searchカテゴリー選択
chevron_left

「政治」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

政治思想 トップ

TOP help

続きを見る

  • 思いやりのある職場(脱ハラスメント)

    思いやりのある職場(脱ハラスメント)

    職場でのイジメ=ハラスメントの事

    テーマ投稿数 166件

    参加メンバー 24人

  • 創価学会(池田大作)

    創価学会(池田大作)

    創価学会(そうかがっかい)とは、日蓮仏法を信仰し、広宣流布を推進する宗教法人。通称「学会」。 東京都所轄の単立宗教法人。本部は東京都新宿区信濃町。2008年3月現在の会長は原田稔。名誉会長は第3代会長の池田大作。支持政党は「公明党」。機関紙として、『聖教新聞』(日刊)、『創価新報』(月2回)などを、機関誌として、『大白蓮華』(月刊)、『グラフSGI』(月刊)などを発行。 3代目会長の池田大作は聖教新聞の一面をほぼ毎日飾る200以上の勲章を世界中の大学等から貰った勲章マニア?素晴らしく問題発言の多い・・・偉い宗教家?らしいですが世間からもネット上では賛否両論な人です。

    テーマ投稿数 257件

    参加メンバー 28人

  • 宇宙開発戦略

    宇宙開発戦略

    我が国を中心に各国の宇宙開発戦略を考察することを通じて、我が国の国家戦略を考えましょう。産業の視点、安全保障の視点など、さまざまな視点からの記事をお待ちしています。お気軽にトラックバックください。

    テーマ投稿数 31件

    参加メンバー 8人

  • 冷戦

    冷戦

    冷戦(れいせん、冷たい戦争=Cold War)は、第二次世界大戦後の世界を二分した、アメリカ合衆国を盟主とする資本主義(自由主義)陣営とソビエト連邦を盟主とする共産主義(社会主義)陣営との対立構造。 1945年から1989年まで続き、直接武力衝突する戦争を伴わなかったため、武力衝突を意味する「熱い」戦争に対して、このように呼ばれた(アメリカの政治評論家ウォルター・リップマンが1947年出版の著書のタイトルに使ったことから一般に流布したとされる)。各陣営とも一枚板ではなく動的には反目するなど、イデオロギーを概念とした包括的な大同団結である。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 4人

  • 事業仕分け〜行政刷新〜構造改革

    事業仕分け〜行政刷新〜構造改革

    構造改革(こうぞうかいかく)とは、現状の社会が抱えている問題は表面的な制度や事象のみならず非合理的な社会構造にも起因するものであり、その社会構造自体を変えねばならないとする政策論的立場。「改良主義」を批判するマルクス主義の側からは、「構造改良」と呼ばれることもある。

    テーマ投稿数 150件

    参加メンバー 9人

  • 日本の市町村の廃置分合(市町村合併)

    日本の市町村の廃置分合(市町村合併)

    日本の市町村の廃置分合(にほんのしちょうそんのはいちぶんごう)とは、日本における市町村の分割・分立・合体・編入をいう。地方自治法第7条の「市町村の廃置分合または市町村の境界変更」の一形態に当たる。 合体と編入とは合わせて合併といわれるため、合体・編入がほとんどである市町村の廃置分合は、一般には市町村合併といわれることが多い。 明治維新の際の廃藩置県から100年余り、道州制含め地方自治のあり方、大きさが議論されている。大阪都構想などもある、東北復興特区も。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 不戦

    不戦

    不戦条約(ふせんじょうやく)(「戦争抛棄ニ関スル条約」)は、第一次世界大戦後に締結された多国間条約で、国際紛争を解決する手段としての戦争を放棄し、紛争は平和的手段により解決することを規定した条約。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 3人

  • 武装中立

    武装中立

    武装中立(ぶそうちゅうりつ)とは自国軍を保有しつつ、中立主義を取ること。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 憲法改正論議(マッカーサー憲法)

    憲法改正論議(マッカーサー憲法)

    憲法改正論議(けんぽうかいせいろんぎ)とは、日本国憲法の改正をめぐる議論のこと。「改憲論議」、「改憲論」、「憲法論議」ともいう。本記事では憲法改正を巡る議論について記述する。 所謂・・・占領軍司令官マッカーサー(写真)が憲法草案をつくり、短期間でしかも英語の翻訳で作成したため不備もあるとされる。 近年は、日本国憲法に改正すべき点があるとする政治家が増える一方で、改正反対をとなえる市民団体・反戦団体の動きも活発化している。自由民主党に憲法改正に積極的な政治家がいる一方で、公明党は内部で改憲派と護憲派が対立しているが、連立している自由民主党が改正に前向きであることから9条には抵触しない程度の条件を付けつつも比較的改正に積極的である。また、民主党は歴代党首が改憲に前向きな姿勢を示しつつも派閥の多さから改憲か護憲か意見がまとめられておらず、憲法改正に賛成の議員と反対の議員が混在している。日本共産党・社会民主党の政治家は憲法改正に反対しており、憲法改正について「憲法改悪」と表現している。 かつては日本の世論調査において日本国憲法を改正すべきとする意見は少数であることが多かったが、近年は改正すべきとする意見が過半数を占める場合もある。なお、平和主義の堅持など、一定の条件を満たすことを前提に改正を容認している人はいるものの、9条改正賛成派は今なお過半数を占めるには至っていない。 自民党が新憲法草案を発表し、国民投票法制定を提案した2005年頃から、憲法改正論議は活発化している。

    テーマ投稿数 101件

    参加メンバー 19人

  • 戦争責任

    戦争責任

    戦争責任(せんそうせきにん)とは、戦時においてとった行動に対してとるべき責任のこと。しばしば戦争犯罪と混同されるが、戦争責任にはいくつかの側面があり、次のように分類が可能である: 1.帰責事由に基づく分類   1.開戦責任:戦争を開始したことに関わる責任   2.戦争遂行責任:戦争を遂行した過程に関わる責任   3.終戦責任:戦争を終結したことに関わる責任   4.敗戦責任:戦争に敗北したことに対する責任 2.責任の相手方に基づく分類   1.国際責任:他国家、他国民に対する責任   2.国内責任:自国家、自国民に対する責任 3.責任の内容に基づく分類   1.法律的責任:不法行為をなした場合に課せられる法律的制裁   2.政治的責任:権力の行使によって生み出された結果に対する政治行為者の責任   3.道義的責任:上述の責任を免れたとしても自己の良心において負担する内的な責任 上に挙げたように、戦時における刑法犯罪に該当する行動に対しての責任、あるいは戦争の指導・遂行の責任者に対する国際法、もしくは「人道」といった普遍的価値から追及される責任は戦争責任のごく一部である。戦争責任を国家間の国際責任に限定した場合、戦勝国側が法的或は賠償などの責任を問われることは稀である。また戦争責任は必ずしも国家間の戦争責任に限定されず、ボーア戦争で戦勝国側のイギリスが自国の将校を軍規違反で裁いた事例や、アメリカ政府が第二次世界大戦中に日系アメリカ人を強制収容所に収容したことへの謝罪と補償を行なった事例もある。 東京裁判の歴史観は一方的だが犠牲になったのは双方の一般の国民であり民間人含めて戦没者に対して天皇陛下は「先の大戦を想い・・・」と今でも戦争で犠牲になった全ての人々に謝罪を込めてメッセージを送っているように思う。

    テーマ投稿数 76件

    参加メンバー 13人

続きを見る

続きを見る

続きを見る