TOPICS

続きを見る

  • 政教分離原則

    政教分離原則

    政教分離原則(せいきょうぶんりげんそく)とは、国家権力と宗教‐厳格に言えば「教会(宗派)」との分離を指す‐とは相互に分離されるべきであり、国家権力が宗教団体を援助・助長、又は圧迫してはならないとする原則をいう。政教分離原則をして、世俗主義ということもある。政教分離とは逆に、国家が特定の宗教を援助・助長するなどの密接な関係にある場合は政教一致(せいきょういっち)と言う。各国において、国教制度、宗教と政治勢力との歴史的経緯(一例に欧州フランス王朝の教会との癒着と極東アジアでの法であった儒教の存在など温度差がある)から政教分離の程度には濃淡が見られる。 日本国憲法においては、第20条(信教の自由)においてこの原則が規定されている。自由権としての信教の自由を間接的に保障するための制度的保障として理解される。すなわち、国が、特定の宗教を優遇したり弾圧したりすることによって、「信教の自由」を侵す事を禁止しているものと理解される。よって、万人の信教の自由を保証しうるためにこの原則が行使されず優遇されているように見えることもある。

    テーマ投稿数 61件

    参加メンバー 9人

  • シリア・アラブ共和国

    シリア・アラブ共和国

    シリアの旅行のコミュはあるようなので、こちらは政治ネタで。ただ現地からの情報も歓迎します。

    テーマ投稿数 68件

    参加メンバー 6人

  • 文民統制(シビリアン・コントロール)

    文民統制(シビリアン・コントロール)

    文民統制(ぶんみんとうせい、シビリアン・コントロール、英:civilian control of the military)とは、文民の政治家が軍隊を統制するという政軍関係における基本方針である。政治が原則的に軍事に優先することを理念とする。文民(civilian)の語意を明確にする意図から政治統制 (Political control)の表現が用いられる事がある。また、文民優越 (civilian supremacy)とも言う。

    テーマ投稿数 81件

    参加メンバー 10人

  • 新聞

    新聞

    新聞(しんぶん)とは、事件、事故や、政治や経済などの動向などのニュースを報じるためのメディアの一種で、記事文章や写真、図面などが紙(新聞紙)に印刷され、折りたたまれただけで、製本されていないものをいう。 新聞は世界規模の出来事から、国内外、地域内、さらにはコミュニティの内部などの情報伝達手段として、様々なものが発行されている。その中でも新聞社と呼ばれる、新聞・報道を専門とした会社組織・報道機関が発行する新聞は、情報の影響する範囲が広範囲であり、マスメディアと呼ばれる。影響力は発行部数に比例する。 小さなコミュニティの内部でも、例えば学校単位で発行する学級新聞や、地域で発行する地域広報なども新聞の一種である。

    テーマ投稿数 275件

    参加メンバー 66人

  • 日本の新薬の創薬の未来

    日本の新薬の創薬の未来

    2010年問題(にせんじゅうねんもんだい)とは、医薬品業界において2010年前後に大型医薬品の特許が一斉に切れ、各メーカーの収益に重大な影響をもたらすと懸念されている問題である。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 第34回主要国首脳会議

    第34回主要国首脳会議

    第34回主要国首脳会議(だい34かいしゅようこくしゅのうかいぎ、英称:34th G8 Summit)または北海道洞爺湖サミット(ほっかいどうとうやこサミット、英称:G8 Hokkaido Toyako Summit)は2008年7月7日〜7月9日に日本の北海道虻田郡洞爺湖町のザ・ウィンザーホテル洞爺[1]を会場にして行われる予定の主要国首脳会議。また、それに先立って日本の数都市で開催が予定されている閣僚会合のこと。 日本でのサミットの開催は2000年に行われた第26回会議(九州・沖縄サミット)以来、5回目となる。

    テーマ投稿数 14件

    参加メンバー 13人

  • 暴力団対策法

    暴力団対策法

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(ぼうりょくだんいんによるふとうなこういのぼうしとうにかんするほうりつ、平成3年法律第77号)は、暴力団員の行う暴力的要求行為について必要な規制を行い、暴力団の対立抗争等による市民生活に対する危険を防止するために必要な措置を講ずることなどを目的とした、日本の法律である。一般に暴対法、暴力団対策法、暴力団新法としても知られる。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 6人

  • 公安委員会

    公安委員会

    公安委員会(こうあんいいんかい)は、自治事務(地方分権一括法施行以前は団体委任事務)たる都道府県警察を管理するため、その上部組織として各都道府県に設置される行政委員会である(地方自治法第180条の9、警察法第38条)。 なお、旧警察法における都道府県公安委員会は、国の機関委任事務たる都道府県国家地方警察を管理していた。 都道府県警察が方面本部を設置する場合、方面本部を管理するために方面公安委員会(ほうめん-)が設置される(警察法第46条)。現在では警察法第51条により、北海道警察にのみ存在する。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 消費税

    消費税

    消費税法(しょうひぜいほう, 昭和63年12月30日法律第108号)は、広義の消費税に関する法体系の一部を構成する法律。資産の譲渡等に対する税金について定められている。

    テーマ投稿数 64件

    参加メンバー 21人

  • 社会保険

    社会保険

    社会保険(しゃかいほけん)とは、社会保障の分野のひとつで、国民が生活する上での疾病、老齢、失業、労働災害、介護などの事故(リスク)に備えて、事前に強制加入の保険にはいることによって、事故(リスク)が起こった時に現金又は現物給付により生活を保障する相互扶助の仕組みである。日本では、医療保険、年金保険、労災保険、雇用保険、介護保険の5種類の社会保険がある。

    テーマ投稿数 128件

    参加メンバー 40人

続きを見る

続きを見る

続きを見る