政策研究・政策提言 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/08/17 23:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
地域再生プランナーさん
  • 情報提供公務員の忖度&研修録7〜人材育成(研修)の基本〜今は大物の恩師は、新人の私をこう指導した 地域再生プランナー『久繁哲之介の地域力向上塾』地域再生プランナーさんのプロフィール
  •  私が成功した(と仮定)秘密の1つを公開。 私の新入社員時代、IBMは新入社員にアドバイザーを付ける。 アドバイザーは非管理職の30歳前後を上司が選ぶ。 私のアドバイザー:Y子さんは後に、IBM初の女性理事に就任、政府系金融機関の社外取締役も務めた大物。 Y子さんの指導は凄かった(内容は研修録7)!Y子さんに指導を受けた者は多いが、成功できた者は一部に限られる。 以上より私の成功要因として以下2つを導くことがで

2位
地域再生プランナーさん
  • 情報提供公務員研修録5〜裏が見えない(表面だけ視る)から失敗〜質問力を高める 地域再生プランナー『久繁哲之介の地域力向上塾』地域再生プランナーさんのプロフィール
  •  猫のタマ駅長で、地方を創生した小嶋光信さんとの対談の要約です。地方交通は、赤字で「地域内x買物など義務の移動客」の足が維持できない例が増加。維持できない原因は「地域内x買物など義務の移動客」の枠内でのみ考える発想の弱さ。そこで小嶋さんは、猫を駅長に抜擢した話題性で「地域外x遊びの観光客」を増やし、その利益で「地域内x買物など義務の移動客」を支える「表裏一体の戦略」で成功した。表裏一体の戦略は当ケ

3位
地域再生プランナーさん
  • 情報提供公務員の忖度&研修録6〜論理と感情を調和せよ〜感情が伝わる政策は共感・支持される 地域再生プランナー『久繁哲之介の地域力向上塾』地域再生プランナーさんのプロフィール
  •  自治体で研修の講師を務めた後、礼状が公文書で届くが、私の名前を間違える自治体が多い。 久繁哲之介の 繁を茂、介を助 等と間違えるって、能力がかなり欠如してる。 能力の例を一つだけ挙げると、目的を考える力。目的が「お礼」なのに、名前を間違える「非礼」、シャレにもならない。 この非礼・非常識が起きる原因と現象は、国会の答弁を「作る人と、読む大臣が別」で、大臣が漢字を読めない現象と同じ。 つまり、研修
更新時刻:18/08/17 23:30現在