TOPICS

続きを見る

  • 軍事費

    軍事費

    軍事費(ぐんじひ、英:Military budget)は国防費、防衛費、防衛関係費とも呼ばれ、軍隊(時には準軍事組織を含む)の維持運用の経費や軍事施設の生活環境の整備、安全保障に関する会議の運営費などを含む軍事政策や軍事作戦に関する費用のことをいう。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 軍事力

    軍事力

    軍事力(ぐんじりょく、英:military strength, military power)とは国家が保有する物理的な強制力である。場合によっては武力とも呼ばれる。 軍事力とは、経済力、技術力、外交力などの総合的な国力に基づいた、その国の武装組織の一般的な能力を指す。具体的にその主体は国家の武装組織、すなわち軍隊、準軍事組織、警察などが担う。現代においても国力の重要な要素の一つであり、政治的な目的達成、死活的な国益の保護のための最終的な手段として現代でも重視されている。

    テーマ投稿数 33件

    参加メンバー 7人

  • 裁判

    裁判

    裁判(さいばん)とは、社会紛争の解決手段の一つであり、ある一定の権威を持つ第三者の判断に紛争当事者を従わせることにより紛争を解決させることに特徴がある。現代の三権分立が成立した法治国家において、裁判とは、国家の司法権を背景に、裁判所(訴訟法上の裁判所)が訴訟その他の事件に関して行うものである。 日常用語としては、裁判所で行われる訴訟手続自体を「裁判」ということが多いが、訴訟法上の用語としては、裁判所が、法定の形式に従い、当事者に対して示す判断(又はその判断を表示する手続上の行為)をいう。民事訴訟事件・刑事訴訟事件に限らず、民事執行、民事保全、破産等の非訟事件においても、裁判所の判断は裁判という形式で表示される。

    テーマ投稿数 87件

    参加メンバー 26人

  • 秋葉原無差別殺傷事件

    秋葉原無差別殺傷事件

    8日午後0時半ごろ、東京都千代田区外神田のJR秋葉原駅近くで、トラックが歩行者天国の通りに突っ込み、通行人をはねた。運転していた男は車から降り、約100メートルにわたって通行人や警視庁万世橋署員をサバイバルナイフで次々に刺し、7人が死亡、10人が重軽傷を負った。別の署員らが数分後、現場で男を取り押さえ、殺人未遂の現行犯で逮捕した。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 5人

  • たばこ税

    たばこ税

    たばこ税(たばこぜい)は、たばこ税法(昭和59年8月10日法律第72号)に基づき、製造たばこに対して課される税金である。なお、たばこを課税物件とする税としては、国税であるたばこ税のほか、地方税として、都道府県が課税する道府県たばこ税と市(区)町村が課税する市町村たばこ税があり、両者をあわせて地方たばこ税と呼ぶ。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 8人

  • たばこ特別税

    たばこ特別税

    たばこ特別税(たばことくべつぜい)は、一般会計における債務の承継等に伴い必要な財源の確保に係る特別措置に関する法律(平成10年法律第137号)に基づき、製造たばこに対して、当分の間課されることとされる日本の税金である。 このたばこ特別税は、日本国有鉄道清算事業団(旧国鉄)及び国有林野事業特別会計の負債を、一般会計に承継させることに伴い生じる負担を補うために創設された。 課税物件、納税義務者については、たばこ税と同様である。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 6人

  • たばこ税法

    たばこ税法

    たばこ税法(たばこぜいほう、昭和59年8月10日法律第72号)は、たばこ税の課税物件、納税義務者、課税標準、税率、免税、申告及び納付の手続その他たばこ税の納税義務の履行について必要な事項を定めるために制定された日本の法律である。 本法で、たばこ税の税率は1,000本につき3,962円と規定されている(第11条1項)。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 地方たばこ税

    地方たばこ税

     地方たばこ税(ちほうたばこぜい)は、地方税法(昭和25年7月31日法律第226号)に基づき、小売販売業者の営業所所在の都道府県及び市区町村が、卸売販売業者等が製造たばこを小売販売業者に売り渡す場合に、当該売渡しを行う当該卸売販売業者等に課する税である。道府県たばこ税と市町村たばこ税がある。東京区部については、東京都が道府県たばこ税を、特別区が市町村たばこ税を課している。  国の財源として当時の日本専売公社が専売納付金を納付していたが、道府県の歳入の補強の一環としてその一部を移譲する形で昭和29年に創設された。市町村たばこ税も道府県歳入の補強の一環として行われた税制改革の中で同時に創設された。現在、製造たばこに対しては、国税であるたばこ税(たばこ特別税を含む)と地方税である地方たばこ税とが同額課税されている。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 日朝政府間協議

    日朝政府間協議

    日朝政府間協議(にっちょうせいふかんきょうぎ)とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と日本の間の懸案解決を目標とする正式協議のこと。 2002年9月、小泉純一郎首相が北朝鮮を訪問して以降、大使、審議官、局長などのレベルで開かれた。大使級の日朝国交正常化交渉は2002年10月を最後に中断した。また、日本人拉致問題をめぐる実務者協議は、2004年11月の第3回協議で、「北朝鮮が提示した拉致被害者・横田めぐみさんのものとする遺骨を日本側がDNA鑑定した結果、偽物であった。」と発表し、この協議は途絶えた。日朝政府間協議は、2005年11月に再開した。日本側は拉致問題題の協議などと並行して、日朝国交正常化交渉の再開を提案した。 なお、日本政府は日韓基本条約に基づいて朝鮮民主主義人民共和国政府を非合法団体と見做している(韓国政府は「反国家団体」と規定しており、最終的には打倒・殲滅を目標とする)。そのため、北朝鮮との交渉は日韓基本条約に違反しているという見解がなされることもあり、日朝間の交渉を全面的に打ち切るべきという声も多い。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 領土問題の解決への道

    領土問題の解決への道

    領土問題(りょうどもんだい)は、ある地域がどの国家に属するかをめぐって、国家間での争いが起きることである。 よく領土問題の原因になるのが、その土地にある石油などの天然資源や、国境付近にある川、農地、重要建造物である。また、その土地を始めに占有した国家が領有を明確にしていなかったり、付近に他の国家がありながらもその国家の了解を得ていなかったりといった歴史的経緯も、原因になりやすい。 領土問題は、植民地問題と並んで戦争やテロのきっかけになりやすく、過去に日本を初め世界各国で領土問題を発端に戦争が起きたこともある(ノモンハン事件、印パ戦争など)。これら領土問題を戦争に発展させないために、国連は国際法によって、一国が他国の領土を武力によって占有することを禁じている。

    テーマ投稿数 50件

    参加メンバー 11人

続きを見る

続きを見る

続きを見る