TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

政治・社会問題 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    緊急事態宣言解除は、国民だけでなく、政府の勝利でもある

     安倍総理が昨日夕方会見を開き、武漢ウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除を発表した。4月7日に宣言が出されて以来、48日間、ほぼ全ての人々が初めて身を以て体験する状況だったが、まずはひと区切りだ。恐らく、第二波や第三波もやってくるだろうが、気を引き締めて臨みたい。冬が来てまた感染が爆発するなどという状況は、国民が協力して食い止めたいものだ。 安倍総理は会見で、「日本ならではのやり方で、わずか1カ...

    yas

    私的憂国の書

    読者になる
  • 2位

    新型コロナ、福岡に第2波到来か?

    緊急事態宣言が5月14日に解除された福岡県ですが、新規感染者が増えてきています。

    WanderSolar

    Wander Solar

    読者になる
  • 3位

    黒川の麻雀賭博を弁護士が告訴。検察もいい加減なことは出来ないので覚悟しておいた方がいい。

    桜を見る会の不明朗な会計について、弁護士600人以上が告訴状を提出している。この告訴を説明する記者会見の動画を見たが、大風呂敷で告訴した訳ではなく弁護士として立件して逃げることが出来ないように絞り込んで十分に練って提出したようである。告訴を受けて検察がまず受理するかどうかであるが、今までの告訴の世論状況は大きく変わった。検察にとっても危機的状態にする検察庁改正法が600-700万件のツイートで結果的に破…

    かっち(Kacchi)

    かっちの言い分

    読者になる
  • 4位

    安倍、黒川の処分は法務省が決めたと主張&口裏合わせか+処分は軽すぎbut退職金は減額?

     コロナV拡大で生活も仕事も大変になっている&ストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょう...

    mew-run7

    日本がアブナイ!

    読者になる
  • 5位

    5月25日 首相会見にツッコむ

    5月25日、緊急事態解除のための首相会見が官邸にて開かれた。いつものように数値の裏付けがなく、雄大な形容詞が連なる、聞くに値しない内容だが、記録を兼ねて、ツッコミどころをピックアップして紹介する。まずは、緊急事態が解除されるくだり。日本なら

    毛ば部とる子

    毛ば部とる子

    読者になる
  • 6位

    緊急事態宣言を無理やり解除、第2波の対策は大丈夫か?

    当初の予定より前倒しで本日解除するようですが、第2波の対策は出来ているのでしょうか。

    WanderSolar

    Wander Solar

    読者になる
  • 7位

    安倍総理の幼稚に振り回された省庁一覧;法務・検察職員の反乱

    日本は緊急事態はほぼ終わりという状況だろうか?こちらはまだまだ用心深く、蟄居している。来月半ばにNYに帰れるかなぁ〜という感じ。 最近の散歩で見つけた、生き物たち。 redwing blackbird英語のネーミングはすごく直接手的。 フェンスの近くに不届きものが買い物袋を...

    artrino

    密接な関係にある他国から

    読者になる
  • 8位

    黒川を訓告としたのは法務省でなく官邸だった いよいよ何もかも恣意的に安倍政権

    恣意的な余りに恣意的な いよいよ何もかも恣意的になってきた安倍政権だ  黒川の「訓告」も実は官邸が決めていたことが分かった黒川氏処分、首相官邸が実質決定法務省は懲戒と判断、軽い訓告に
共同通信 https://this.kiji.is/637395138254734433?c=49404987701575680 勝手放題むちゃくちゃやった上 嘘をつく これほどの専制的、独裁的で腐りきった政治が 民主主義の看板掲げた国で行なわれたためしがあるだろうか何度も官邸が人事に介入してるくせに法務省が持ってきた話だったことにした安倍だが (『安倍官邸は何度も介入していた検察庁の人事 〜平気で嘘をつく人たち(2)』 https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-05-18 ) (そしてそれが報じられるに及んで支持率急落) こんどは黒川の賭けマージャンが「訓告」..

    Noraneko_Kambei

    のら猫 寛兵衛

    読者になる
  • 9位

    テレビ朝日・玉川徹氏、PCR全員検査に「医学的には意味がないかもしれない」 視聴者から「方向転換?」と驚きの声

     25日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)で、テレビ朝日解説委員の玉川徹氏が、自身が訴え続けてきた国民全員へのPCR検査について改めて言及し、反響を集めている。  この日、番組では新型コロナウイルスについて、中国・武漢市で市民全員を対象にしたウイルス検査を進めているこ

    naobow

    日本第一!ニュース録

    読者になる
  • 10位

    SNSでの誹謗中傷 ~ 真っ先に救済されるべきは安倍総理である

     木村花さんという女子プロレスラーがお亡くなりになったようで、報道によれば、SNSで誹謗中傷、バッシングを受けていたことによる自殺という話だ。私の女子プロレスに関する知識はビューティーペアで止まっているし、木村さんが出演されていた「テラスハウス」という番組も見たことがないから、彼女のことはよく知らない。よく知らないが、自殺されたのだとしたら、なんとも痛ましい。 木村さんに対するバッシングの発信は、本...

    yas

    私的憂国の書

    読者になる

続きを見る

  • 自衛権

    自衛権

    自衛権(じえいけん)とは、急迫不正の侵害を排除するために、武力をもって必要な行為を行う国際法上の権利。国内法上の正当防衛権に対比される。他国に対する侵害を排除するための行為を行う権利を集団的自衛権といい、自国に対する侵害を排除するための行為を行う権利である個別的自衛権と区別する。

    テーマ投稿数 42件

    参加メンバー 7人

  • 日本国憲法第9条

    日本国憲法第9条

    日本国憲法 第9条(にっぽんこくけんぽうだい9じょう)は、日本国憲法の条文の1つであり、三大原則の1つである平和主義を規定する。この条文だけで憲法の第2章を構成する。この条文は「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」の3つの要素から構成される。日本国憲法を「平和憲法」と呼ぶのは、憲法前文の記述およびこの第9条の存在に由来している。また、1928年に締結された戦争放棄に関する条約、いわゆるパリ不戦条約の第1条と、日本国憲法第9条第1項は文言が類似している。

    テーマ投稿数 237件

    参加メンバー 28人

  • 九条の会

    九条の会

    九条の会(きゅうじょうのかい)とは、日本の護憲派知識人・文化人らで構成されるグループ。2004年6月に結成された。憲法改正論議が活発化している日本社会の現状を「太平洋戦争で悲惨な経験をし、またアジア諸国に多大の惨禍を及ぼしたにも拘らず、対米従属で改憲し、再び“戦争の出来る国”になろうとしている」と主張し、“不戦を誓った日本国憲法第9条を変えるな、変えさせるな”と呼びかけている。 中心となる「呼びかけ人」に、この種の運動で多く見られる左翼的あるいは自由主義的人物だけでなく、一般に右派と見られているような人物も含まれていることは特徴的である。 また、会の呼びかけに応じて、各地各界に、自発的な賛同組織「○○九条の会」や「九条の会○○」等が結成されており、これらの数は5000を超える。 九条の会自体は政党から独立した超党派的活動と自らを位置付けているが、社民党・共産党・新社会党といったいわゆる護憲派政党の側から、この運動に協力しようとする傾向が見られる。

    テーマ投稿数 369件

    参加メンバー 41人

  • 公開処刑

    公開処刑

    公開処刑(こうかいしょけい)とは、見せしめの為に公開で行われる処刑である。さらし台のように、公開されることそのものが罰となる場合もある。前近代社会では、見せしめ効果を狙って、処刑が公開されるのは普通のことであった。ただし現実には単なる民衆の娯楽として機能していたようである。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 全国政治家ランキング

    全国政治家ランキング

    不正の無い公正な政治を行うことを目的として設けました。

    テーマ投稿数 41件

    参加メンバー 5人

  • 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律

    裁判員の参加する刑事裁判に関する法律

    裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(さいばんいんのさんかするけいじさいばんにかんするほうりつ、平成16年5月28日法律第63号)とは、裁判員制度について規定する日本の法律である。略称は、裁判員法(さいばんいんほう)。 司法制度改革の1つとして裁判員制度の導入が検討され、2004年5月21日に成立、同年5月28日公布、一部の規定を除き2009年5月21日に施行。一定の重大な事件に関する刑事裁判の審理・判決に国民が参加する仕組みを定める。 本法の適用を受ける刑事裁判では、原則として、裁判官3人と裁判員6人で裁判所が構成される。裁判員は、20歳以上の有権者から無作為に抽出して選任される。裁判員候補となった者は、裁判所から送付される質問票に答えて返送し、正当な理由がなければ裁判所の呼出しを拒むことはできない。正当な理由としては、学生であること、70歳以上であること、やむを得ない事情があることなど。また、裁判員又は裁判員であった者は、「評議の秘密その他の職務上知り得た秘密」を漏らしてはならず(守秘義務)、これに反すると6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される。詳細は裁判員制度参照。 施行前の2007年5月には、複数の事件に関して起訴された被告人の事件に関して、別の裁判員が審理することを可能とする、いわゆる部分判決制度の導入のための改正法(平成19年5月30日法律第60号)が成立した。 なお、裁判官弾劾裁判所の構成員も「裁判員」というが、本法の裁判員とは関係ない。

    テーマ投稿数 628件

    参加メンバー 23人

  • 冤罪(えんざい)

    冤罪(えんざい)

    冤罪(えんざい)とは、「無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと」を指す言葉である。つまり「濡れ衣(ぬれぎぬ)」。捜査や裁判の過程に問題が指摘されている刑事事件を表現するために用いられることが多い。裁判において有罪とされその判決が確定した場合や、再審で証拠不十分(「疑わしきは被告の利益に」)により無罪となった場合のほか、無実の者が逮捕され被疑者として扱われたり、起訴され刑事裁判を受けたりした場合も、冤罪事件と呼ばれる。 主な冤罪事件については冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件を参照のこと。 なお、冤罪は確立した法的な概念ではない。類義的な法律用語としては誤判・誤審が用いられる。

    テーマ投稿数 1,103件

    参加メンバー 40人

  • 人権

    人権

    人権(じんけん)とは、人の権利。通常は基本権や基本的人権 (fundamental human rights) と同義のものとしてとらえられる。ただし、基本権という場合とは違い、他人から与えられたのではなく生来的に有するものであるというニュアンスで語られることが日本では多い。

    テーマ投稿数 139件

    参加メンバー 18人

  • 通名

    通名

    通名(つうめい)とは通称の一形態。主に人名に用いる。対義語は登録名、戸籍名など。 日本では主に、戸籍上の名を変えられない、若しくは変えたくない場合に使われる。改名には正当な事由(社会生活上に甚だしい支障がおこる場合、職業上改名する必要がある場合、外国人が帰化した場合など)があった上で家庭裁判所の許可が必要なため、それがかなわない場合に日常生活において通名を使う人もいる。通名の使用を続けていることで、改名が許可される場合もあるが、通名が定着したことで戸籍名変更の必要がなくなる場合もある。また、婚姻によって戸籍上の姓が変わった者が、それまでの顧客との関係を保つために職業上では旧姓を名乗り続けるようなケースもある。戸籍上の姓名に旧字体が使われている場合、手書きで書く場合画数が多くて手間が掛かるため、新字体に置換えた表記を通名としている人は多い。(廣瀬→広瀬、澤田→沢田など) また、在日外国人が本名を変えることなく、日本の社会に溶け込んで生活する場合に用いる日本姓名のことを指す場合もある。特に新聞等では、通名という用語が使用される。 在日外国人のうちでも在日朝鮮人の場合は、一般的には創氏改名があったと考えられている経緯から通名の使用に対して特別に配慮されているケースが多い。近年、犯罪の被疑者が通名を使用している在日朝鮮人の場合、登録名(本名)ではなく、通名だけを報道するごく一部のマスコミ(朝日新聞など)に対しては批判もあり、被疑者報道では「通名○○、本名△△」「通名○○こと本名△△」「韓国籍の通名○○」等、本名・通名を併記して報道する事例も増加しつつある(この場合、ごく一部のマスコミによる意図的かつ常習的な情報操作ではなく、マスコミが記事にした時点で通名のみしか判明していない可能性もある)。一方で、本名しか報道しない場合、登録名(本名)が家族以外にはほとんど認知されていないケースも有り、その場合には、その被疑者が日本育ちであっても(日本人ではなく)韓国朝鮮人であるということしか伝わらないことになる。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 4人

  • 在日特権

    在日特権

    在日特権(ざいにちとっけん)とは、在日外国人が生活する上での便宜を図るなどのために整備された諸制度に対し、これを過度の処置であると批判する際に、便宜上一まとめに括るための呼称。公に定義されている用語ではないが、著名人も使用しており、主に在日韓国朝鮮人(以下在日コリアンも同義)への過度な優遇措置への批判として用いられる言葉。 在日米軍将兵にも、占領中とも見紛う特権が日米地位協定に基づき保障されている事が2007年から判明し、問題になっている。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 4人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

読者になる