TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

社会学 トップ

TOP
help
  • 1位
    万華鏡のような、知の顕微鏡屋さん

    万華鏡のような、知の顕微鏡屋さん

    哲学|心理学|社会学|戦略学|危機対応l格闘技|政治|

    読者になる
  • 2位
    Blog FakeTK

    Blog FakeTK

    某社会学者のブログです。いまは主に読んだ書物の情報をお伝えしています。

    読者になる
  • 3位
    リサのXYZ

    リサのXYZ

    社会学や心理学で勉強したことを活かし、現代社会における様々な問題の傾向と対策を考えていきます。社会現象、時代の流れ、半歩先を読む、人間関係、トラブル、マナー、人間の行動や習性、人間とは何か?、人生、一生、生涯、幸せって何?、生きるって何?

    読者になる

続きを見る

  • 1位

    おっさんずLOVEだらけの日本史

    山本博文監修,2020,おっさんずLOVEだらけの日本史,双葉社.(7.14.2020)日本の前近代社会におけるセクシュアリティの放縦ぶりはつとに知られているところであるが、一方では農村漁村での若衆宿の活動と夜這い慣行、そして、本書で面白おかしく紹介されている「衆道」がある。男性同性愛が少なくとも江戸時代中期まで公認されていたのは、都市における圧倒的な性別人口の格差、セクシュアリティを抑制する宗教の不在、この二点があったのだろうが、いまでいえば小学5年生の男の子が男娼として肛門性交をさせられていたのであるから、ひどい話ではある。僧侶や戦国大名の男娼との痴話の数々には笑ってしまうし、江戸時代の歌舞伎と男娼ビジネスの成り立ちに、また、派遣型男娼サービスまであったこと、男娼の悩みが「痔」で、それを治すための温泉まであ...おっさんずLOVEだらけの日本史

    faketk

    Blog FakeTK

    読者になる
  • 2位

    コロナはただの風邪なのか

    コロナを見くびるべからず。現に若い人も時間とともに重症化するケースもあります。また、検査数の増加で陽性者が増えたとの見方が間違いだったということにも気づかされました。

    リサ

    リサのXYZ

    読者になる
  • 3位

    (株)貧困大国アメリカ

    堤未果,2013,(株)貧困大国アメリカ,岩波書店.(7.13.2020)市場原理主義の顔を装った、政府、アグリビジネス、軍事産業等の間でのコーポラティズム。その行きついた先にあるディストピアが、周到な取材にもとづいて、流れるような文体で描きつくされている。わたしたちがどのような世界に生きているのか、堤さんとナオミ・クライン、この二人の著作は、明晰に示してくれている。目次第1章株式会社奴隷農場第2章巨大な食品ピラミッド第3章GM種子で世界を支配する第4章切り売りされる公共サービス第5章「政治とマスコミも買ってしまえ」エピローググローバル企業から主権を取り戻す「1%vs99%」の構図が世界に広がるなか、本家本元のアメリカでは驚愕の事態が進行中。それは人々の食、街、政治、司法、メディア、暮らしそのものを、じわじわと...(株)貧困大国アメリカ

    faketk

    Blog FakeTK

    読者になる

続きを見る

  • 生物多様性条約(CBD)

    生物多様性条約(CBD)

    生物多様性条約(CBD) に関することなら、どんなことでも

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 5人

  • 9・11米同時多発テロ(2001年9月11日)

    9・11米同時多発テロ(2001年9月11日)

    9・11米同時多発テロ(2001年9月11日) に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 193件

    参加メンバー 19人

  • NGO(非政府組織)

    NGO(非政府組織)

    NGO(非政府組織) に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 8人

  • NPO(非営利組織)

    NPO(非営利組織)

    NPO(非営利組織) に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 68件

    参加メンバー 12人

  • アウン・サン・スー・チー(自由への戦い)

    アウン・サン・スー・チー(自由への戦い)

    アウン・サン・スー・チー(ミャンマー) に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 4人

  • アフガニスタン戦争

    アフガニスタン戦争

    アフガニスタン戦争に関することなら、どんなことでもOKです。 2009年8月、この戦争は泥沼化し始めました。

    テーマ投稿数 222件

    参加メンバー 13人

  • ブッシュ大統領(息子)

    ブッシュ大統領(息子)

    ブッシュ大統領(息子) に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 3人

  • 右翼思想の人(・・・左翼は嫌い)

    右翼思想の人(・・・左翼は嫌い)

    右翼 に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 181件

    参加メンバー 20人

  • 京都議定書

    京都議定書

    京都議定書 に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 8人

  • 左翼思想の人(・・・右翼は嫌い)

    左翼思想の人(・・・右翼は嫌い)

    左翼 に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 202件

    参加メンバー 21人

続きを見る

  • 韓国大統領にはなりたくない

    news.yahoo.co.jp朴槿恵元大統領の差し戻し審の判決がでました。減刑されましたが、懲役20年が確定されました。この方のお父さんの朴正煕は、大統領在任中に暗殺されています。とにかく、韓国の大統領はエグくて、1960年頃からの大統領をみても、先の朴正煕が在任中暗殺、全斗煥が退任後逮捕され、一審は死刑と220億円の追徴金盧泰愚が無期懲役と280億円の追徴金金大中は自身は在任中にノーベル平和症を受賞したが、退任後、息子全員と親族が逮捕、盧武鉉は訴追直前に投身自殺、李明博と朴槿恵も逮捕、と恐ろしいばかりである。 どうして、こうなるのか。日本でもよく手のひらを返すとかよく言われるが、韓国の手の…

    cyuuni 後ろ向きには前向きに
    読者になる
  • アメリカの恩寵

    ロバート・D・パットナム、デヴィッド・E.キャンベル(柴内康文訳),2019,アメリカの恩寵──宗教は社会をいかに分かち、結びつけるのか,柏書房.(7.14.2020)700頁近い、これまた大作。ここまで分厚い本は、珍しい。主として、2006年に行われたおおがかりな調査データにもとづき、先進産業国一の宗教大国、アメリカ合衆国における、モルモン教、福音派プロテスタント、主流派プロテスタント、カトリック、ユダヤ教等、その信者たちの信仰のありようと価値意識について、フィールドワークによる各「会衆」についての観察、各種世論調査、2011年の再調査をとりまぜ、また補足しながら、論じきる。もっとも興味深かったのは、異宗派、異教徒、無信仰者との友人関係や親族ネットワークの拡大により、宗教的多様性への寛容が深まっていくことを説...アメリカの恩寵

    faketk Blog FakeTK
    読者になる
  • おっさんずLOVEだらけの日本史

    山本博文監修,2020,おっさんずLOVEだらけの日本史,双葉社.(7.14.2020)日本の前近代社会におけるセクシュアリティの放縦ぶりはつとに知られているところであるが、一方では農村漁村での若衆宿の活動と夜這い慣行、そして、本書で面白おかしく紹介されている「衆道」がある。男性同性愛が少なくとも江戸時代中期まで公認されていたのは、都市における圧倒的な性別人口の格差、セクシュアリティを抑制する宗教の不在、この二点があったのだろうが、いまでいえば小学5年生の男の子が男娼として肛門性交をさせられていたのであるから、ひどい話ではある。僧侶や戦国大名の男娼との痴話の数々には笑ってしまうし、江戸時代の歌舞伎と男娼ビジネスの成り立ちに、また、派遣型男娼サービスまであったこと、男娼の悩みが「痔」で、それを治すための温泉まであ...おっさんずLOVEだらけの日本史

    faketk Blog FakeTK
    読者になる
  • コロナはただの風邪なのか

    コロナを見くびるべからず。現に若い人も時間とともに重症化するケースもあります。また、検査数の増加で陽性者が増えたとの見方が間違いだったということにも気づかされました。

    リサ リサのXYZ
    読者になる
  • カズオ・イシグロ「日の名残り」をお勧めします

    「芸術の中に神の姿を見いだす〜文学編」 今回は、2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの「日の名残り」を紹介します。 カズオ・イシグロは、1954年長崎県長崎市の生まれ。小学生の時に父親の仕事の関係で、一家でイギリスに移住します。 大学卒業後には、一時期ミュージシャンを目指していた時期もありましたが、社会福祉事業に従事する傍ら作家活動を始めました。 個人的には、カズオ・イシグロについては、ほとんど何も知りませんでしたが、ノーベル文学賞とアマゾンの評価☆4.5に釣られて、読み始めました。 とはいえ、購入後、すぐに読み始めた訳ではありません。なぜなら… 以下、文庫本のあらすじです 【…

    大山昇悟 崖っぷち日本のユートピア社会学by大山昇悟
    読者になる

続きを見る

  • Blog FakeTK

    某社会学者のブログです。いまは主に読んだ書物の情報をお伝えしています。

    読者になる
  • 後ろ向きには前向きに

    短歌を中心に、好きなことを勝手につぶやいています。

    読者になる
  • 叙事詩(になればいいな) KeitaYamada’s diary

    国際情勢に関する僕個人の分析がメインです。世界経済や宗教の原理など、全てを網羅しないと分析できない。戦争を阻止したいし、大恐慌を阻止したい。宗教的な理由が原因の争いが解決されることを願っています。

    読者になる
  • 崖っぷち日本のユートピア社会学by大山昇悟

    崖っぷちに立っている日本をどうしたらユートピア(理想郷)にできるか日々考え答えを探していくブログです

    読者になる
  • リサのXYZ

    社会学や心理学で勉強したことを活かし、現代社会における様々な問題の傾向と対策を考えていきます。社会現象、時代の流れ、半歩先を読む、人間関係、トラブル、マナー、人間の行動や習性、人間とは何か?、人生、一生、生涯、幸せって何?、生きるって何?

    読者になる

続きを見る