TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

メディア・ジャーナリズム 新着記事 NEW POST

help
  • 解除初日のふわっと感と、2ヶ月行ってない美容室にいつ行くのか、の話

     こんにちは。  やっぱり薪窯がないとピッツァはうまく焼けないのか  自宅に窯が欲しくなってきた   ブランディング戦略家の鈴鹿久美子です。    いい加減に…

    鈴鹿久美子

    勝ちたい人を勝たせます 勝たせ屋 鈴鹿久美子のオフィシャルブログ

    読者になる
  • 二 第二次海戦『尖閣諸島沖の戦い』!

    二 第二次海戦『尖閣諸島沖の戦い』! 六月十六日、早朝。 鶴港が伊良部島を訪れて謝礼をわたして謝意を述べると、鶴港は那覇に向かった。 同じ日の正午頃、鶴港を追って百連壇の二隻の快速船が基隆を出航した。 『定炎(ていえん)』と『鎮炎(ちんえん)』である。 これを知った翔竜は文を書き、再び太助が残していった鳩に託した…。 翌日の早朝、鶴港は那覇港に碇をおろした。 日が落ちると尚栄、宗兵衛と本郷…

    ぷんぷん

    電車の中はいつもワイドショウ!!

    読者になる
  • 日本の新型コロナウィルスCOVID-19「対策」と「報道」、自画自賛に陥っては絶対にいけない。

    社員一人のサイバー政治団体(笑)「世界愛人主義同盟」秘書課勤務、村野瀬玲奈オフィシャルブログ。日本の政治は消費税増税・震災復興増税を福祉にも被災者にも使わず、雇用と社会保障を弱体化させるだけ。日本の政治の何が間違いなのか過去の失敗と国際的歴史に学んで、議員や政治やマスコミに意見を届けましょう。

    村野瀬玲奈

    村野瀬玲奈の秘書課広報室

    読者になる
  • 財政規律って何?←日本だけが設定を間違って貧困化する最中

    財政規律という概念は、誰に都合がよいモラルなのかで、日本は世紀の大間違いを犯しています。日本が世界貢献できなくなってきた理由でもある、財政健全化と称する民族浄化ジェノサイドについて考えます。

    nipponjoshi-119

    日本の未来と税金と少子貧困化[女性が知っておきたい経済]

    読者になる
  • 再訪問 青春18きっぷ旅 冬:小樽-東北 2014年12月 Part3

    外出が憚れる今、過去の旅を見つめ直すとどうなるだろうか・・ 今回は2014年12月の「青春18きっぷ」の4泊5日間の旅を再記事に。 その3回目 舞鶴から新日本海フェリーで小樽へ、そして北海道は旅の途中で寄っただけ、なのでやはりまっすぐ東北訪問。 * 表中の赤字は乗車時間。合わせて駅間の距離と平均運行速度、駅数を掲載した。 【凡例】 駅 駅名 区間距離 駅間の営業キロ 時速 駅間の運行時速 駅数 区間の駅数 駅間 駅間の運行時間分 6時 出発 列車番号 所要時間 到着 // 検証 小樽から長万部 翌12月29日早朝、「クリスマスおもちゃ」のような小樽 朝食はベイエリアを見渡すテラスで。 最近日本…

    greengreengrass

    紙つぶて 細く 永く

    読者になる
  • 心の病気とセックスレス

    電波攻撃 「彼が、絶対ヘン」と思った出来事以来、彼の話はすんげー、SFチックになっちゃった。 なにせ、閑散とした室内で、一人で飛び跳ねたり、わーっと叫んだりする。 なぜだか彼にも理由はわからないそうだが、謎の「日本人の組織による集団ストーカー」によって「電波攻撃」で殴られるのだと言う。 狙われて継続的に危害を加えられているそうだ。 長時間の「電波による痺れ」を訴え、夜一睡もできないこともある。 そんな時は、私も夜中にたびたび騒がれて眠れないだけじゃなく一番苦しい。 にほんブログ村 「もうセックスはしたくない」 日本で英語を話せ、信頼できる心療内科の先生を見つけるのに、1年以上要した。ネットや電…

    wakanamoki

    希望どおりにならないこともわからないことも

    読者になる
  • 強姦魔の類・特亜をゴリ押しするテレビ業界

    裏社会の垂れ流す大本営発表に騙される事なく真実を直視せよ!社会全体の実際の仕組みを教えます。 三千年の歴史からも解き明かします。

    クールCyrusII

    真のジャーナリズムがここにある!

    読者になる
  • 統合失調症で、未来のことを一緒に語れない夫とは

    にほんブログ村 誓いは「小さなことで心配しないこと」だと 夫は例年、新年になると、他人のであれ自分のであれ、今年の目標みたいなものを話題にする。気力やモチベーションがすっかり低下するのも統合失調症の特長で、未来のことを一緒に語ることなどまず無理な夫といるのは辛い。休みの日には何にもせずに何時間も過ごすだけだから、何かそういったことをきっかけに少しでも前向きな話をしたいと思い、夫に今年の新年の誓いは何と聞いたら、「小さなことで心配しないこと」だと言った。 小さなことで過大な心配するのも、統合失調症の一面 彼は最近病状がすぐれず小さなこと、例えば何か物を落とすなどでまるで天地がひっくり返ったかよう…

    wakanamoki

    希望どおりにならないこともわからないことも

    読者になる
  • 黙っていても子どもが宿題をするのは「聞く」が「効く」に変わると体感できたとき

    こんにちは。  次の講座の5日も前に宿題を3つも提出してご機嫌な ブランディング戦略家の鈴鹿久美子です。  オンライン受講で今学んでいるのはコーチングの第一人…

    鈴鹿久美子

    勝ちたい人を勝たせます 勝たせ屋 鈴鹿久美子のオフィシャルブログ

    読者になる
  • 心の病の人とは、夫婦の関係であると言うより、、、

    にほんブログ村 最近、ひどい気持ちになったワケ あ、ちょっと大げさか、つまり自動販売機の100円コーヒーを買おうとしたら小銭がなかったので、夫に聞いたら彼は500円玉しか持ってなかった。でその500円玉をもらって買おうとしたら、釣り銭ちゃんと返してねと言われました笑。 「どういうこと?釣り銭返さないと思ったわけ」と言ったら、冗談だよと返されましたが、釣り銭ちゃんと返してねと言った時は全然真顔でした。 夫婦の関係というより、介護士!? その3 、4日前の事、彼が仕事の書類を電車の中に忘れてきて、本当になくなったらスキャンダルになりかねないほどの重要書類だったし、ついてきてと言うので、私も必死にな…

    wakanamoki

    希望どおりにならないこともわからないことも

    読者になる
  • ◎《日本は中国行政官を3億円(4年間)でコーチング(スパイ養成)している》

    ◎《日本は中国行政官を3億円(4年間)でコーチング(スパイ養成)している》 ■入管関係公文書を分析されていらっしゃる「京都の日本みつばちさん」から、驚愕的情報がもたらされました。 留学生の奨学金だけでなく中国政府の行政官を中国政府と在日本中国大使館に人選を委ねて、日本の行政システムを学ばせている実態が明らかになりました。 【国家情報法】を施行した中国から行政官を招いていたなど唖然となりますが、思ってい...

    水間政憲

    水間条項 ー 国益最前線

    読者になる
  • [コピー][コピー][コピー]更新

    聴くと効く利く ■炎上上等!!女医が本音を語る「死」なんて怖いもんじゃないのよ女医JOYプロジェクトYouTubeで毎週土曜日夜9時配信 ■会う人ごとに「あの…

    鈴鹿久美子

    勝ちたい人を勝たせます 勝たせ屋 鈴鹿久美子のオフィシャルブログ

    読者になる
  • ◎《安倍首相は習近平国賓来日≡日程調整開始へ》

    ◎《安倍首相は習近平国賓来日≡日程調整開始へ》 ■安倍首相は、また習近平の国賓としての来日を画策し日程調整を開始しました。 国民も舐められものですね。コロナ非常事態宣言はなんだったのか。半年後に第3次世界大戦の結果がでる状況で、安倍官邸は中国に乗っ取られているとしか思えませんね。 東京の「日本みつばち」さんからの緊急報告です。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆【習近平国賓来日調整やる気満々の菅官房長官】 ■しかも、...

    水間政憲

    水間条項 ー 国益最前線

    読者になる
  • 海外に在る別宅 + 公認会計士

    最初に、一つ独立した話をします。それから、本日のブログを書き始めます。副題1、『新コロナウィルスは、富裕層にも反省を迫っているのだ』今回の、新コロナウィルス騒動は、宗教的な、啓示を与えているものだと、以前、私は、申しましたし、2月の時点で、YUTUBEを開けた時、そういう風な投稿をしている人が、多かったのです。でね、一方で、現実的には、この世にある階級差を見事に、顕現させ、貧しい人達が、医療の保護の対象とならず、ぐんぐん死んでいく(ブラジルや、インド、ニューヨークなど)状況が、眼に見えてきました。しかし、宗教的な啓示という意味では、富裕層にもダメージを与えているのです。まず、行動制限がありますね。自家用ジェット機で、自由自在に、飛び回っている、広告を、常に、私が見る番組内で、打っていた高須院長と、西原理恵子さん...海外に在る別宅+公認会計士

    銀座のうぐいすから

    銀座のうぐいすから

    読者になる
  • 日本国民はいつまでマスコミの専制ファシズム支配を支えるつもり?

    約2年半ぶりのご無沙汰です。更新が止まっていた理由は、転職等による空き時間の減少が一番大きいのですが、もう1つは、ここ数年でテレビの視聴率が下がり、新聞の売り上げも落ち、国民に多少はメディアリテラシーが生まれ、マスコミの専制ファシズム支配の権力が減少して、ほんの少しはマシな世の中になってきたのではないか、と無意識に感じていたのもあるかも知れません。しかしその感覚が100%甘かったことが、今回のコロナ騒動で分かりました。日本国民はいまだにマスコミによる専制ファシズム支配の下にあり、それを支えているということが有事を通じて分かったためです。欧米の100分の1程度の感染者数でもマスコミが国民に恐怖を煽り、100倍感染している国の、しかも憲法の全く異なる国の対コロナ政策を賞賛し、完全に理不尽な比較で、それをしない(本当...日本国民はいつまでマスコミの専制ファシズム支配を支えるつもり?

    太一

    「空気」に異議あり!

    読者になる