TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

行政 新着記事

NEW POST help
  • 選手を育て やりくりして勝ち続けるソフトバンクの強さ

    特別な年のパ・リーグを制したのは福岡ソフトバンクだった。 途中までロッテと激しく競り合っていたが、 終盤突如勝ち始め、反対にロッテはおびただしく負け始め、 最終的には2位以下に大差がついた。 ソフトバンクが勝つと、 金にあかせて勝ったように思う人がいる。 もちろん、資金力はナンバーワンであり、お金を使っていることは確かだが、 他チームの4番やエースクラスをどんどん引き抜いたり、 メジャーから大砲を獲得してきたりして、 無理やり戦力を上げているわけではない。 今年は、計算できるはずの選手たちが十分に活躍できなかった年であった。 内川は結局一軍に上がってこなかったし、 バレンティンは全く機能しなかった。 去年大活躍した甲斐野も故障で一年を棒に振った。 しかし、それを補ったのが、若手選手たちだった。 優勝を決めた試合のスタメンにも、 周東、栗原、川瀬と..

    役所内診断士のヨモヤ

    読者になる
  • あなたがパスポートを持たないといけない理由

    「日本では常識でも海外だと通じない」そういったことってよくあります。。そのうちの一つに身分証明書があります。日本で通用する身分証明書でも「海外では無効」ってこ…

    世志(よっしー)

    『異端公務員☆倶楽部』の逆襲

    読者になる
  • そら

    夜明けの空つい最近の。みんな早いからさ、起きるのが。でも無事に朝がくればひと安心、ホッとする。それぞれ違う日。やっぱり朝はいいね。

    pirkawakka

    愛だけを遺せ

    読者になる
  • Departure

    夜勤中。で、開けたら北海道。やった‼️1週間だけだけど、はりきって行ってくる‼️もうウチに帰らずにそのまま空港。駅にはコインロッカーにスーツケースと厚手のコートが待機中😁😁😁あんまり天気は好くなさそうだけどいいのさ。行ってくるよ~っ‼️😆😆😆

    pirkawakka

    愛だけを遺せ

    読者になる
  • 映画評 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」

    とんでもないヒットになっている「鬼滅の刃」。 もちろん飛び込んでいくしかない。 テレビでまとめ再放送をやっていたので、それをそこそこ観ておいた。 そうしておいてよかった。 この映画を楽しむためには、ある程度以上の予備知識は必要だと思う。 初見さんに親切な作りではない。 映画の中で、クライマックスが大きく2回ある。 私は2回目のクライマックスがあると知らなかったので、唐突な流れにちょっと驚いた。 はじめは蛇足かと思ったが、熱い戦いが繰り広げられ、 むしろこちらがメインだと知った。 主人公の炭治郎くんが鬼に向かって言葉を投げつけるシーンがあるのだが、 個人的にはここが一番よかった。 思い出してもグッとくる。 煉獄さんの言葉も刺さった。 興行収入が100億円を突破したことについて、 「煉獄さんが100億円の男になった」 と喜ぶ気持ちも共感できる。 十..

    役所内診断士のヨモヤ

    読者になる
  • 【香港保険】先回りして連絡したら、大満足いただいたサポートだった話!!

    今日は、自画自賛ながらある香港保険を契約されたお客様からの問い合わせを事前に先回りして対応したら大満足頂いたという話をします。世師(よっしー)達の行う「お客様…

    世志(よっしー)

    『異端公務員☆倶楽部』の逆襲

    読者になる
  • 社会人になってから影響を受けた書籍

    人材育成サービスを提供する「ラーニングエージェンシー」という会社が、企業の経営者を対象に 「社会人になってから影響を受けた書籍」 についてアンケートを行い、そのランキングを発表した。 6位まで発表されているのだが、それは以下のとおり。 1 「7つの習慣」 スティーヴン・R・コヴィー 2 「生き方」 稲盛和夫 3 「人を動かす」 デール・カーネギー 4 「ビジョナリーカンパニー」 ジム・コリンズ 5 「ビジョナリーカンパニー2」 ジム・コリンズ 5 「マネジメント」 ピーター・ドラッカー 5位が2冊になっているのは、同数だったからだろう。 同数が生まれた理由の一つが、アンケートの母数が少ないことで、この調査は100人を対象としている。 わずか100人だから、今回の結果をもって、上記の本が日本の経営者に大きな影響を与えているかどうか判断することはできない。 6..

    役所内診断士のヨモヤ

    読者になる
  • 繊細[HSP]な公務員等は結構いそうなのに…

    「HSP」がメディアで紹介されたからなのかはわかりませんが、最近twitterを見ていると、繊細気質な人が公務員(などの公的な仕事)を辞めたかったり、実際に転職・退職したというツイートが多くなっている気がしています。 また、このブログの「注目記事」で一番上に出ている という記事が、Google先生で「HSP 公務員」と検索すると上位でヒットするおかげで、訪問数も新規投稿もほとんどないこのブログで毎日10前後のアクセス数を稼いでいます(大半がアクセス直後に離脱しているようですが…)。 これは、公務員などの公的な仕事や社会活動をしている(していた・したい)繊細・HSPの人が少なくないということを表…

    公的機関で働く内向型HSPの主張

    公的機関で働く内向型HSPの主張

    読者になる