TOPICS

続きを見る

  • 1位

    ヨウのブログより

    「 私は1980年からずっと統一教会の牧師をしていた。」 2020-01-24 01:23:50 テーマ: 陰湿ないじめ大好き 文鮮明 [24600]元統一協会牧師の嘆き by.元統一幹部 2007年10月25日(木) 23時48分 ■ 元統一協会牧師の嘆き 韓国語簡易意訳...

    いちろうさん

    いちろうさんブログ

    読者になる
  • 2位

    統一教会や郭ジョンファン派とかかわれば

    悪魔崇拝であり 心が疲弊する ではサンクチュアリーではどうなのか?? 日本でも報道されました!義援金詐欺で人心荒廃 すでに日本サンクチュアリーでは 偶像を立て 大半は偶像崇拝に陥っている 顕さんも偶像になっている!!! 亨進二代王が 康オモニㇺを偶像にしてはいけないと以前お...

    いちろうさん

    いちろうさんブログ

    読者になる
  • 3位

    ”ムン大統領は、日本政府と同じ見解を表明したにすぎない!”

    このサイトのあなたのレビュー!https://blogcircle.jp/commu/11/topic/3 にほんブログ村 政治ブログ にほんブログ村  …

    阿蘇地☆曳人

    草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ ameba版

    読者になる

続きを見る

  • シーレーン

    シーレーン

    シーレーン (Sea lane) とは一国の通商上・戦略上、重要な価値を有し、有事に際して確保すべき海上交通路。海上航路帯とも。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • デモ!

    デモ!

    デモに行きました。 デモをします。 デモをやろう。

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 11人

  • 日米安保とサンフランシスコ平和条約

    日米安保とサンフランシスコ平和条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(にほんこくとアメリカがっしゅうこくとのあいだのそうごきょうりょくおよびあんぜんほしょうじょうやく、英:Treaty of Mutual Cooperation and Security between the United States and Japan、昭和35年条約第6号)は、日本とアメリカ合衆国の安全保障のため、日本にアメリカ軍(在日米軍)を駐留することなどを定めた二国間条約のことである。 通称(日米)安保条約、日米安保と呼ばれる。1960年(昭和35年)1月19日に、ワシントンD.C.で締結された。日米同盟の根幹となっている。 1951年9月8日にサンフランシスコ平和条約と同日に日米間で締結された日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約(旧安保条約)を形式的には失効させて成立しているが旧安保条約に基づくアメリカ軍の駐留を引き続き認めており実態的には改定とみなされ、これにより60年安保条約ともいわれる。

    テーマ投稿数 498件

    参加メンバー 21人

  • 韓国vs北朝鮮〜朝鮮統一問題

    韓国vs北朝鮮〜朝鮮統一問題

    朝鮮統一問題(ちょうせんとういつもんだい)とは、朝鮮統一の実現を巡る一連の政治問題を指す呼称である。 朝鮮統一とは、朝鮮が大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に分裂している状況を改め、最終的には単一政府の施政によって朝鮮を再統合することである。 現在は政治的に分断されて存在しているが、両国とも「一国としての朝鮮」の成立が最終目標であると公言している。両国の統一は、朝鮮のアイデンティティという意味では非常に重要な位置を占めている。

    テーマ投稿数 23件

    参加メンバー 7人

  • 北朝鮮という国

    北朝鮮という国

    忌野清志郎さんは歌う@「あこがれの北朝鮮!」「楽しい北朝鮮!」タイマーズ! 北朝鮮核問題(きたちょうせん かくもんだい)とは、北朝鮮の核に関するアメリカ・日本・韓国を中心とした国々並びに国連安全保障理事会、国際原子力機関 (IAEA) 、朝鮮半島エネルギー開発機構 (KEDO) と北朝鮮との間の問題である。 以前は北朝鮮核開発疑惑(きたちょうせん かくかいはつ ぎわく)とも呼ばれた。北朝鮮が大量破壊兵器の一つである核兵器を秘密裏に製造しているのではないかとの懸念があり、各国が北朝鮮の核の平和利用を含めた核開発放棄などをすべく交渉を続けてきた。現在では北朝鮮が核保有宣言をしたため、この呼び方は使われない。 2006年、北朝鮮は核兵器の保有を公言し、10月9日に地下核実験を実施したとみられる。10月15日、国連では全会一致で国際連合安全保障理事会決議1718を採択し、国連憲章第7章第41条に基づく経済制裁実施が発動された。 これにより、東アジアの情勢は軍事的にもドラスティックに流動化しうる局面へと突入したと見られている。

    テーマ投稿数 134件

    参加メンバー 36人

  • 社会評論っぽい感じの

    社会評論っぽい感じの

    個人の生活とか趣味とかと社会や政治は、地続きで繋がってると思うんですけども、なんか分断され感がありますです。 政治に興味がなかったり、社会の動きや世相に無関心な人も、否応なく関わって生活していかなければなんないですよね。 てな感じの。 学者の先生がせっせと研究なすったりするような評論、分析には及ぶべくもありませんが、日常のちみっとしたことから、社会との関わりを論じてみませんですか。 社会評論っぽく、です。

    テーマ投稿数 881件

    参加メンバー 45人

  • パパ

    パパ

    パパに関する事であれば何でも。

    テーマ投稿数 26件

    参加メンバー 1人

  • 新冷戦〜東西対立と融和

    新冷戦〜東西対立と融和

    新冷戦(しんれいせん、英語:Neo Cold War, New Cold War)とは、冷戦後のアメリカとロシアの間で、旧ソビエト連邦諸国・地域の影響権の確保をめぐった政治的及び軍事的な対立。第二次冷戦(Second Cold War)とも呼ばれる。旧ソ連諸国・地域の影響権の確保に関しては、冷戦終了後から次第に大きな対立となっていたが、2008年の南オセチア紛争でのロシア連邦軍のグルジアへの攻撃と、アメリカ軍のグルジアへの派兵で、対立は更に表面化したため、各国のメディアが「新冷戦」という表現を行った。元々はアメリカやイギリスなどの欧米メディアがこの表現を扱っていた。

    テーマ投稿数 56件

    参加メンバー 10人

  • 軍事的衝突の回避

    軍事的衝突の回避

    軍事的衝突を発生する潜在的な可能性に対する政治学的議論を深め如何に衝突を避けるかを考える。

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 4人

  • 新保守主義

    新保守主義

    新保守主義(しんほしゅしゅぎ、英:Neoconservatism)は政治的立場の一種。 日本語においてはレーガン、サッチャー、中曽根の時代を基礎にする、経済政策における自由主義、社会政策における伝統主義を指し、以前の産業保護、伝統主義など右よりの保守主義と対比される。一方・英語においてはすでにレーガン・サッチャー時代の保守主義が主流になっているため、日本における新保守主義が保守主義、日本における保守主義は旧保守主義(PareoConservatism)となる。さらに欧米における新保守主義とはNeoCon本流の保守主義のさらに急進的集団をさす。また保守主義が伝統的な自由主義の真の代表者であるとの主張を反映して、フランスなどの旧来の革新思想が主流の国では、これらの経済の自由主義を主張する保守主義をネオリベラリズム(新革新主義)と呼んで警戒している。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • 読者になる
  • 読者になる
  • ヨウのブログより

    「 私は1980年からずっと統一教会の牧師をしていた。」 2020-01-24 01:23:50 テーマ: 陰湿ないじめ大好き 文鮮明 [24600]元統一協会牧師の嘆き by.元統一幹部 2007年10月25日(木) 23時48分 ■ 元統一協会牧師の嘆き 韓国語簡易意訳...

    いちろうさん いちろうさんブログ
    読者になる
  • 量子力学について(その6)電子の発見④

    *直筆の式の展開を見やすくアップする方法について四苦八苦するうちにいたずらに時が過ぎてしまいました。申し訳ございません。***今回は、J.Jトムソンが電子の比電荷(電子の電荷e/電子の質量mつまり、e÷m)を求めた筋道について学びます。そのなかで、物理の知識ゼロだと、話が分からなくなるところがいくつかあります。それで、今回の話が分かるための物理の基礎知識をいくつか押さえておこうと思います。まずは、等加速度直線運動の公式について。等加速度直線運動とは、速度が一定の割合で増える直線運動です。どんどん速くなるわけです。ボールが斜面を転がるイメージなんかがそれです。公式は次の二つです。次に電磁気の基本公式について。以上で、準備完了です。では、電子の比電荷(e/m)の定式を、順を追って導きましょう。今回は、以上です。高校...量子力学について(その6)電子の発見④

    美津島明編集「直言の宴」 美津島明編集「直言の宴」
    読者になる
  • 読者になる

続きを見る

続きを見る