TOPICS

続きを見る

続きを見る

  • ミサイル防衛

    ミサイル防衛

    ミサイル防衛、略称MD(Missile Defense)またはBMD(Ballistic Missile Defense)とは、主に弾道ミサイルからある特定の区域を防衛することである。 ミサイル防衛は時代と共にその名称が変遷してきた。現在のミサイル防衛計画は、2001年5月以降にジョージ・W・ブッシュ政権が推し進めている、戦域ミサイル防衛 (TMD:Theater Missile Defense) と国家ミサイル防衛 (NMD:National Missile Defense) を統合した多層的なミサイル防衛構想である。

    テーマ投稿数 40件

    参加メンバー 7人

  • 銃規制

    銃規制

    銃規制(じゅうきせい)は、一般では、民間の銃の所持・携帯・販売などに対する規制を指す文脈で用いられることが多い。

    テーマ投稿数 14件

    参加メンバー 7人

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法(じゅうほうとうけんるいしょじとうとりしまりほう、昭和33年法律第6号)は、日本の法律である。略称は銃刀法。1958年3月10日公布、同年4月1日施行。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 不祥事

    不祥事

    不祥事(ふしょうじ)とは、一定以上の社会的な立場を持つ者または組織・団体が起こした、社会の信頼を損なわせるような出来事・醜聞を指す。主にマスメディアにおいて用いられる言葉。 なお、不祥事とは元々は「あってはならない出来事」という意味である(”祥”はめでたいという意味である)。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 4人

  • 不審船

    不審船

    不審船(ふしんせん)とは、一般には不審な行動をする船舶全般を指す言葉。日本では日本近海でたびたび目撃されている朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の工作船との疑いのある船舶を指すことが多い。海上保安庁では1963年(昭和38年)に最初の不審船を公式確認して以来、2003年までに20件21隻の不審船を確認している。北朝鮮の工作船は、麻薬の密輸や日本人拉致に関与した嫌疑が濃厚である。日本の暴力団との関係も指摘されている。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 2人

  • 行政改革

    行政改革

    行政改革(ぎょうせいかいかく)とは、政府や地方自治体の行政機関において組織や機能を改革することである。略称は行革(ぎょうかく)。

    テーマ投稿数 37件

    参加メンバー 5人

  • 通り魔事件

    通り魔事件

    通り魔(とおりま)とは自己快楽ないし「社会に対する復讐」(逆恨み)のため、面識のない他人を殺傷する人のことを指す。また行きずりの暴行事件などを「通り魔的犯行」と呼ぶ場合もある。 写真は秋葉原連続通り魔事件の現場で祈る少女たち・・・卑劣な犯罪は許されない・・・。

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 6人

  • 軍事費

    軍事費

    軍事費(ぐんじひ、英:Military budget)は国防費、防衛費、防衛関係費とも呼ばれ、軍隊(時には準軍事組織を含む)の維持運用の経費や軍事施設の生活環境の整備、安全保障に関する会議の運営費などを含む軍事政策や軍事作戦に関する費用のことをいう。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 軍事力

    軍事力

    軍事力(ぐんじりょく、英:military strength, military power)とは国家が保有する物理的な強制力である。場合によっては武力とも呼ばれる。 軍事力とは、経済力、技術力、外交力などの総合的な国力に基づいた、その国の武装組織の一般的な能力を指す。具体的にその主体は国家の武装組織、すなわち軍隊、準軍事組織、警察などが担う。現代においても国力の重要な要素の一つであり、政治的な目的達成、死活的な国益の保護のための最終的な手段として現代でも重視されている。

    テーマ投稿数 46件

    参加メンバー 10人

  • 裁判

    裁判

    裁判(さいばん)とは、社会紛争の解決手段の一つであり、ある一定の権威を持つ第三者の判断に紛争当事者を従わせることにより紛争を解決させることに特徴がある。現代の三権分立が成立した法治国家において、裁判とは、国家の司法権を背景に、裁判所(訴訟法上の裁判所)が訴訟その他の事件に関して行うものである。 日常用語としては、裁判所で行われる訴訟手続自体を「裁判」ということが多いが、訴訟法上の用語としては、裁判所が、法定の形式に従い、当事者に対して示す判断(又はその判断を表示する手続上の行為)をいう。民事訴訟事件・刑事訴訟事件に限らず、民事執行、民事保全、破産等の非訟事件においても、裁判所の判断は裁判という形式で表示される。

    テーマ投稿数 87件

    参加メンバー 26人

続きを見る

  • 献血しました。

    献血しました。新型コロナウイルスが蔓延する前に献血しておこうという下心が,ないといえば嘘になります。多少そういう気持ちがあったのは確か? 特に前回と変わったと…

    どてちん どてちんのブログ
    読者になる

続きを見る

続きを見る