TOPICS
  • 1位

    平成大合併の検証を

    11月12日付朝日新聞の社説は「平成の大合併の検証」を政府に呼び掛けるものだった。日本中の自治体は人口減少が進み、自治体格差が拡大基調にあり、すべからく元気を失いつつある。この事を見越した政府は市町村自治の自立と効率化を狙った「平成の大合併」を合併特例債をアメに、市町村の数を半分までに減らした。ところが、朝日新聞によれば、隣り合う4千人未満の同規模の自治体を調べたところ、合併した旧町村の方が合併しなかった町村より、人口が減り、高齢化も進んでいたとある。合併後の衰退に共通する理由として「役場機能の縮小」を挙げて、地元商店街も業者も「最大の顧客」を失ったことが響いたと日本弁護士会の調査報告を紹介している。山形県は庄内地方だけが「平成の大合併」をしている。詳細調査はないが何となく同様の傾向を感じる。例えば、日本海に浮...平成大合併の検証を

    とうやのひとり言

    とうやのひとり言

    読者になる
  • 2位

    100年後の青森県を考える②

    初めに 前回の記事の続きです。 青森県はコンパクトシティ構想を掲げていたが失敗した。 人口動態も2080年までは減少し続けることを書きました。 しかし、100年後は2119年です。 人口の減少も大方終わり、それから40年たった世界。 その時、私たちの子孫がいるならどんな地元を残したいのか考えてみました。 初めに コンパクトシティ構想再び 移民政策は必要か 経済成長はどうあるべきか 関連記事・おすすめ記事 コンパクトシティ構想再び 私はコンパクトシティ構想は考え方としては間違っていないと思っています。 人口が減り、老齢人口が増える状態では行政の効率化は必須です。 その為にはコンパクトシティ構想を…

    TAKA

    地方のリアル 人の生き方

    読者になる
  • 3位

    秋の能登路

    金沢奥能登定期観光バスで、能登半島一日コースで観光する事にした。そのバスは、金沢東口7時50分発の「わじま号」だった。早めにホテルの朝食を済ませ、ホテルの定期無料バスで駅に向かった。和島の朝市がメーンである。「わじま号」は高速道路を使って1時間余りで現着である。通称「朝市通り」は商店街と露店が同居して、市場を構成している。通りいっぱいに観光客がそぞろ歩きをしているスケールの大きさは圧巻である。慣れた露店のおばちゃん達が「兄ちゃん、買うてくだ~」と声をかけてくる。ぶらぶら眺め歩きを楽しんでいたが、何故かふと足が止まった露店があった。なぜその露店に止まったのか分からないが、止まって話しかけた。発泡スチロール箱10個位を並べただけの、何となく地場鮮魚の匂いがした。小さめ「ののどぐろ」の一夜干しだと言う。「クール便発送...秋の能登路

    とうやのひとり言

    とうやのひとり言

    読者になる

続きを見る

  • 反グローバリゼーション

    反グローバリゼーション

    反グローバリゼーション(英:Anti-globalization)は、地球規模での貿易促進およびWTOなどの国際機関の活動などへの反対を訴える人々の政治的スタンスをさす。または、反グローバリズム(anti-globalism)という。

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 5人

  • グローバル資本主義

    グローバル資本主義

    グローバル資本主義(グローバルしほんしゅぎ)は、国家間の障壁を取り除き、自由化を推し進めた資本主義のグローバル化のこと。新自由主義を世界規模へ適用したとも言われる。

    テーマ投稿数 62件

    参加メンバー 18人

  • 中国共産党(一党独裁の政権)

    中国共産党(一党独裁の政権)

    中国共産党(ちゅうごくきょうさんとう、簡体字:中国共产党、発音:Zhong guo gong chan dang、英称Communist Party of China)は、中華人民共和国の与党である。略称は中共(ちゅうきょう、CPC)。2007年6月現在、7336万人以上の党員を抱える世界最大の政党である。 中華民国(台湾移転以前)および中華人民共和国における共産主義政党。現在の中華人民共和国憲法においては「中華人民共和国を指導する政党」と明記され、建国以来一党独裁制を維持している。言論統制、同化政策の推進など、極めて抑圧的な統治が特徴。

    テーマ投稿数 24件

    参加メンバー 7人

  • ヤクザ・・・「暴力団」という組織

    ヤクザ・・・「暴力団」という組織

    暴力団(ぼうりょくだん)は、組織された暴力を背景に金品の利益などの私的な目的を達成しようと、日本を中心に活動する反社会的な集団のこと。諸外国におけるマフィアやギャングに相当する。暴力団自身は任侠団体(にんきょうだんたい。仁侠団体とも書く)などと自称している。 暴力団員が、自身を非合法組織の一員である事を堂々と認めることを許している現状に対する批判は少なくない。しかし、民主主義国家である日本においては、明確な犯罪の証拠も無く、単に反社会的な団体に所属していると言うだけで取り締まることは、結社の自由や思想の自由を犯しかねないため、難しい。 一方で、暴力団員達は生き残りのため系列に思想団体・政治結社(主に右翼団体を装う場合が多く、「右翼標榜暴力団」と呼ばれる。逆に左翼を装う場合もある)や合法的に見せた会社(企業舎弟)を持つことも多い。近年ではNPO法人を装うこともある。 「暴力団」という呼称は、警察やマスコミが戦後に命名したものであるが、現在では法的にも正式なものとなっている。

    テーマ投稿数 39件

    参加メンバー 18人

  • 事なかれ主義

    事なかれ主義

    事なかれ主義(ことなかれしゅぎ、事勿れ主義)とは、解決すべき問題が発生しているのにそれを避けたり、見て見ぬふりをしたりして係わり合いになるのを避け、問題を放置する消極的な考え方。平穏無事に物事が済めば良いという考え方なので、多数決などを取るときは、多数の意見に賛成することが多い。 官僚制組織などでは、収益が上がらないなどの問題が発生しても倒産しない場合があり、問題解決による成果より、波風を立てた事によって問題解決を推進した人物が問題視され処罰される傾向があるといわれる。その結果、問題が放置され易いという問題点がある。 日本においても空前の財政赤字や北朝鮮問題の悪化の背景には官僚社会の事なかれ主義があると指摘する者もおり軽視しえぬ問題になって来ている。明治以来大きな変革のなかった官僚組織・人事評価制度の制度疲労を指摘する者もいる。

    テーマ投稿数 196件

    参加メンバー 28人

  • 朝まで生テレビ!

    朝まで生テレビ!

    朝まで生テレビ!(あさまでなまテレビ)とは、月に一度テレビ朝日系列で放送される、政治関連を中心とする討論系深夜番組である。略称は朝生(あさなま)。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 3人

  • 有事(危機管理)

    有事(危機管理)

    有事とは戦争や事変、武力衝突、大規模な自然災害などの国家にとって非常事態が起こることであり、軍事的危機だけでなく、経済危機、人為的大事故、自然災害、社会的大事件などの総合的な言い方であり、その中でも主に犠牲者数百人以上の大惨事を伴う事件事故やNBC兵器等によって数十人以上死亡するような緊急の事態を総じて「有事」と呼ぶ。 もしもの???UFO〜宇宙人の襲来も有事であると過去〜石破茂防衛大臣が記者会見で備えるべき有事として発言した事があります。

    テーマ投稿数 113件

    参加メンバー 17人

  • 第一第二列島線(中国海軍の防衛ライン)

    第一第二列島線(中国海軍の防衛ライン)

    第一列島線(だいいちれっとうせん)および第二列島線(だいにれっとうせん)は、中国の軍事戦略上の概念のことであり、戦力展開の目標ラインであり、対米防衛線である。 もともとは1982年にトウ小平の意向を受けて腹心の劉華清提督(1997年まで中央軍事委員会副主席)が打ち出した人民解放軍近代化計画のなかの概念だが、最近外交事情変化によって特に更に重視される様になった。すなわち、1990年代までは、広大な国境線を接していたソ連への備えから、中国人民解放軍は陸軍を中心として組織されており、海軍は、沿岸防備を行う程度の沿岸海軍であったが、冷戦が終結してソ連が崩壊し、東欧同盟国を失ったロシアが中国との関係改善に動き国境問題が解決した結果、中国人民解放軍の課題は台湾問題となり、一方で、第二次天安門事件や台湾海峡危機の結果、中国人民解放軍の第一潜在仮想敵国はロシアから台湾を支援する米国に変わったからである。1993年には、李鵬首相が人民代表会議で「防御の対象に海洋権益を含める」と表明した。1997年に石雲生が海軍司令に就任すると、沿岸海軍から「近海海軍」への変革を本格化させた。その中で打ち出された「海軍発展戦略」の中でも、第一列島線および第二列島線の概念が強調された。 法制面では、1992年に、尖閣諸島、西沙諸島、南沙諸島を中国の領土であると規定した「領海法」を施行し、1997年には、国防の範囲に海洋権益の維持を明記した「国防法」を施行、さらに現在、国家海洋局が中心となって、島嶼の管理を強化する「海島法」の立法作業を進めている。

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 5人

  • 海洋法に関する国際連合条約

    海洋法に関する国際連合条約

    海洋法に関する国際連合条約(かいようほうにかんするこくさいれんごうじょうやく, 英: United Nations Convention on the Law of the Sea)とは、海洋に関する従来の慣習法の法典化と最近の新事態に対応する新たな立法を内容とする、領海および接続水域・公海・漁業および公海の生物資源の保存・大陸棚に関する4つの条約のこと。国際連合海洋法条約(こくさいれんごうかいようほうじょうやく)などとも呼ばれる。全447条、本文320条と9議定書で構成される。海の憲法ともよばれる。略称はUNCLOS(アンクロース)。

    テーマ投稿数 32件

    参加メンバー 4人

  • レバノン

    レバノン

    レバノンに関するニュースや、実際にレバノンにいる方からの生の情報など、レバノンに関係あればなんでもトラックバックください。

    テーマ投稿数 31件

    参加メンバー 5人

続きを見る

  • 北海道・東北地方の企業銘柄分析 8350、みちのく銀行

    初めに 本記事は投資や就職斡旋などを目的としたものではありません。 個人の興味の範囲でまとめたものなので、あらかじめご了承ください。 地元企業の分析ということで今回はみちのく銀行です。 実は青森に本社を置く上場企業はこのみちのく銀行を含め4社しかありません。 もちろん工場がある企業はあるのですが、本社があるという点ではやはり青森は少ない印象です。 話がわき道にそれました。 では本題に入っていきます。 初めに 事業内容 業績・株価 配当・株主優待 社会貢献活動 働きやすさ 個人的な感想 事業内容 企業名からわかるように銀行業務が主体です。 青森県には他に青森銀行があり、第二銀行という立ち位置です…

    TAKA 地方のリアル 人の生き方
    読者になる
  • 「ふるい都議会」は古いまま。決算特別委員会発言奪われる。

    本日は、東京都各会計決算特別委員会(平たく言いますと一般会計の決算審査)の全局にわたる総括質疑が行われました。通常の決算特別委員会は、予算特別委員会と異なり、分科会形式で行われ知事の出席はないという「東京都議会スタイル」。しかしながら豊洲移転、オリパラ問

    東京都議会議員 上田令子 東京都議会議員 上田令子のお姐が行く!
    読者になる
  • 長野市ソフトボール連盟第40回大会閉会式

    11月10日の夜は、長野市ソフトボール連盟第40回記念大会の閉会式が開催され出席しました。出席したのは以前から私が議員引退に伴い同連盟の相談役も引退したことから、是非これまでの連盟への貢献に対し感謝状を出したいので出席して欲しいと以来されていたからです。閉会式では、リーグ戦とトーナメント大会表彰の後、連盟特別功労賞表彰が行われ、私は松宗理事長から「感謝状」と記念品を贈呈されました。その後、私は来賓挨拶で、台風19号で被災された皆さんにお見舞い申し上げた後、私が市議・県議生活36年間の内、ソフトボール連盟の相談役として活動させて頂いたのは、記憶は確かではないが約33年位かと思います。この間、連盟からお願いされ取組んで来たことは、連盟のホームグランドであった長野運動公園の多目的競技場について、当初ナイター施設はこの...長野市ソフトボール連盟第40回大会閉会式

    たけちゃん たけちゃん活動・生活日誌
    読者になる
  • 平成大合併の検証を

    11月12日付朝日新聞の社説は「平成の大合併の検証」を政府に呼び掛けるものだった。日本中の自治体は人口減少が進み、自治体格差が拡大基調にあり、すべからく元気を失いつつある。この事を見越した政府は市町村自治の自立と効率化を狙った「平成の大合併」を合併特例債をアメに、市町村の数を半分までに減らした。ところが、朝日新聞によれば、隣り合う4千人未満の同規模の自治体を調べたところ、合併した旧町村の方が合併しなかった町村より、人口が減り、高齢化も進んでいたとある。合併後の衰退に共通する理由として「役場機能の縮小」を挙げて、地元商店街も業者も「最大の顧客」を失ったことが響いたと日本弁護士会の調査報告を紹介している。山形県は庄内地方だけが「平成の大合併」をしている。詳細調査はないが何となく同様の傾向を感じる。例えば、日本海に浮...平成大合併の検証を

    とうやのひとり言 とうやのひとり言
    読者になる
  • 勝海舟・住居跡

    研修会の合間に、すぐ近くの、勝海舟邸跡を訪問。赤坂6丁目あたり。 今は、マンションで、風情はなし。ここに、坂本龍馬が訪ねて、後に、開国派に変わってゆく。氷川神…

    内山 登 議員手帳
    読者になる

続きを見る

続きを見る

読者になる