TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

希望の党 トップ TOP

help

続きを見る

  • 第一第二列島線(中国海軍の防衛ライン)

    第一第二列島線(中国海軍の防衛ライン)

    第一列島線(だいいちれっとうせん)および第二列島線(だいにれっとうせん)は、中国の軍事戦略上の概念のことであり、戦力展開の目標ラインであり、対米防衛線である。 もともとは1982年にトウ小平の意向を受けて腹心の劉華清提督(1997年まで中央軍事委員会副主席)が打ち出した人民解放軍近代化計画のなかの概念だが、最近外交事情変化によって特に更に重視される様になった。すなわち、1990年代までは、広大な国境線を接していたソ連への備えから、中国人民解放軍は陸軍を中心として組織されており、海軍は、沿岸防備を行う程度の沿岸海軍であったが、冷戦が終結してソ連が崩壊し、東欧同盟国を失ったロシアが中国との関係改善に動き国境問題が解決した結果、中国人民解放軍の課題は台湾問題となり、一方で、第二次天安門事件や台湾海峡危機の結果、中国人民解放軍の第一潜在仮想敵国はロシアから台湾を支援する米国に変わったからである。1993年には、李鵬首相が人民代表会議で「防御の対象に海洋権益を含める」と表明した。1997年に石雲生が海軍司令に就任すると、沿岸海軍から「近海海軍」への変革を本格化させた。その中で打ち出された「海軍発展戦略」の中でも、第一列島線および第二列島線の概念が強調された。 法制面では、1992年に、尖閣諸島、西沙諸島、南沙諸島を中国の領土であると規定した「領海法」を施行し、1997年には、国防の範囲に海洋権益の維持を明記した「国防法」を施行、さらに現在、国家海洋局が中心となって、島嶼の管理を強化する「海島法」の立法作業を進めている。

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 4人

  • 海洋法に関する国際連合条約

    海洋法に関する国際連合条約

    海洋法に関する国際連合条約(かいようほうにかんするこくさいれんごうじょうやく, 英: United Nations Convention on the Law of the Sea)とは、海洋に関する従来の慣習法の法典化と最近の新事態に対応する新たな立法を内容とする、領海および接続水域・公海・漁業および公海の生物資源の保存・大陸棚に関する4つの条約のこと。国際連合海洋法条約(こくさいれんごうかいようほうじょうやく)などとも呼ばれる。全447条、本文320条と9議定書で構成される。海の憲法ともよばれる。略称はUNCLOS(アンクロース)。

    テーマ投稿数 32件

    参加メンバー 4人

  • レバノン

    レバノン

    レバノンに関するニュースや、実際にレバノンにいる方からの生の情報など、レバノンに関係あればなんでもトラックバックください。

    テーマ投稿数 32件

    参加メンバー 6人

  • 核弾頭

    核弾頭

    核弾頭(かくだんとう、nuclear warhead)は、モジュール化された量産型の核爆弾である。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 核ミサイル

    核ミサイル

    核ミサイル(かくみさいる)は、核弾頭(核兵器)を搭載したミサイルのこと。核兵器運搬手段の一。多くの場合、誘導装置を持つミサイルだけでは無く、無誘導のロケット弾を分類に含める。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 2人

  • CHANGE〜政治ドラマ

    CHANGE〜政治ドラマ

    2008年月曜9時に放送された大人気の政治ドラマ・・・国会でも度々話題になった。 出演:木村拓哉[SMAP](朝倉啓太)/深津絵里(美山理香)/寺尾聰(神林正一)/加藤ローサ(宮本ひかる)/堀内敬子(月岡瑠美子)/風間杜夫(近藤光輝)/伊東四朗(鵜飼武彦)/中村敦夫(小野田朝雄)/神山繁(二瓶栄)/大林丈史(垣内達彦)/富司純子(朝倉貴江)/阿部寛(韮沢勝利)ほか ☆政治に全く興味がない小学校教師・朝倉啓太(木村拓哉)が、ある事情から政界に担ぎ出され、自身の思惑をよそに首相に任命され議員たちに翻弄されながらも庶民の目線を忘れずに日本のために奮闘する物語。

    テーマ投稿数 41件

    参加メンバー 14人

  • 宗教(右派&左派)

    宗教(右派&左派)

    宗教右派(しゅうきょううは)は英語 religious rightの訳語である。現代の欧米ではたびたび宗教的問題が政治における大きな争点となるが、その際に右派政党を通じて宗教的道徳・価値観を法制度に反映することを主張する勢力が宗教右派である。同じく右派政党支持層ながら個人の自由を重視するリバタリアンと区別される。また伝統宗教勢力のうち進歩主義を奉じて宗教右派的なありかたを批判するグループを宗教左派と称するが、欧米では政治的には宗教右派ほどの影響力は持たない。 宗教右派という用語は、キリスト教右派という用語と同じ意味で使われることもあるが、この両者の区別については議論がある。例えば、アメリカ、カナダ、イギリスのキリスト教右派は、特に妊娠中絶や同性愛の問題について共闘する目的で、保守派のユダヤ教徒やイスラム教徒の社会的保守主義者に接触を試みてきた。ニュージーランドでは、プロテスタント原理主義者の多くがクリスチャン・シオニストであり、イスラム教徒の信教の自由に反対しているのだが、2003年の売春改正法に関しては、保守とイスラムの小規模な共闘が成立した(もっとも、それ以来連携の動きは一歩も進んでいないが)。このように、一部の問題に関しては、より幅広い宗教の間の宗教右派同士の戦術的な連携が存在する。アメリカの場合、統計的にはプロテスタントが多く、カトリックが少ない。何故なら、カトリックはWASPと対立する民主党の支持層の一つであり、いわゆるマイノリティに属する(例:ブッシュ対ケリー)。著名な右派が「カトリック教会は邪教である」と言って憚らない程である。カトリックの宗教右派の殆んどは「教皇空位主義者」(Sedevacantist) である。アメリカを含む西洋社会において政治的に活発なキリスト教保守派についての主な解説は、キリスト教右派のページを参照。 国連レベルでは、さまざまな宗教の保守派NGOが、リプロダクティブヘルス、同性愛者の権利、家庭、生命倫理などの政策問題について協力している。世界家族会議は、そのような目的で結成された異宗教間の国際会議のうち、もっとも重要なものの一つである。

    テーマ投稿数 35件

    参加メンバー 7人

  • 政教分離原則

    政教分離原則

    政教分離原則(せいきょうぶんりげんそく)とは、国家権力と宗教‐厳格に言えば「教会(宗派)」との分離を指す‐とは相互に分離されるべきであり、国家権力が宗教団体を援助・助長、又は圧迫してはならないとする原則をいう。政教分離原則をして、世俗主義ということもある。政教分離とは逆に、国家が特定の宗教を援助・助長するなどの密接な関係にある場合は政教一致(せいきょういっち)と言う。各国において、国教制度、宗教と政治勢力との歴史的経緯(一例に欧州フランス王朝の教会との癒着と極東アジアでの法であった儒教の存在など温度差がある)から政教分離の程度には濃淡が見られる。 日本国憲法においては、第20条(信教の自由)においてこの原則が規定されている。自由権としての信教の自由を間接的に保障するための制度的保障として理解される。すなわち、国が、特定の宗教を優遇したり弾圧したりすることによって、「信教の自由」を侵す事を禁止しているものと理解される。よって、万人の信教の自由を保証しうるためにこの原則が行使されず優遇されているように見えることもある。

    テーマ投稿数 61件

    参加メンバー 9人

  • シリア・アラブ共和国

    シリア・アラブ共和国

    シリアの旅行のコミュはあるようなので、こちらは政治ネタで。ただ現地からの情報も歓迎します。

    テーマ投稿数 65件

    参加メンバー 5人

  • 文民統制(シビリアン・コントロール)

    文民統制(シビリアン・コントロール)

    文民統制(ぶんみんとうせい、シビリアン・コントロール、英:civilian control of the military)とは、文民の政治家が軍隊を統制するという政軍関係における基本方針である。政治が原則的に軍事に優先することを理念とする。文民(civilian)の語意を明確にする意図から政治統制 (Political control)の表現が用いられる事がある。また、文民優越 (civilian supremacy)とも言う。

    テーマ投稿数 81件

    参加メンバー 10人

続きを見る

続きを見る