TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

社会学 トップ

TOP help
  • 1位
    Blog FakeTK

    Blog FakeTK

    某社会学者のブログです。いまは主に読んだ書物の情報をお伝えしています。

    読者になる
  • 2位
    電波犯罪と超科学

    電波犯罪と超科学

    電波犯罪を告発する。98年ネットで日本初の告発。被害は20年。彼らの手口を詳しく解説。また最先端の精神世

    読者になる

続きを見る

  • 1位

    【旧作】労働のジェンダー化【斜め読み】

    【旧作】労働のジェンダー化【斜め読み】姫岡とし子・池内靖子・中川成美・岡野八代編著,2005,労働のジェンダー化──ゆらぐ労働とアイデンティティ,平凡社.(11.15.2020)労働法の再検討、セックスワークの「労働」論、女性差別とアンペイド・ワークをめぐって、といったテーマでの、多彩な執筆陣の論考が収められた書物。ジェンダー・スタディーズの書物はたくさん読んできたが、本書がユニークなのは、小説や映画をモチーフとしたなかなかおもしろい論考が4本収められている点にある。とくに2本の映画論は秀逸であった。「セックスワークの脱神話化?──リジー・ボーデンの『ワーキング・ガールズ』を中心に」(池内靖子)は、買春・売春にさえエロティシズムやロマンティシズムを期待する男の欲望や、男の欲望に感応する女の欲望のあり方を解体する...【旧作】労働のジェンダー化【斜め読み】

    faketk

    【旧作】労働のジェンダー化【斜め読み】

    読者になる

続きを見る

  • 偏向報道

    偏向報道

    偏向報道(へんこうほうどう)とは、複数の意見が対立する状況下で、ある特定の主張を否定もしくは肯定する意図をもって、直接・間接的な情報操作がおこなわれた報道の事である。政治・経済・裁判・事件・芸能等、対象は幅広い。マスコミ、特に現代において最も影響力が強いとされるテレビキー局の報道姿勢が問題視されることが多い。また新聞の場合、署名記事である社説は立場が偏っていても問題とされないが、一般の記事では一方の事実のみを拡大解釈して伝えると偏向報道とみなされる。 ただし、偏向報道の範囲・基準は必ずしも明確ではない。

    テーマ投稿数 1,940件

    参加メンバー 122人

  • プロパガンダ

    プロパガンダ

    プロパガンダ(Propaganda)とは国家や政府、政権政党が権力のもとに特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する国策宣伝。有事下の情報・心理戦の技術の一つであり、しばしば政治的な内容や圧力を持つ。ラテン語のpropagare(繁殖させる)に由来する。 関連した語のアジテーション(Agitation)は、気持ちを煽り、ある行動に仕向ける事の意であり、ラテン語のagere(動かす)に由来する。

    テーマ投稿数 167件

    参加メンバー 12人

  • 誰もが幸せに暮らせる社会保障制度を

    誰もが幸せに暮らせる社会保障制度を

     日本の社会保障制度は、子どもや障がい者そしてお年寄りに安心できて、誰もが幸せになれる制度になっていないと考えます。  誰もが幸せに暮らせる社会保障制度実現のトラコミュです

    テーマ投稿数 194件

    参加メンバー 31人

  • 日々雑感

    日々雑感

    日々のニュースや政治経済国際情勢など感想を語っていきましょう

    テーマ投稿数 890件

    参加メンバー 89人

  • 地方政治。「地方の声を!」

    地方政治。「地方の声を!」

    地方政治・自治の話題や情報を共有しましょう。

    テーマ投稿数 554件

    参加メンバー 31人

  • 旧ユーゴ(主にコソボ)問題

    旧ユーゴ(主にコソボ)問題

    これから必要になりそうなので、無かったようなので作りました。 スロベニア、クロアチア、マケドニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、セルビア、コソボ自治区について。

    テーマ投稿数 69件

    参加メンバー 12人

  • 新自由主義の風景研究

    新自由主義の風景研究

    ネオリベラリズムの拡散と日常との接点を切りとる

    テーマ投稿数 52件

    参加メンバー 9人

  • ODA(政府開発援助)

    ODA(政府開発援助)

    政府開発援助(ODA)の事なら、なんでもどうぞ

    テーマ投稿数 31件

    参加メンバー 8人

  • ?票で「自由委任」する政治でいいのか

    ?票で「自由委任」する政治でいいのか

    >今度の選挙はガソリン値下げの民主党か無駄な道路を作る自民党かを国民に選んでいただく選挙にすると 民主党の国会対策委員長がTVで言っていたがかなり危ない発言だと思いますが.いかが... 選挙では「新しい日本にしようではありませんか、ぜひ皆さんのご支持を御願いします」とポピュリズムを根にします。しかし先日首相は「政治は支持率を上げるた めにやっているんではありません」とポピュリズムを否定したご発言です、 この言葉の裏には「日本が良くなれば当然支持率は上がるのだから、「自由委任」の特権で、大半の国民が反対でも、構うことなく政治信念を貫こう」と言われておられるのです。これは民主党議員も同じようにお考えでしょうね、 さて今朝の報道では,「小沢党首を首相にすることに賛成ですか」という世論調査で、何と77パーセントが「反対」であったとのことです。調査の詳細が不明ですから信頼性は持てませんが、「民主党は支持するが、党首は 支持しない」というネジレがあるのかも知れません。少なくとも政権交替にいい情報ではありません、千歳一遇のチャンスを逃がさないよう鳩山氏.菅氏は小沢党首の独善的行動を党首に替わって謝罪されてはいますが、今後同党議員諸侯がどう解釈し、行動するか、ここ数日の動きは目が離せません。尚、道路を作るのは反対だがテロ対策特別措置法は賛成と考える人はどのように投票すべきなのでしょう。重要テーマごとに意思表現できる制度を考えるべきではないでしょうか

    テーマ投稿数 192件

    参加メンバー 13人

  • 日本に保守政党を!!

    日本に保守政党を!!

    国の良さ,地域の良さ,自然環境の維持…. 国民の生活安定,経済の活性化,主張する外交…. 「小さな政府」か「大きな政府か」?否,「適度な政府」だ…. 自律した国民に,自律した国家…. 色々考え,観方はありますが,国と国民,公と私,政治と経済で各々中庸・バランスを採る保守主義政党が必要だと思う方. 自民党でも民主党でも物足りない,何か違う,頼りないと思う方. 新たな保守政党誕生でも,自民党,民主党が明確なビジョン,スタンスを示して保守政党が出来る.其の何方でも構わないから,政党間のねじれが解消されて日本を保守主義に基づいて良くしたいと望む人々の意を汲んだ保守政党の出現を望む方,期待する方, 是非,トラックバック宜しく御願いします!!

    テーマ投稿数 309件

    参加メンバー 40人

続きを見る

  • 沈む日本を愛せますか?、政権交代とは何だったのか、政権交代が必要なのは、総理が嫌いだからじゃない

    『沈む日本を愛せますか?』は、東日本大震災、福島原発事故が起こり、そして「悪夢のような第二次安倍政権」が成立する前に行われた対談で、内田樹、高橋源一郎に加えて渋谷陽一、この三人が放談の限りを尽くす。いま読んでも、めちゃくちゃおもしろい。そうか、小沢一郎は、植民地化されてきた東北人の怨念を背景にもつ「ナロードニキ」だったのか!稚拙な統治手法に幻滅しつつも、「まだ自公政権よりマシ」という明るい気分がある。その後、まさか、上記のようなことが起ころうとは、三人とも思いもしなかっただろう。(わたしもつゆほどにも思わなかった。)『政権交代とは何だったのか』は、民主党ブレーンでもあった筆者が、非常に厳しく、どこがどうまずかったのか、民主党政権の失敗を検証している。「日本的理想主義とは、旧社会党に代表されるように、ユートピアを...沈む日本を愛せますか?、政権交代とは何だったのか、政権交代が必要なのは、総理が嫌いだからじゃない

    faketk Blog FakeTK
    読者になる
  • 読者になる
  • 読者になる
  • ローカリズム宣言、生きづらさについて考える

    少子化、高齢化、雇用の劣化がすすむなか、経済成長などかなわぬ幻想、理屈より先に直感で大都市で生きる困難を回避し地方へ移住する若者たち。(『ローカリズム宣言』)コロナ禍でこの動きはさらに加速している。現在の日本には、閉塞と絶望しかないのは明らかである。「虚しい・・・」と言いながら、現状を追認し、長いものに巻かれ、大樹の陰に寄るのは、ただのゴマすり野郎とは違う。むしろクールでスマートな生き方だということを言い出す若者たちがわらわらと出て来たのはおよそ10年ほど前のことである。(『生きづらさについて考える』p.53.)内田節全開。隙のない言葉遣いと明晰な論理がひかる。内田樹,2018,ローカリズム宣言──「成長」から「定常」へ,デコ.(11.22.2020)内田樹,2019,生きづらさについて考える,毎日新聞出版.(...ローカリズム宣言、生きづらさについて考える

    faketk Blog FakeTK
    読者になる
  • 読者になる

続きを見る

続きを見る