TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

日本維新の会 トップ

TOP
help

続きを見る

  • 東ティモール

    東ティモール

    東ティモールに関することなら何でも。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 5人

  • 国民新党

    国民新党

    真に国民の国民による国民のための政治を目指します。 強権政治を排除し、国民の声を聞き、基本的人権と議会制民主主義を守ります。 日本の伝統と文化を生かし助け合いと共生のあたたかい社会を作ります。 資源の少ない日本の未来を拓くため、教育を重視します。その際、知識のみならず心の教育にも力を入れます。 弱者を切り捨てる名ばかりの改革でなく、年金・福祉政策を確立し、すべての国民を幸せにする真の改革を行います。 経済合理性のみに基づいた弱肉強食の競争原理主義を排除し、勝ち組・負け組をつくらず、すべての国民の生活の安心と安全を守る経済政策を展開します。 中小企業や零細企業を助け、農村、漁村等恵まれない地域社会を守り抜きます。 友好関係の構築に勝る安全保障はないとの観点に立ち、自主独立の外交を展開します。 自分の国は自分で守るとの気概を持ち、平和を守り、戦争に反対します。 かけがえのない自然環境を守り、治山・治水を怠らず、災害の防止に努めます。

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 9人

  • みんなの党

    みんなの党

    自民党から分かれた 渡辺喜美党首〜みんなの党! 政治家や官僚が食いつぶしている税金を国民の手に取り戻し、そのお金を国民の生活、すなわち、医療や介護、年金、子育て支援等に充てる。我々「みんなの党」は、そういった「生活重視」の「当たり前の政治」を実現したいと考えている。  今や、日本は、世界一の少子高齢社会となった。これから、社会保障等にかかるお金は莫大なものになる。加えて、この分野における政治の機能不全や数々の官僚の不祥事(「消えた年金記録」問題等)により、国民は、その将来に大いなる不安を抱えている。  この国民の深刻な「生活不安」を払拭し、この日本という国が今後とも活力ある国であり続けるために、我々「みんなの党」は、「生活重視」を最優先に、全力で取り組んでいく決意である。  もちろん、現下の緊急課題である、世界同時不況下での我が国経済の建て直し、すなわち、景気を回復させ雇用・失業対策に万全を期していくことは、当然のことである。  「みんなの党」は、以下の経済成長戦略や物価安定目標の策定等により、10年間で所得を5割アップさせることを目標とする。

    テーマ投稿数 115件

    参加メンバー 18人

  • 渋谷有栖

    渋谷有栖

    渋谷有栖 382 :名無しさん@十周年:2009/09/04(金) 11:30:17 ID:z2CoR1m10 田中美絵子の経歴 北陸学院高校(偏差値38)    ↓ 帝京女子短大(偏差値38)    ↓ パッキーカード    ↓        ↓ ツアコン派遣 コスプレ風俗ライター    ↓ 民主党平田健二参院議員の秘書に潜り込む    ↓ 明治の二部に入れてもらう    ↓ 河村たかしの秘書になる

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 石破茂

    石破茂

    自民党にはこの人が居る! 石破茂〜イシバシゲル様 神様〜仏様〜稲尾様石破様 農林水産大臣〜防衛大臣! 総理大臣を目指してます!

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • The Automated Payment Transaction (APT)

    The Automated Payment Transaction (APT)

    The Automated Payment Transaction (APT) tax http://en.wikipedia.org/wiki/Automated_payment_transaction_tax The Automated Payment Transaction (APT) tax is a proposal in the United States to replace all taxes with a single tax (using a very low rate) on each and every transaction in the economy. The system was developed by University of Wisconsin–Madison Professor of Economics Dr. Edgar L. Feige. The foundations of the APT tax proposal?a small, uniform tax on all economic transactions?involve simplification, base broadening, reductions in marginal tax rates, the elimination of tax and information returns and the automatic collection of tax revenues at the payment source. The APT approach would extend the tax base from income, consumption and wealth to all transactions. Supporters argue that a uniform tax might not, on its face, look progressive, but would be since the volume of taxed transactions rise disproportionately with personal income. 『海舌』 the Sea Tongue @ Kaisetsu with Archaic smile http://blog.kaisetsu.org/

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 1人

  • 東アジア共同体

    東アジア共同体

    東アジア共同体

    テーマ投稿数 53件

    参加メンバー 6人

  • 日本人の源流

    日本人の源流

    日本人の源流を追い求める 『海舌』 the Sea Tongue @ Kaisetsu with Archaic smile http://blog.kaisetsu.org/

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 4人

  • 地球温暖化詐欺

    地球温暖化詐欺

    地球温暖化詐欺 2008.05.06 Tuesday 環境の問題を炭素の問題にのみ帰結する「炭素還元主義」に反対する。 http://blog.kaisetsu.org/?eid=651035 一、「二酸化炭素による温暖化」という虚構    非常に理知的で説得力のある主張⇒「地球温暖化問題の裏側」2008年4月22日  田中 宇:太陽活動説の方が説得性がある、海水温は下がっていた 2008.04.23 Wednesday    温暖化の原因は気候周期! 2008.04.20 Sunday 二、気候変動問題は、炭素問題だけでは解決不能  10年、20年、50年、100年の長期計画で炭素を削減するか、現状を維持しても、食糧問題、地震・戦争などの問題、経済問題など諸問題が一層、深刻になれば、国際的な協調枠組みや民間の自己犠牲などが続く保証は全く無い。  また、気候変動リスクが、連続的に平準化して襲来するとは限らず、不連続に、急激に襲来する可能性も高い。  明日の食糧や私的欲望を民衆が求めることで、20年先、30年先、50年先のことのために、自己犠牲を強要することは、基本的に大きな無理がある。  また、地球温暖化の原因が炭素濃度であるとしても、その大きな原因は近代主義、つまり、工業化によるのであり、そのメリットを大きく受けたのは、先進国の大企業群と官僚・政治家である。  庶民は、強制労働、公害、土地収奪、家庭崩壊など、多くの犠牲を強いられたのである。また、近代主義によって、戦争の悲惨さは極度に増加し、国民は疲弊し続けたのである。また、緑地を失い、化学薬品漬けにされたのである。  こうした炭素による地球環境悪化の原因と責任追及を実行しないで、さらに、大衆収奪と庶民虐待の制度として、炭素による国際規制と国家財産の無駄遣いを実行することが許されるだろうか。  今のマスゴミと政府与党は、完全に、この幼稚で馬鹿げた「炭素への環境問題還元政策」に突き進んでいる。 三、問題の根源は、成長経済主義と土地・貨幣問題    問題の本質は、資本主義と近代主義の行き詰まりであり、土地の支配構造と近代貨幣の諸問題に存在するのである。   『海舌』 the Sea Tongue @ Kaisetsu with Archaic smile http://blog.kaisetsu.org/

    テーマ投稿数 35件

    参加メンバー 7人

  • 環境ファシズム

    環境ファシズム

    環境ファシズムに対抗する 環境ファシズム カンキョウファシズム 【英】Environmental Fascism 解説 | 種や生態系の保全を最優先させる、地球全体主義の偏った思想を批判する際に用いられる概念。 批判者によれば、地球全体主義は、個人の権利・生命を犠牲にする危険性があるとされる。例えば、人口増加を防ぐために、人工妊娠中絶を強制することが肯定化されるなど。 環境倫理学の議論の中で、「環境ファシズム」という言葉を最初に使ったのはトム・リーガン(アメリカ)で、すべての個(動物や人間)の固有の価値を重視する考え方を展開していた。したがって、生態系や種の保護を重視する地球全体主義を、個々の生命の犠牲を容認するファシズムであるとして批判した。

    テーマ投稿数 35件

    参加メンバー 7人

続きを見る

続きを見る