TOPICS

続きを見る

  • 1位

    特定技能の「電気・電子情報関連産業」の概要

    2019年4月より特定技能制度の開始します。この「特定技能」は「特定産業分野」で就労を行う場合に取得できる在留資格です。「特定技能」ビザを取得することで、外国人の単純労働も認められます。

    ugo

    技能実習生と外国人労働者のポータルサイト

    読者になる

続きを見る

  • 海洋政策・戦略

    海洋政策・戦略

    海洋は、資源・エネルギー等をめぐる各国の権益がぶつかり合う場であり、シーレーン防衛やテロ対策・海賊対策を通して安全保障の舞台としても重要度を増しています。我が国および各国の海洋政策・海洋戦略についての記事を是非トラックバックしてください。

    テーマ投稿数 87件

    参加メンバー 12人

  • 地方公務員の厚遇問題

    地方公務員の厚遇問題

    自治体の財政健全化が迫られる中、公務員の公金不正受給や過剰な福利厚生が発覚。批難が集まった。

    テーマ投稿数 104件

    参加メンバー 11人

  • かんぽの宿譲渡問題

    かんぽの宿譲渡問題

    日本郵政からオリックス不動産への一括譲渡をめぐり、入札経緯が不明朗などとして総務相が見直しを求めている。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 電子申請、電子納付

    電子申請、電子納付

    電子申請、電子申告、e-tax、電子納付など e-Gov電子申請システム関連の話題をどうぞ

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 5人

  • 公益法人

    公益法人

    公益法人(こうえきほうじん)とは、一般社団・財団法人法により設立された社団法人または財団法人であって、公益法人認定法により公益性の認定を受けた法人。公益社団法人と公益財団法人を合わせた総称である。 上記の定義は、2008年12月1日に公益法人制度改革3法が施行された以降の定義である。2008年11月までは、公益を目的とし民法第34条に則って設立された社団法人または財団法人のことを公益法人と言っていた。 なお、一般社団・財団法人法以外の特別法で設立される公益目的の社団法人・財団法人もある。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 1人

  • 労働災害と過労死(突然死や過労運転)

    労働災害と過労死(突然死や過労運転)

    労働災害のうち、精神疾患の労災認定が増える傾向にある。過労死は企業にとっても多大な社会的信用の損失になることを雇用側に理解させ、十分な休息を労働基準法にのっとり取らせる義務があることは当然である。 しかし実際には中間管理職に過剰なノルマや精神的に売り上げアップなどを押し付ける事で生まれる事故が過労死である。 トラックドライバーの過労運転による居眠り事故等は本人だけでなく被害者を生むことを忘れてはならない。

    テーマ投稿数 39件

    参加メンバー 10人

  • 漁船だ捕問題

    漁船だ捕問題

    日本の漁船がロシア国境警備隊にだ捕されたり、日本が違法操業する韓国漁船をだ捕したりすることもある。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 警察官(刑事)の職務質問

    警察官(刑事)の職務質問

    職務質問(しょくむしつもん)とは、警察官が、不審な点のある者を呼び止めるなどして質問を行う活動。職質(しょくしつ)と略称される。第二次世界大戦前の日本では不審尋問(ふしんじんもん)といわれた。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 6人

  • 強制わいせつ罪

    強制わいせつ罪

    刑法第176条(強制わいせつ) 13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6か月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする(性別は問わない)。 刑法第178条(準強制わいせつ) 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条の例による。 刑法第181条(強制わいせつ致死傷) 第176条若しくは第178条第1項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は3年以上の懲役に処する。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 2人

  • 強姦罪

    強姦罪

    強姦罪(ごうかんざい)とは、暴行又は脅迫を用いて女性の性器に男性が性器を挿入する行為(強姦)をした男性を処罰する犯罪類型。性犯罪の中で最も重い犯罪とされている。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 6人

続きを見る

続きを見る

続きを見る