TOPICS
  • 1位

    どう捉えればいい?

    「どう解釈すれば」12月4日『国際学力テスト日本の読解力急落15位』という見出しの記事が掲載されました。『国際的な学習到達度調査(PISA)の2018年の結果』について報じる記事です。記事によると、『日本は数学・科学分野は上位を維持したが、読解力は15位で前回(15年)の8位から急落した』ということです。この結果を受け、文科省では、『課題解決型能力を育むため教科横断的な言語活動の充実を図り、国語では多様な文章を読ませ、話し合ったりまとめたりする授業を強化する』のだそうです。どういうことなのだろう、と解釈に悩んでしまいました。高等学校においては、文科省の方針は、文学作品の読解から契約書や生徒会規約などの説明的な文章の読解に比重を移すと言われ、そのことについて様々な懸念が表明されているのが現状です。一方、小中学校に...どう捉えればいい?

    ヒマローグ

    ヒマローグ

    読者になる
  • 2位

    拡大解釈可能

    「拡大解釈可能」12月4日『「子に苦痛」体罰と定義厚労省指針案軽くても該当』という見出しの記事が掲載されました。『「しつけ」を名目とした児童虐待を防ぐため、厚生労働省は3日、体罰の範囲や予防策の指針をまとめた』ことを報じる記事です。『暴言や無視といった心理的虐待も体罰と同様の行為とみなした』など、納得できる事柄もあるのですが、疑問に感じる点もありました。それは、指針案で挙げられた体罰等の例です。『口で3回注意したが言うことを聞かないので頬をたたいた』『大切なものにいたずらをしたので長時間、正座をさせた』『友達を殴ってけがをさせたので、同じように子どもを殴った』『宿題をしなかったので、夕食を与えなかった』と書かれていました。いずれも「~したので」という前提条件が付けられています。この部分をどう読むか、が問題になり...拡大解釈可能

    ヒマローグ

    ヒマローグ

    読者になる

続きを見る

  • 政治問題

    政治問題

    政治問題(せいじもんだい)とは、政治の上で社会問題など汎社会的な懸案事項となっている現象や、施政や政策決定の上で考慮を求められる問題事項のこと。 その下位には外交問題(がいこうもんだい)など様々な枠も存在する。

    テーマ投稿数 1,215件

    参加メンバー 79人

  • シーレーン

    シーレーン

    シーレーン (Sea lane) とは一国の通商上・戦略上、重要な価値を有し、有事に際して確保すべき海上交通路。海上航路帯とも。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • デモ!

    デモ!

    デモに行きました。 デモをします。 デモをやろう。

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 11人

  • 日米安保とサンフランシスコ平和条約

    日米安保とサンフランシスコ平和条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(にほんこくとアメリカがっしゅうこくとのあいだのそうごきょうりょくおよびあんぜんほしょうじょうやく、英:Treaty of Mutual Cooperation and Security between the United States and Japan、昭和35年条約第6号)は、日本とアメリカ合衆国の安全保障のため、日本にアメリカ軍(在日米軍)を駐留することなどを定めた二国間条約のことである。 通称(日米)安保条約、日米安保と呼ばれる。1960年(昭和35年)1月19日に、ワシントンD.C.で締結された。日米同盟の根幹となっている。 1951年9月8日にサンフランシスコ平和条約と同日に日米間で締結された日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約(旧安保条約)を形式的には失効させて成立しているが旧安保条約に基づくアメリカ軍の駐留を引き続き認めており実態的には改定とみなされ、これにより60年安保条約ともいわれる。

    テーマ投稿数 493件

    参加メンバー 21人

  • 韓国vs北朝鮮〜朝鮮統一問題

    韓国vs北朝鮮〜朝鮮統一問題

    朝鮮統一問題(ちょうせんとういつもんだい)とは、朝鮮統一の実現を巡る一連の政治問題を指す呼称である。 朝鮮統一とは、朝鮮が大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に分裂している状況を改め、最終的には単一政府の施政によって朝鮮を再統合することである。 現在は政治的に分断されて存在しているが、両国とも「一国としての朝鮮」の成立が最終目標であると公言している。両国の統一は、朝鮮のアイデンティティという意味では非常に重要な位置を占めている。

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 7人

  • 北朝鮮という国

    北朝鮮という国

    忌野清志郎さんは歌う@「あこがれの北朝鮮!」「楽しい北朝鮮!」タイマーズ! 北朝鮮核問題(きたちょうせん かくもんだい)とは、北朝鮮の核に関するアメリカ・日本・韓国を中心とした国々並びに国連安全保障理事会、国際原子力機関 (IAEA) 、朝鮮半島エネルギー開発機構 (KEDO) と北朝鮮との間の問題である。 以前は北朝鮮核開発疑惑(きたちょうせん かくかいはつ ぎわく)とも呼ばれた。北朝鮮が大量破壊兵器の一つである核兵器を秘密裏に製造しているのではないかとの懸念があり、各国が北朝鮮の核の平和利用を含めた核開発放棄などをすべく交渉を続けてきた。現在では北朝鮮が核保有宣言をしたため、この呼び方は使われない。 2006年、北朝鮮は核兵器の保有を公言し、10月9日に地下核実験を実施したとみられる。10月15日、国連では全会一致で国際連合安全保障理事会決議1718を採択し、国連憲章第7章第41条に基づく経済制裁実施が発動された。 これにより、東アジアの情勢は軍事的にもドラスティックに流動化しうる局面へと突入したと見られている。

    テーマ投稿数 134件

    参加メンバー 36人

  • 社会評論っぽい感じの

    社会評論っぽい感じの

    個人の生活とか趣味とかと社会や政治は、地続きで繋がってると思うんですけども、なんか分断され感がありますです。 政治に興味がなかったり、社会の動きや世相に無関心な人も、否応なく関わって生活していかなければなんないですよね。 てな感じの。 学者の先生がせっせと研究なすったりするような評論、分析には及ぶべくもありませんが、日常のちみっとしたことから、社会との関わりを論じてみませんですか。 社会評論っぽく、です。

    テーマ投稿数 913件

    参加メンバー 45人

  • パパ

    パパ

    パパに関する事であれば何でも。

    テーマ投稿数 26件

    参加メンバー 1人

  • 新冷戦〜東西対立と融和

    新冷戦〜東西対立と融和

    新冷戦(しんれいせん、英語:Neo Cold War, New Cold War)とは、冷戦後のアメリカとロシアの間で、旧ソビエト連邦諸国・地域の影響権の確保をめぐった政治的及び軍事的な対立。第二次冷戦(Second Cold War)とも呼ばれる。旧ソ連諸国・地域の影響権の確保に関しては、冷戦終了後から次第に大きな対立となっていたが、2008年の南オセチア紛争でのロシア連邦軍のグルジアへの攻撃と、アメリカ軍のグルジアへの派兵で、対立は更に表面化したため、各国のメディアが「新冷戦」という表現を行った。元々はアメリカやイギリスなどの欧米メディアがこの表現を扱っていた。

    テーマ投稿数 56件

    参加メンバー 10人

  • 軍事的衝突の回避

    軍事的衝突の回避

    軍事的衝突を発生する潜在的な可能性に対する政治学的議論を深め如何に衝突を避けるかを考える。

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 4人

続きを見る

  • 脱改革病

    「改革病からの脱却」12月8日ノンフィクションライター城戸久枝氏が、『20年迎える「弁当の日」』という表題でコラムを書かれていました。ちなみに、「弁当の日」とは、『元校長、竹下和男さんが提唱する食育を超えた取り組み』だそうです。『子供たちに弁当を作らせる。献立を考えること、買い出し、調理と箱詰め、片付けもすべて一人でする。大切なルールがある。それは、親は一切手伝わないこと』というものだそうで、『弁当の日を実施している小中学校は、全国2300校に広がっている』とのことです。この取り組みについて城戸氏は、『思わぬ形で子供たちの笑顔に出会うことができる』『体験することで子どもは成長する。そしてそんな子どもを見守る親もまた成長していくのだと、今、実感している』と評価なさっています。私は、「弁当の日」については、このコラ...脱改革病

    ヒマローグ ヒマローグ
    読者になる
  • 『老子―もう一つの道』 七十九 怨みと天の道

    老子の口語自由訳です

    原田 禎忠 よつば農場だより
    読者になる
  • 何を期待して?

    「どんな人たちと?」12月5日神戸支局春増翔太記者が『神戸教諭いじめ残念な事後対応』という見出しの署名記事を書かれていました。以前このブログでも指摘したように、『世間の過剰な処分感情に乗っかった』対応への批判には同意見です。ただ一カ所だけ、気になる記述がありました。春増氏は、『(教職は)心身の負担が大きい仕事だ。環境改善のために、例えば教職員が他校や異業種の人たちなど外部と接するネットワークを築いてはどうか。人間関係を含めた仕事の課題や仕組みがあってもいい』と書かれているのです。正直、どのようなことをイメージして書かれたのか、全く分かりませんでした。他校と接するネットワークならば既にあります。私は教員時代、区の社会科研究部会のメンバー、私的な研究サークルの会員、都の研究員や開発委員のときの仲間など、30校以上、...何を期待して?

    ヒマローグ ヒマローグ
    読者になる
  • 大平山

    荒町商店街の及川酒店さんで「大平山」を購入しました。作ってくれた人そして商ってくれた人、そして東北の自然と生き物たちに感謝。

    原田 禎忠 よつば農場だより
    読者になる
  • どう捉えればいい?

    「どう解釈すれば」12月4日『国際学力テスト日本の読解力急落15位』という見出しの記事が掲載されました。『国際的な学習到達度調査(PISA)の2018年の結果』について報じる記事です。記事によると、『日本は数学・科学分野は上位を維持したが、読解力は15位で前回(15年)の8位から急落した』ということです。この結果を受け、文科省では、『課題解決型能力を育むため教科横断的な言語活動の充実を図り、国語では多様な文章を読ませ、話し合ったりまとめたりする授業を強化する』のだそうです。どういうことなのだろう、と解釈に悩んでしまいました。高等学校においては、文科省の方針は、文学作品の読解から契約書や生徒会規約などの説明的な文章の読解に比重を移すと言われ、そのことについて様々な懸念が表明されているのが現状です。一方、小中学校に...どう捉えればいい?

    ヒマローグ ヒマローグ
    読者になる

続きを見る

  • 頑張れ日本! 政治素人だって発言したい

    政治に関して思うことを、いろいろ書いてみようと思います。 ・代案のない反対だけの意見は大嫌い ・議論を深めて賛成多数で決めるような政治を望みます ・例外が少ないシンプルな制度を望みます 日本がより良くなりますように

    読者になる
  • 夕暮れのフクロウ

    ―――すべての理論は灰色で、生命は緑なす樹。ヘーゲル概念論の研究のために―――

    読者になる
  • 日本を生きやすい社会に

    ベーシックインカムや外国人労働者についてなど、筆者が日本がより良くなると考えることについて書いています。 もっと生きやすい世の中に!

    読者になる

続きを見る