TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

政治家(幸福実現党) トップ

TOP help

続きを見る

  • 対等な日米安全保障条約の議論を

    対等な日米安全保障条約の議論を

    日本は日米安保を締結し〜隷属した戦後体制ではなく50年目に入った安保を51番目の州?としてでなく独立独歩でオバマ大統領と平和について沖縄基地問題や核兵器廃絶について堂々とイマジンできるようになって欲しい!

    テーマ投稿数 153件

    参加メンバー 31人

  • 財政破綻した地方自治体

    財政破綻した地方自治体

    財政破綻した地方自治体に関することなら何でもOK 検索用→財政再建団体、地方財政再建促進特別措置法、福岡県赤池町、北海道夕張市

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 6人

  • ポツダム宣言

    ポツダム宣言

    ポツダム宣言(ポツダムせんげん、The Potsdam Declaration)は、昭和20年(1945年)7月26日のポツダム会談での合意に基づいてアメリカ合衆国、中華民国および英国の首脳が、大日本帝国に対して発した第二次世界大戦(太平洋戦争)に関する13条から成る勧告の宣言。 宣言を発した各国の名をとって「米英支ソ四国共同宣言」ともいう。1945年8月10日、大日本帝国はこの宣言の受け入れを駐スイス大使館経由で連合国側へ申し出、またラジオトウキョウを通じてアナウンス。9月2日、東京湾内に停泊する米戦艦ミズーリの甲板で昭和天皇(元首であり大元帥また正式には大日本帝国陸海軍大将)の裁可を受けた政府全権の重光葵と大本営(日本軍)全権の梅津美治郎とが連合国への降伏文書に調印した。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 4人

  • 白兵戦

    白兵戦

    白兵戦(はくへいせん、close combat)とは、刀剣などの近接戦闘用の各種武器を用い、突撃を主要な戦闘行動として行う形態の戦闘をいう。現代においては、近距離での銃撃戦と白兵戦と格闘戦を一体のものとして捉えており、距離によってCQB・CQCと分類するので、白兵戦という分類はあまり用いられない。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 8人

  • サイパンの戦い

    サイパンの戦い

    サイパンの戦い(—のたたかい、Battle of Saipan)とは太平洋戦争中、1944年6月15日から7月9日に行われたアメリカ軍と日本軍のマリアナ諸島サイパン島における戦い。ホランド・スミス中将指揮のアメリカ軍第2海兵師団、第4海兵師団、第27歩兵師団が斎藤義次中将が指揮する日本軍第43師団を破り、サイパン島を占領した。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 硫黄島の戦い

    硫黄島の戦い

    硫黄島の戦い(いおうとうのたたかい/いおうじまのたたかい, Battle of Iwo Jima, 1945年2月16日 - 1945年3月26日)は、太平洋戦争末期に小笠原諸島の硫黄島において日本軍とアメリカ軍との間に生じた戦闘である。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 4人

  • 第二次チェチェン紛争

    第二次チェチェン紛争

    第二次チェチェン紛争(だいにじちぇちぇんふんそう)とは、チェチェン独立派と、ロシア連邦及びロシアへの残留を希望するチェチェン人勢力との間で発生している紛争であり、一般的にソ連崩壊直後から1996年まで続いたものを第一次チェチェン紛争、1999年に勃発したものが第二次チェチェン紛争と分類されている。 2006年現在、過激派指導者シャミル・バサエフが殺害されるなど、独立派勢力の弱体化が指摘されるものの、未だ小規模なテロ事件などが発生しており、紛争は継続中であるといえる。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 主体思想

    主体思想

    主体思想(しゅたいしそう)、チュチェ思想(-しそう)は、朝鮮民主主義人民共和国及び朝鮮労働党の公式政治思想である。 日本語では、出版物などで「主体思想(しゅたいしそう)」と表記されることが多い。ただし、「チュチェ」という概念は独自のものであり、各言語の既成の用語で表せないため、漢字の「主体」ではなく、朝鮮語の音をカナに転写して「チュチェ」と表記するのが正しく、「主体思想」という表記はふさわしくないという主張もある。この主張は朝鮮民主主義人民共和国の準公式機関が打ち出している立場に基づいており、主体思想の研究者の間でも唱えられている。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 南オセチア紛争 (2008年)

    南オセチア紛争 (2008年)

    2008年の南オセチア紛争は、グルジア軍と、親ロシアの南オセチア分離主義者によって大規模な戦闘があった後、2008年8月に始まった。停戦合意後、グルジアから分離独立を求め国際的には独立国と承認されていない地域である南オセチアの首都、ツヒンワリを掌握するため、グルジアが奇襲攻撃を開始。 ロシアがこれに反応し、翌8日には国境を越えて南オセチアへ侵攻、戦車や野戦砲など地上部隊をツヒンワリに進軍させ(参照:ツヒンワリでの戦闘 (Battle of Tskhinvali) )、両国による戦闘が本格化した。 ロシア大統領ドミトリー・メドヴェージェフは、ロシア連邦軍の進軍に関し、南オセチアにおけるロシア国籍を持つ民間人を保護するためであると説明した。グルジア大統領 (President of Georgia) ミヘイル・サアカシュヴィリは、グルジアはロシアの侵略に対し防衛を行っているだけである、またロシア軍がグルジアの民間人に対して爆撃を行っていると述べた。 これらの戦闘と並行して、ロシア国内からグルジア大統領府や主要テレビ局のウェブサイトへのサイバー攻撃も確認された。なお、ロシア政府は関与を否定している。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 侵攻

    侵攻

    侵攻(しんこう、invasion)とはある国家・武装勢力が別の国家・武装勢力に対して攻撃を仕掛けてその領土を侵す行為。 侵略(aggression)とは異なり、必ずしも主権や政治的独立を侵すこととは限らない。例えば、相手の独立を認めた上での軍事介入などは侵攻ではあるが、侵略とは呼びがたい場合もある。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 3人

続きを見る

続きを見る