TOPICS

続きを見る

  • 排出量取引

    排出量取引

    排出量取引(はいしゅつりょうとりひき、英語:Emissions Trading, 略称:ET)とは、各国や各企業ごとに温室効果ガスの排出枠(キャップ)を定め、排出枠が余った国や企業と、排出枠を超えて排出してしまった国や企業との間で取引(トレード)する制度である。「排出権取引」、「排出枠取引」、「排出許可証取引」、「排出証取引」。京都議定書の第17条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。 排出量取引の方式は主に2種類ある。キャップアンドトレード(Cap & Trade)と、ベースラインアンドクレジット(Baseline & Credit)であるが、多くの排出量取引で前者が用いられている。そのため、「キャップアンドトレード」というように方式の名前で呼ぶことも多い。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 4人

  • 気候変動に関する政府間パネル

    気候変動に関する政府間パネル

    気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)とは、国際的な専門家でつくる、地球温暖化についての科学的な研究の収集、整理のための政府間機構である。学術的な機関であり、地球温暖化に関する最新の知見の評価を行い、対策技術や政策の実現性やその効果、それが無い場合の被害想定結果などに関する科学的知見の評価を提供している。数年おきに発行される「評価報告書」(Assessment Report)は地球温暖化に関する世界中の数千人の専門家の科学的知見を集約した報告書であり、国際政治および各国の政策に強い影響を与えつつある。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 4人

  • ポスト京都議定書

    ポスト京都議定書

    ポスト京都議定書(-きょうとぎていしょ, 英:Post-Kyoto Protocol)とは、京都議定書の削減対象期間である2008年〜2012年以降の、世界の温室効果ガス削減の枠組みとして議論されている、気候変動枠組条約の議定書。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 小沢一郎あれこれ

    小沢一郎あれこれ

    小沢一郎に総理大臣をやらせてみたいと考えている人。豪腕小沢一郎が好きな人。うさんくささを感じている人。あの顔が嫌いな人。政治信条のうそを感じている人。 ともあれ賛否両論。小沢一郎氏というのは魅力的な、気になる人物であることは間違いありません。支持・不支持を超えて、あれこれ多面的に小沢一郎氏を語ってみませんか。 【小沢一郎ウエブサイト】 http://ozawa-ichiro.jp/

    テーマ投稿数 5,983件

    参加メンバー 80人

  • 日本経済団体連合会

    日本経済団体連合会

    社団法人日本経済団体連合会(にっぽんけいざいだんたいれんごうかい)は、日本商工会議所、経済同友会と並ぶ「経済三団体」の一つで、東証第一部上場企業を中心に構成される。2002年5月に経済団体連合会(以下「経団連」)と日本経営者団体連盟(以下「日経連」)が統合して発足した。略称は日本経団連(にっぽんけいだんれん)、または経団連。有力企業が多く加盟しているため、その利害が社会問題に対する見解や主張に反映されている。自民党を初めとする日本の各政党に政治献金を行い(共産党のみが受けていない)、政界・経済界に大きな影響力を持った組織と言われている。

    テーマ投稿数 34件

    参加メンバー 12人

  • クーデター

    クーデター

    クーデター(仏: coup d'État、国家への一撃。クーデタ。英語: coup d'état クーデター、coup クー)は、支配階級内の権力移動の内、非合法的な手段によるものを言う。暴力装置(軍隊など)を用いたクーデターを「軍事クーデター」とも言う。日本語では、流血もなく平和裡に成功した場合は政変(無血クーデター)、武力衝突や流血をともなった場合は武力政変などとも言われる。失敗して鎮圧された場合は事変とも呼ばれる。 クーデターは、政体あるいは経済体制の変革を目的とする革命とは異なるが、支配階級の一部が革命を企図してクーデターを試みることもある。また、支配階級内の権力移動が成功せずに武力衝突が続く場合、正規軍を持つ交戦団体同士の場合なら内戦、交戦団体ではない状態なら内乱(現代風には「内戦状態」とも)と呼ぶ。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 3人

  • 権利と義務

    権利と義務

    権利(けんり)とは、一般に、ある行為をなし、あるいはしないことのできる資格。法律上は、一定の利益を主張または享受することを法により認められた地位、あるいは、他人に対し一定の行為・不作為を求めることができる地位をいう。対語は義務。 各個人が有する権利とは、通常は社会などの制度との関係において、それが保障されるか否かが問われるものであることから、法治主義のもとにおいては、権利は法に基づき各個人に付与される特権として理解される。権利の一つの区分けとして人権と呼ばれるものがあり、基本的人権などの用法においては、社会や国家などの制度に先行して存在するものとして理解されることがある。 なお、より一般的な用語法として、各人が何らかの個人の見解・要求を主張できる根拠があることをして、「権利がある」という用いられ方をすることがある。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • システム

    システム

    システム(英:system)は、相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体。系。一般性の高い概念であるため、文脈に応じて系、体系、制度、方式、機構、組織といった多種の言葉に該当する。 それ自身がシステムでありながら同時に他のシステムの一部でもあるようなものをサブシステムという。

    テーマ投稿数 203件

    参加メンバー 17人

  • プライバシー

    プライバシー

    プライバシーとは、個人の私生活に関する事柄(私事)、およびそれが他から隠されており干渉されない状態を要求する権利をいった。現在は、自己の情報をコントロールすることができる権利に変わっている(#積極的プライバシー権)。 噂話の場合は話の内容が人に傷つけるものではなかったらプライバシー侵害とならない。英単語「Privacy」をカタカナ表記したもので、「私事権」と訳されることもある。しかし、私事権の行使は自身の行動について制限をかけることにつながる。また、私事権は自宅といった有効に行使できる場と道路やその本人の有する空間外といった行使ができない場がある。 近代以後の独立した個人概念(ego)を前提とすると、人間が自律的人格として存在するためには、一定の私的領域の確保が必要不可欠であることから、その権利性が認められている。 日本国憲法には明文規定はないが、第13条(個人の尊重)によって保障されると解されている。日本では「宴のあと」事件の際にプライバシーという言葉が使われたことから注目され、人格権として認められるようになった。現在は、個人情報保護法ができている。なお、死亡するとプライバシー権は失効するとされるが、名誉毀損で民事訴訟を起こすことはできる。

    テーマ投稿数 24件

    参加メンバー 14人

  • ペテン師

    ペテン師

    ペテン師たちに関連する記事のトラックバックを募集しています。 華麗なるペテン師たち 歌詞 コーシのペテン師 ペテン師と詐欺師 ペテン師達と空気男

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 5人

続きを見る

続きを見る