TOPICS

続きを見る

  • グローバル資本主義

    グローバル資本主義

    グローバル資本主義(グローバルしほんしゅぎ)は、国家間の障壁を取り除き、自由化を推し進めた資本主義のグローバル化のこと。新自由主義を世界規模へ適用したとも言われる。

    テーマ投稿数 62件

    参加メンバー 18人

  • 中国共産党(一党独裁の政権)

    中国共産党(一党独裁の政権)

    中国共産党(ちゅうごくきょうさんとう、簡体字:中国共产党、発音:Zhong guo gong chan dang、英称Communist Party of China)は、中華人民共和国の与党である。略称は中共(ちゅうきょう、CPC)。2007年6月現在、7336万人以上の党員を抱える世界最大の政党である。 中華民国(台湾移転以前)および中華人民共和国における共産主義政党。現在の中華人民共和国憲法においては「中華人民共和国を指導する政党」と明記され、建国以来一党独裁制を維持している。言論統制、同化政策の推進など、極めて抑圧的な統治が特徴。

    テーマ投稿数 24件

    参加メンバー 7人

  • ヤクザ・・・「暴力団」という組織

    ヤクザ・・・「暴力団」という組織

    暴力団(ぼうりょくだん)は、組織された暴力を背景に金品の利益などの私的な目的を達成しようと、日本を中心に活動する反社会的な集団のこと。諸外国におけるマフィアやギャングに相当する。暴力団自身は任侠団体(にんきょうだんたい。仁侠団体とも書く)などと自称している。 暴力団員が、自身を非合法組織の一員である事を堂々と認めることを許している現状に対する批判は少なくない。しかし、民主主義国家である日本においては、明確な犯罪の証拠も無く、単に反社会的な団体に所属していると言うだけで取り締まることは、結社の自由や思想の自由を犯しかねないため、難しい。 一方で、暴力団員達は生き残りのため系列に思想団体・政治結社(主に右翼団体を装う場合が多く、「右翼標榜暴力団」と呼ばれる。逆に左翼を装う場合もある)や合法的に見せた会社(企業舎弟)を持つことも多い。近年ではNPO法人を装うこともある。 「暴力団」という呼称は、警察やマスコミが戦後に命名したものであるが、現在では法的にも正式なものとなっている。

    テーマ投稿数 39件

    参加メンバー 18人

  • 事なかれ主義

    事なかれ主義

    事なかれ主義(ことなかれしゅぎ、事勿れ主義)とは、解決すべき問題が発生しているのにそれを避けたり、見て見ぬふりをしたりして係わり合いになるのを避け、問題を放置する消極的な考え方。平穏無事に物事が済めば良いという考え方なので、多数決などを取るときは、多数の意見に賛成することが多い。 官僚制組織などでは、収益が上がらないなどの問題が発生しても倒産しない場合があり、問題解決による成果より、波風を立てた事によって問題解決を推進した人物が問題視され処罰される傾向があるといわれる。その結果、問題が放置され易いという問題点がある。 日本においても空前の財政赤字や北朝鮮問題の悪化の背景には官僚社会の事なかれ主義があると指摘する者もおり軽視しえぬ問題になって来ている。明治以来大きな変革のなかった官僚組織・人事評価制度の制度疲労を指摘する者もいる。

    テーマ投稿数 196件

    参加メンバー 28人

  • 朝まで生テレビ!

    朝まで生テレビ!

    朝まで生テレビ!(あさまでなまテレビ)とは、月に一度テレビ朝日系列で放送される、政治関連を中心とする討論系深夜番組である。略称は朝生(あさなま)。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 3人

  • 有事(危機管理)

    有事(危機管理)

    有事とは戦争や事変、武力衝突、大規模な自然災害などの国家にとって非常事態が起こることであり、軍事的危機だけでなく、経済危機、人為的大事故、自然災害、社会的大事件などの総合的な言い方であり、その中でも主に犠牲者数百人以上の大惨事を伴う事件事故やNBC兵器等によって数十人以上死亡するような緊急の事態を総じて「有事」と呼ぶ。 もしもの???UFO〜宇宙人の襲来も有事であると過去〜石破茂防衛大臣が記者会見で備えるべき有事として発言した事があります。

    テーマ投稿数 113件

    参加メンバー 17人

  • 第一第二列島線(中国海軍の防衛ライン)

    第一第二列島線(中国海軍の防衛ライン)

    第一列島線(だいいちれっとうせん)および第二列島線(だいにれっとうせん)は、中国の軍事戦略上の概念のことであり、戦力展開の目標ラインであり、対米防衛線である。 もともとは1982年にトウ小平の意向を受けて腹心の劉華清提督(1997年まで中央軍事委員会副主席)が打ち出した人民解放軍近代化計画のなかの概念だが、最近外交事情変化によって特に更に重視される様になった。すなわち、1990年代までは、広大な国境線を接していたソ連への備えから、中国人民解放軍は陸軍を中心として組織されており、海軍は、沿岸防備を行う程度の沿岸海軍であったが、冷戦が終結してソ連が崩壊し、東欧同盟国を失ったロシアが中国との関係改善に動き国境問題が解決した結果、中国人民解放軍の課題は台湾問題となり、一方で、第二次天安門事件や台湾海峡危機の結果、中国人民解放軍の第一潜在仮想敵国はロシアから台湾を支援する米国に変わったからである。1993年には、李鵬首相が人民代表会議で「防御の対象に海洋権益を含める」と表明した。1997年に石雲生が海軍司令に就任すると、沿岸海軍から「近海海軍」への変革を本格化させた。その中で打ち出された「海軍発展戦略」の中でも、第一列島線および第二列島線の概念が強調された。 法制面では、1992年に、尖閣諸島、西沙諸島、南沙諸島を中国の領土であると規定した「領海法」を施行し、1997年には、国防の範囲に海洋権益の維持を明記した「国防法」を施行、さらに現在、国家海洋局が中心となって、島嶼の管理を強化する「海島法」の立法作業を進めている。

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 5人

  • 海洋法に関する国際連合条約

    海洋法に関する国際連合条約

    海洋法に関する国際連合条約(かいようほうにかんするこくさいれんごうじょうやく, 英: United Nations Convention on the Law of the Sea)とは、海洋に関する従来の慣習法の法典化と最近の新事態に対応する新たな立法を内容とする、領海および接続水域・公海・漁業および公海の生物資源の保存・大陸棚に関する4つの条約のこと。国際連合海洋法条約(こくさいれんごうかいようほうじょうやく)などとも呼ばれる。全447条、本文320条と9議定書で構成される。海の憲法ともよばれる。略称はUNCLOS(アンクロース)。

    テーマ投稿数 32件

    参加メンバー 4人

  • レバノン

    レバノン

    レバノンに関するニュースや、実際にレバノンにいる方からの生の情報など、レバノンに関係あればなんでもトラックバックください。

    テーマ投稿数 31件

    参加メンバー 5人

  • 核弾頭

    核弾頭

    核弾頭(かくだんとう、nuclear warhead)は、モジュール化された量産型の核爆弾である。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

続きを見る

  • 新時代は令和調和で東西etc調和融和平和。人間性尊重の「温故知新世界」形成で理想ユトピア根性で日本新定義となり明治維新完成

    [過激リベラル過激フェミのネオマルクス原理の日本破壊の人間性破壊too不毛争い自己中矛盾原理主義の戦後]時代は同じと決めつける画一思考の未来共産化の新世界盲信の左派リベラル。朝日はリベラルはいつでも人間は同じと言う資格はない。朝日引用の女哲学者も時代によって変わると名言だったな。人気ブログランキングよって偉大なネット用語である創造語である異時代を尊重だな。少しは「過激リベラル」や過激ネオマルクスのフェミらの文明便乗暴走がそれこそ制御コントロールされるだろう。これが創造方向法則の事実。教育・学校(その他)ランキング暗黒時代突破法。奇策の方策。[久しい不感症の危険でもあるが、マスコミの妨害攪乱行為罪?等で非常多忙につき多忙略。新時代とは。令和は調和の意味。ゆえに東西文明の調和と話は巡る。南北も新たに加筆。温故知新世...新時代は令和調和で東西etc調和融和平和。人間性尊重の「温故知新世界」形成で理想ユトピア根性で日本新定義となり明治維新完成

    Ryoman男子 骨系or突拍男子のぶっ飛び提言文明丸
    読者になる
  • また一つ消えたブログ

    私が時々向学のために拝読させていただいておりました「社会科学者の随想」というブログがあります。「社会科学者」と自称するだけあって私の拙いブログとは大違いです。…

    狭山与太郎 狭山与太郎のどですかでん
    読者になる
  • 2019年10月18日のつぶやき

    takarin___7 / たかりん。7 新垢…

    たかりん。7 余命解釈と繋がる「つぶやき」のまとめコーナー
    読者になる
  • ”詩「汽笛」+中也の部屋”

    花畑海美水 川柳 俳句 詩 歌詞 日本+
    読者になる
  • ”エッセイ「フェアじゃないね」”

    花畑海美水 川柳 俳句 詩 歌詞 日本+
    読者になる

続きを見る

続きを見る