、グルジア軍と、親ロシアの南オセチア分離主義者によって大規模な戦闘があった後、2008年8月に始まった。停戦合意後、グルジアから分離独立を求め国際的には独立国と承認されていない地域である南オセチアの首都、ツヒンワリを掌握するため、グルジアが奇襲攻撃を開始。 ロシアがこれに反応し、翌8日には国境を越えて南オセチアへ侵攻、戦車や野戦砲など地上部隊をツヒンワリに進軍させ(参照:ツヒンワリでの戦闘 (Battle of Tskhinvali) )、両国による戦闘が本格化した。 ロシア大統領ドミトリー・メドヴェージェフは、ロシア連邦軍の進軍に関し、南オセチアにおけるロシア国籍を持つ民間人を保護するためであると説明した。グルジア大統領 (President of Georgia) ミヘイル・サアカシュヴィリは、グルジアはロシアの侵略に対し防衛を行っているだけである、またロシア軍がグルジアの民間人に対して爆撃を行っていると述べた。 これらの戦闘と並行して、ロシア国内からグルジア大統領府や主要テレビ局のウェブサイトへのサイバー攻撃も確認された。なお、ロシア政府は関与を否定している。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 侵攻

    侵攻

    侵攻(しんこう、invasion)とはある国家・武装勢力が別の国家・武装勢力に対して攻撃を仕掛けてその領土を侵す行為。 侵略(aggression)とは異なり、必ずしも主権や政治的独立を侵すこととは限らない。例えば、相手の独立を認めた上での軍事介入などは侵攻ではあるが、侵略とは呼びがたい場合もある。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 3人

  • 侵略

    侵略

    侵略(しんりゃく、aggression)は、ある国家・武装勢力が別の国家・武装勢力に対して、自衛ではなく、一方的にその主権・領土や独立を侵すこと。攻撃して攻め入る侵攻(invasion)と異なり、相手の主権・政治的独立を奪う行為のことである。また、そのために武力を行使して争うことを侵略戦争と言う。1974年12月14日の国連総会決議3314により現代国際法上の侵略の定義が初めて定まった。しかしながら、国連総会で侵略の定義についての一応の合意があったことは事実ではあるが、なお、その解釈や有効性については争いがあり、国際法学者の中でも、侵略の定義について過大な期待は禁物であるとする見解がある。 なお一般的には、たとえ主権・領土・独立を侵したとしても、その国の危険な政策を改めるためになされる場合は、それが一時的であり、相手に発言の機会を与え、目的の達成後に独立させるときに限り侵略とはみなされない。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 戦争は何故?起こるの?

    戦争は何故?起こるの?

    一応政府見解を踏襲し〜自衛のための武力行使は良しとするが〜侵略と自衛の線引きは必ずしも明確でない。なぜなら、自国の防衛のためには、他国国家を侵略するのが最も効果的だからである。しかしその「自衛」戦争を突き詰めていけば、同じく自衛を主張する他の膨張国家との衝突は免れない。ベトナム戦争などが好例である。 したがって現在では、自国領土に限定した武力行為を自衛戦争、他国領土に武力を展開する行為を侵略戦争と呼ぶことが国際的に一般的であるが、国連平和維持活動などをかんがみれば、人道のためならば、後者は侵略とは呼ばれない慣習ができつつある。

    テーマ投稿数 74件

    参加メンバー 10人

  • ゲリラ

    ゲリラ

    1.軍事用語としてのゲリラは、本項で詳説。 2.軍事用語から転じて、本来は管理者や所有者等の許可が必要な行為を、無許可のまま(多くは、そのことが違法行為になりうる)で、少人数かつ短時間で行うことを「ゲリラ」「ゲリラ的」と形容することがある。例:ゲリラ撮影 ゲリラ(guerrilla)とは、予め攻撃する敵を定めず、戦線外において小規模な部隊を運用して、臨機に奇襲・待ち伏せ・後方支援破壊等の攪乱や攻撃を行う戦法、またはその戦法が用いられた戦闘、さらにそうした戦闘を遂行する武装組織を言う。パルチザン、遊撃戦とも呼ぶ。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 特殊部隊

    特殊部隊

    特殊部隊(とくしゅぶたい、スペシャルフォース、英:Special Forces)または特殊作戦部隊(とくしゅさくせんぶたい、英:Special Operations Forces)とは、武装組織において、特別に編制、訓練された部隊、部署をいう。英語ではSF、SOFなどと略される。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 2人

  • 政治問題

    政治問題

    政治問題(せいじもんだい)とは、政治の上で社会問題など汎社会的な懸案事項となっている現象や、施政や政策決定の上で考慮を求められる問題事項のこと。 その下位には外交問題(がいこうもんだい)など様々な枠も存在する。

    テーマ投稿数 1,184件

    参加メンバー 74人

  • シーレーン

    シーレーン

    シーレーン (Sea lane) とは一国の通商上・戦略上、重要な価値を有し、有事に際して確保すべき海上交通路。海上航路帯とも。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • 本土復帰前こそが独立のチャンスだった

    およそ48年前、沖縄は日本に復帰した。沖縄の人々は、日本に復帰すれば、憲法9条が掲げる平和主義の下に暮らし、米軍基地も撤去されるのではないかと期待した。しかし、それは甘い考えであった。日本は日米安全保障条約に基づき、日本国内にアメリカ軍の基地を置いて抑止

    沖縄ニュース 沖縄ニュース
    読者になる
  • 台湾(中華民国)は沖縄国(仮)にとって好都合な相手なのでは

    沖縄が独立し、沖縄国(仮)が成立したと仮定してシミュレート、想像又は妄想するシリーズ。名付けて「沖縄独立計画」第1回国家の独立の一つの要件として、他国による承認がある。沖縄が独立しようとした場合も、なるべく多くの他国による承認が必要だ。中国による承認を受

    沖縄ニュース 沖縄ニュース
    読者になる
  • 本土復帰して良かったのか

    あと6日で沖縄が本土に復帰して48年になる。私は元々、沖縄の本土復帰を祝う側の人間だった。しかし、今は違う。沖縄の本土復帰を単純に祝う気にはなれない。沖縄が日本の中の一県である限り、沖縄の人が望む形での基地問題の解決は有り得ないと思うからだ。沖縄の米軍基

    沖縄ニュース 沖縄ニュース
    読者になる

続きを見る

続きを見る