TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

政治家(幸福実現党) トップ

TOP help

続きを見る

  • 政治システムとしてのコーポラティズム

    政治システムとしてのコーポラティズム

    コーポラティズム(corporatism)は、社会集団が領域ごとのヒエラルキーに組織され、政治システムに組み込まれていること。あるいは、そのような政治システムが望ましいとする政治思想のこと。 政治システムとしてのコーポラティズムには、第二次世界大戦期の全体主義諸国や戦後の権威主義諸国による団体統制と、戦後の民主主義諸国における政府と利益集団のパートナーシップに基づく政策立案・政策運営・利害調整が見られる。特に両者を区別する場合には、前者を国家コーポラティズム(state corporatism)、後者をネオ・コーポラティズム(neo-corporatism)と呼称する。

    テーマ投稿数 135件

    参加メンバー 2人

  • 奴隷

    奴隷

    奴隷(どれい)とは、人間でありながら所有の客体すなわち所有物とされる者を言う。またはその階層や階級。奴隷を許容する社会制度を特に奴隷制という。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 7人

  • 世襲の御輿

    世襲の御輿

    政治を日記のように書きとめる。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 1人

  • ホームレス

    ホームレス

    ホームレスとは、狭義には様々な理由により定まった住居を持たず、公園・路上を生活の場とする人々(路上生活者)、公共施設・河原・架橋の下などを起居の場所とし日常生活を営んでいる野宿者のこと。広義には、一時施設居住や家賃滞納、再開発による立ち退き、ドメスティックバイオレンスのため自宅を離れなければならない人など住宅を失う危機にある人のこと。 日本では狭義のホームレスは、「浮浪者」と呼ばれていた。しかし、「浮浪者」という言葉が差別的であるとして放送禁止用語に指定されたことにより、「ホームレス」という単語で呼び替えられることになった。近年では更に「野宿生活者」「野宿者」という呼称も使われるようになっている。 なお、広義のホームレスは「野宿者」より広い意味で使われ、「ネットカフェ難民」や「マック難民」と呼ばれる人々、車上生活者も含まれる。

    テーマ投稿数 53件

    参加メンバー 18人

  • 無職

    無職

    職業に就いていないこと。またその人。一般的には成人のそれを指して呼ぶことが多い。 定年退職者も専業主婦も「家事手伝い」も、職種別から分類すれば無職となる。

    テーマ投稿数 144件

    参加メンバー 27人

  • 雇用対策

    雇用対策

    悪化する雇用情勢に対応するため、与党や民主党が雇用対策を検討している。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 6人

  • 犯罪報道のあり方

    犯罪報道のあり方

    犯罪報道(はんざいほうどう)とは犯罪の報道のこと。 犯罪は人命や財産が関わるだけに市民の一大関心事であり、報道では特に力が入れられている分野である。日本のマスコミは「サツ周り」と言って新人記者を警察の記者クラブに配属して取材の仕方を学ばせる所が多い。 警察の活動を取材したいわゆる警察24時と呼ばれるドキュメンタリー番組も犯罪報道の一種と言える。 写真は記憶にある秋葉原連続殺傷事件の映像から・・・。殺伐とした事件を如何にお茶の間に届けるのか?マスコミ関係者は垂れ流しではなく注意して欲しい、子供もニュースは見るのです。

    テーマ投稿数 28件

    参加メンバー 10人

  • ギリシャ経済危機

    ギリシャ経済危機

    2010年ギリシャは経済が破綻した、EU諸国は支援に躍起、ギリシャ経済危機の始まり。

    テーマ投稿数 30件

    参加メンバー 8人

  • 全国労働組合総連合

    全国労働組合総連合

    全国労働組合総連合(ぜんこくろうどうくみあいそうれんごう)は、日本の労働組合ナショナルセンター。略称、全労連(ぜんろうれん)。「働く者の権利を守る唯一のたたかう階級的ナショナルセンター」であることを掲げている。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 労働争議

    労働争議

    労働争議(ろうどうそうぎ)とは、労働者が自らの労働条件の向上を目指して行う様々な活動である。労働関係調整法6条では、「この法律において労働争議とは、労働関係の当事者間において、労働関係に関する主張が一致しないで、そのために争議行為が発生している状態または発生する虞(おそれ)がある状態をいう」と定義されている。 労働者(組合)の側から見た場合には「労働闘争」と呼ばれる。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 2人

続きを見る

続きを見る