北海道・苫小牧東部地域開発

北海道・苫小牧東部地域開発
テーマ名
北海道・苫小牧東部地域開発
テーマの詳細
苫小牧東部開発計画 提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 苫小牧東部開発計画(とまこまいとうぶかいはつけいかく)とは、1960年代に北海道苫小牧市を中心に工業地帯の創設を目指した国家プロジェクトである。略称、苫東(とまとう)。 在沖海兵隊の大半北海道に移転を/NIRAが調査報告で提起/負債抱える「苫東開発」救済/地元、政府内外で論議か 1999年6月17日 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-94481-storytopic-86.html 【東京】政府系のシンクタンク・総合研究開発機構(星野進保理事長、NIRA)は16日までに、普天間飛行場を含む在沖海兵隊基地の大半を、1800億円を超える負債を抱え窮地に陥っている北海道・苫小牧東部地域開発(苫東開発)地区に移転することを提案した調査報告書(中間報告)をまとめた。低迷する経済情勢などをふまえ、苫東地域の恒久的な土地利用を可能とするプロジェクトの導入は当面困難とした上で、新たな土地需要が生まれるまでの暫定的な土地利用例として、海兵隊移転を提起した。同構想には、移転先とされた北海道側から強い反発が出るのは必至だ。半面、政府系、民間を含め、シンクタンク(研究機関)が海兵隊基地の本土移転を提起するのは初めてで、地元や政府内外で論議を呼びそうだ。 NIRAは、社団法人日本リサーチ総合研究所に委託して、同報告をまとめた。報告書では、在沖海兵隊基地機能のうち、実弾射撃訓練場など大規模な訓練場を除き、普天間飛行場や倉庫、兵舎などの機能の一部を苫東地域に移転すると想定した場合に、必要な土地面積を1200ヘクタール、建設工事費を3000億円と想定している。内訳では、飛行場(滑走路2500メートル級)で500億円、住宅・宿舎3000戸で600億円、事務所および兵舎1万人分で600億円、病院・生活関連施設300億円、倉庫および港湾その他インフラ整備で1000億円と試算。苫東移転が適している理由については(1)広大な土地が存在(2)港湾に近接(3)近くに大規模空港(千歳)がある(4)演習場も周辺既存施設を活用可能-などの点を挙げている。
テーマ投稿数
8件
参加メンバー
5人
管理人
☆かっこいい女への道☆komatsu1108管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「北海道・苫小牧東部地域開発」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「北海道・苫小牧東部地域開発 政治ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

北海道・苫小牧東部地域開発の記事

1件〜50件

カテゴリー一覧
商用