TOPICS

続きを見る

  • 在日特権

    在日特権

    在日特権(ざいにちとっけん)とは、在日外国人が生活する上での便宜を図るなどのために整備された諸制度に対し、これを過度の処置であると批判する際に、便宜上一まとめに括るための呼称。公に定義されている用語ではないが、著名人も使用しており、主に在日韓国朝鮮人(以下在日コリアンも同義)への過度な優遇措置への批判として用いられる言葉。 在日米軍将兵にも、占領中とも見紛う特権が日米地位協定に基づき保障されている事が2007年から判明し、問題になっている。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 4人

  • マスメディアの戦争責任

    マスメディアの戦争責任

    マスメディアの戦争責任(‐せんそうせきにん)とは、マスメディアが国民に事実を報道することを怠ったり、対外強硬論を助長する報道を行うことで、開戦に至ったり戦争の長期化を招くこと。 軍部に迎合したり視点の極端に偏った取材とその掲載は、報道機関の使命を逸脱したものとして批判の対象とされるが、しばしばそのような国家では軍部の報道への介入が見られるため、表立った批判は難しいとされる。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 4人

  • 朝日新聞

    朝日新聞

    朝日新聞の記事、コラム、広告などについて書いたブログをトラックバックして下さい。 また、朝日新聞社が運営するWebサイト「Asahi.com」をニュースソースとする話題や、朝日新聞社に関連する記事もこちらにどうぞ。

    テーマ投稿数 241件

    参加メンバー 50人

  • 自虐史観

    自虐史観

    自虐史観(じぎゃくしかん)とは、日本において第二次世界大戦後の歴史学会で主流であった歴史観を「自国の歴史の負の部分をことさら強調し、正の部分を過小評価する歴史観」であるとの評価を持たせて表現する場合に用いられる呼称である。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 7人

  • 日本軍

    日本軍

    日本軍(にっぽんぐん、にほんぐん)とは広義には日本が有する軍隊のこと、狭義には第二次世界大戦で敗戦するまでの日本、すなわち大日本帝国が保持していた軍隊(大日本帝国陸軍と大日本帝国海軍の両軍)を指し、後者の場合は旧日本軍、または旧軍と略称される。さらに国軍、皇軍(こうぐん)、皇御軍(すめらみいくさ)、帝国軍、大日本軍などの呼称もある。ここでは旧日本軍について主に記述する。

    テーマ投稿数 301件

    参加メンバー 30人

  • 市民革命(デモ、マーチ、平和行進)

    市民革命(デモ、マーチ、平和行進)

    デモンストレーション(示威行為、示威行進、デモ行進、または略してデモとも呼ばれる)は、ある特定の意思・主張をもった人々が集まり、集団でそれら意思や主張を他に示す行為である。行進と付くように、大抵はある程度の人数で、移動しながら示される。 インド独立の父、マハトマガンディはたった80人の同志を集め塩の専売に抗議し「塩の行進」(ソルトマーチ)を行った。そしてそれは行く先々で同志を集め数千人に膨れ上がった(写真)

    テーマ投稿数 159件

    参加メンバー 29人

  • 市民活動

    市民活動

    市民活動(しみんかつどう)とは、市民が自らの価値観、信念、関心に基づき、自分たちの生活とコミュニティの貢献を目的に、自発的に行う活動。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 反戦運動

    反戦運動

    反戦運動(はんせんうんどう Antiwar movement)とは平和主義の観点から戦争に反対する個人または団体の運動や活動である。平和運動よりもやや狭義で捉えられるが、厳密な区分はない。

    テーマ投稿数 123件

    参加メンバー 24人

  • シュプレヒコール

    シュプレヒコール

    シュプレヒコール(Sprechchor)とは、集会に集まった者たちがメッセージやスローガンなどを繰り返し一斉に叫ぶこと。語源はドイツ語から。示威行為の一形態。 かの有名なヒトラーがまだ独裁者となる前、酒場に演説の場を設け『我等は勝つ』と何度も繰り返して叫ぶシーンが、映画『ヒトラー』の中にも出てくる。この集いに集まった者達も皆同じ事を叫んだ。 国内外の使用例として、主に政治的な信条、労働条件の改善などを要求する際に使われる。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 核武装論

    核武装論

    核武装論(かくぶそうろん)とは、厳密には核武装における利得を論じたものであるが、一般的に、広義においては「国防において核武装をおこなうべきだ」という主張、狭義においては「日本が核武装すべきだ」とする主張である。いずれにせよ「まだ核兵器を保有していない」国家における主張であり、核兵器保有国においてはすでに保有する核兵器をどのように運用整備するのかという核戦略として語られる。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 3人

続きを見る

続きを見る