TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

平和 新着記事

NEW POST help
  • 2020年10月28日のつぶやき

    2020年10月28日のつぶやき,強いところも、弱いところも、全部私の一部。こうでしか生きられない譲れないことも、いっぱいある。笑っても、泣いてもこれが私ML:オカシイ世の中討論委員会携帯版風の神殿へ

    星影里沙

    憧れの風

    読者になる
  • 2020年10月27日のつぶやき

    2020年10月27日のつぶやき,強いところも、弱いところも、全部私の一部。こうでしか生きられない譲れないことも、いっぱいある。笑っても、泣いてもこれが私ML:オカシイ世の中討論委員会携帯版風の神殿へ

    星影里沙

    憧れの風

    読者になる
  • 自民党が脱炭素などとしゃれたことを口にするとこんなバカが出てくる

    温室効果ガスを2050年までに実質ゼロにする、脱炭素社会を掲げた菅義偉首相の所信演説を受けて、自民党の世耕弘成参院幹事長は翌日の記者会見で「もっと新しい技術を採り入れた原発の新設といったことも検討を進めていくことが重要だ」とのべた。世耕は安倍晋三のコバンザメである。官房副長官時代どこに国しても影のようについていった。なんでもヨイショしてくれた世耕は安倍の評価を受けて、原発政策を担当する経済産業相に抜擢してもらっている。これを受けて、世耕は「現実問題としてCO2(二酸化炭素)を出さずに大量のエネルギー供給ができる電源は、やはり原子力ということになる」と主張し、「安全に最大限の配慮をしながら原発の再稼働を進めていく」とし、原発新設の検討にまで触れている。自民党は選挙公約で、「原発依存度を可能な限り低減。経済成長とC...自民党が脱炭素などとしゃれたことを口にするとこんなバカが出てくる

    そりゃおかしいぜ第三章

    そりゃおかしいぜ第三章

    読者になる
  • 詐病がバレても無役の身にはお咎めがないのか

    またもや政権投げ出しの、辛抱足らんお坊ちゃまのご乱行である。安倍晋三はあっという間に靖国神社に参拝を二度もやったかと思えば、横田滋さんのお別れの会に出席し「断腸の思い」と自らの病気になぞらえるような発言をしている。保守系の会合などにも頻繁に顔をお出していながら、ゴルフ三昧の日々である。中曽根康弘が、親族と取り巻きが岸信介の国葬を懇願を受けて、内閣と自民党の合同葬を大々的にやってくれた。コロナで伸びていた何の義理もない菅義偉をつついて、同じような内閣自民党葬を促したのは安倍晋三である。やることは精力的に動き活動している。潰瘍性大腸炎なんてそんなに簡単に治るはずなどない。本人は薬が効いたなどと言ってはいるが、政権投げ出し後の行動を見ると怪しい限りである。病状などについて、主治医の説明や診断書の提示もなく、症状の軽重...詐病がバレても無役の身にはお咎めがないのか

    そりゃおかしいぜ第三章

    そりゃおかしいぜ第三章

    読者になる
  • 2020年10月26日のつぶやき

    2020年10月26日のつぶやき,強いところも、弱いところも、全部私の一部。こうでしか生きられない譲れないことも、いっぱいある。笑っても、泣いてもこれが私ML:オカシイ世の中討論委員会携帯版風の神殿へ

    星影里沙

    憧れの風

    読者になる
  • 間違いだらけの脱炭素社会宣言

    今日(26日)第203臨時国会が召集され、菅義偉首相が就任後初の所信表明演説を衆参両院本会議で行った。スケール感のない各論を並べる、いかにも小物らしいない内容であったといえる。担当大臣が述べるようなことの羅列である。コロナ対策や外交など8項目になっているが、特に注目したいのが2050年には温室効果ガス排出ゼロにする、脱炭素社会を目指すというのである。大変結構なことではあるが、東日本大震災が起きて初めて真剣に考え始めた分野である。であるが、処理不能な放射性廃棄物を際限なく輩出する原発は存続させるという理由が、CO2を排泄しないというこ自己矛盾を抱えた選択をしている。そしてそれは野党の一部まで巻き込んでいる、電力会社の根回しの勝利である。日本から現Pつは当分消えない。脱酸素社会実現の口実にして生き残る。現在の火力発...間違いだらけの脱炭素社会宣言

    そりゃおかしいぜ第三章

    そりゃおかしいぜ第三章

    読者になる
  • post古希の日常・覚書―――2020年10月

           ―無力亭日乗―

    saro-muriki

    ムリキブログ

    読者になる
  • 核兵器廃絶へ

    核兵器廃絶へニュース核禁止条約等が50か国となった。核兵器禁止条約発効へ2020年10月10日核兵器禁止条約の批准書や受託書を国連に寄託した国などが発効に必要な国が50に達した。これで、使用などが違法化になることが可能となった。解説米国、ロシアなど核保有国が話し合いに参加していないが、将来的に大きな成果である。将来には、核を使用することが、世界の国が、国連が違法と認定することができるからである。様々な問題が出るであろうが、庶民の願い、平和への願いが大きな力となるだろう。故に、多大の方々が関心すべきである。なぜなら、核は恐ろしい、人間とは言えない恐怖がある。広島、長崎で核の恐ろしさは実証している。核兵器の恐ろしさピカッと、爆音、外に出ると、皮膚がワカメのように垂れ下っていました。全身真っ黒で、男女の区別もできない...核兵器廃絶へ

    平和の歌・核兵器絶滅へと戦った英雄の歌

    平和の歌・核兵器絶滅へと戦った英雄の歌

    読者になる
  • なぜ、社会活動を続けるのか -OYW Tokyo Caucus-

    今年の初め頃、とても親しい友人から声がけがあった。若者版のダボス会議と呼ばれるOne Young Worldが東京で開催される前に、東京でプレイベントとしてOne Young World Tokyo Caucusを開催する際の、平和セッションのファシリテーターをしてほしい。Global Shapersとしての活

    Misato in East Asia

    Dialogue in East Asia

    読者になる