TOPICS
  • 1位
    かっちの言い分

    かっちの言い分

    政治・経済・社会に対して、勝手な個人意見を徒然に述べる。

    読者になる
  • 2位
    私的憂国の書

    私的憂国の書

    政治、時事問題に独断でコメント。戦後民主主義の否定による日本型民主主義の確立、真の主権回復を願う。

    読者になる
  • 3位
    日本がアブナイ!

    日本がアブナイ!

    平和で平穏で、楽しい生活が一番!左右は関係なく、mew基準で。政治、社会からスポーツ・競馬まで。

    読者になる
  • 4位
    日本を守るのに右も左もない

    日本を守るのに右も左もない

    人類を破滅に導くマスコミ・官僚・学者たち。マスコミさえ倒せば、支配勢力は瓦解する。

    読者になる
  • 5位
    毛ば部とる子

    毛ば部とる子

    安倍政権にはウンザリという立ち位置で、分かりやすい政治ブログを目指しています。

    読者になる
  • 6位
    のら猫 寛兵衛

    のら猫 寛兵衛

    反安倍、反権力、反戦、反原発、環境、等々、知られるべき事どもを、精緻な論考、諧謔的な文章とともにお届け。権力者はとことん諷刺。時々脱線。旅、音楽、歴史、人生。

    読者になる
  • 7位
    情報速報ドットコム

    情報速報ドットコム

    政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

    読者になる
  • 8位
    マスコミの暴走

    マスコミの暴走

    現代社会の事実はどこにあるのか?マスコミの情報では分からない事実を追求・発信しています。

    読者になる
  • 9位
    新時代創造

    新時代創造

    世界情勢を追求しています。

    読者になる
  • 10位
    弁護士 猪野亨のブログ

    弁護士 猪野亨のブログ

    札幌より日々意見を発信。法科大学院廃止、弁護士人口激増の阻止、裁判員制度廃止に向け精力的に活動中。

    読者になる
  • 1位

    「桜を見る会」白塗り改ざん、官房長官答弁に合わせた? #23

    2020年1月16日「桜を見る会」ヒアリング、第23回目。通常国会召集前の最後のヒアリングになる。文書管理簿に2013年から17年までの「桜を見る会」の名簿が記載されていない法令違反は、目下最大の問題だが、もう一つの大問題がある。2019年

    毛ば部とる子

    毛ば部とる子

    読者になる
  • 2位

    不幸の絶頂のイランを尻目にラクダ観光とは世界の恥!

    安倍夫妻は、イランのミサイルで民間旅客機が撃墜され、不幸、悲劇の極みのイランには行かず、米国友好国のサウジアラ…

    かっち(Kacchi)

    かっちの言い分

    読者になる
  • 3位

    桜の名簿、官邸の名を消して国会に提出&菅、官僚に責任押し付ける+河井夫妻の説明に与野党から反発

     あの阪神淡路大震災から、もう25年立った。震災の記憶、事実を風化させないように。そして、万一、南海トラフなど、次の震災が起きた時に、しっかりと備えられる...

    mew-run7

    日本がアブナイ!

    読者になる
  • 4位

    立民党の「まっとうな政治」は、実は「ダブスタの政治」である

     自民党の河井克行前法相と妻の河井案里参議院議の事務所に、広島地検が公職選挙法違反の疑いで家宅捜索に入った。両氏は一昨日夜、記者の前で謝罪したが、議員辞職ともに離党も議員辞職もしない考えを示した。公職選挙法に違反したとすれば、議席にしがみつくのは厳しい。起訴となれば、一旦辞職し、出直すべきであろうと思う。 河井夫妻は、そろって雲隠れしていた。そのこと自体、説明責任を果たしていない点から、批判されて...

    yas

    私的憂国の書

    読者になる
  • 5位

    河村健夫がソウルで切った、日本に大迷惑の空手形

     日韓関係を考える時、我々は南朝鮮を批判することが多い。もちろん、彼らは批判されて当然の外交を展開しているし、反日を推奨する中で全体主義的な対日観を形成しているので、「反日無罪」の基本原則のもとで、彼らは日本に対して何をやっても、何を言ってもいいと信じている。 しかし、真の敵は日本にこそ存在する。そのひとつに朝日新聞があるが、彼らは朝鮮にシンパシーを感じることを隠しもせず、自国に対してより厳しい態...

    yas

    私的憂国の書

    読者になる
  • 6位

    レポート④

    つづき...教育も広義の情報伝達とするならば、インターネットに出会う以前、私に入ってくる情報は全て、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムの狙い通りであった。日本は残虐な事をしでかした愚かな国で、正義の米国に救ってもらったという情報ばかりである。

    neoおやじ

    北海道釧路発 neoおやじの日々

    読者になる
  • 7位

    「桜を見る会」なぜそんなにログが出せないのか?

    2020年1月17日「桜を見る会」ヒアリング、第24回、国会召集前に急に開催されたようだ。冒頭の質問となったのは、文書管理簿に2013年から2017年の「桜を見る会」の名簿の記載がなかったことだ。文書管理法7条に違反する。それを、いつ把握し

    毛ば部とる子

    毛ば部とる子

    読者になる
  • 8位

    レポート③

    つづき...『米占領軍が戦後日本で実施した隠微な検閲の苛烈さ』(閉された言語空間)と表現されるほど、米占領軍の検閲は凄まじく徹底しており、新聞や放送、映画、雑誌などの情報媒体は勿論、個人間の手紙までもその対象となっていた。検閲の目的は、『ウォー・ギルト・

    neoおやじ

    北海道釧路発 neoおやじの日々

    読者になる
  • 9位

    米バブル崩壊の兆し、・・・中央銀行システムの終焉と国家紙幣への転換は待ったなし

    米バブル崩壊の兆し、・・・中央銀行システムの終焉と国家紙幣への転換は待ったなし - Just another WordPress site

    冨田

    日本を守るのに右も左もない

    読者になる
  • 10位

    望月記者の映画、アカデミー賞6部門受賞+河井夫妻に地検の捜査。久々に姿見せるも、説明責任は果たさず

    頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、...

    mew-run7

    日本がアブナイ!

    読者になる

続きを見る

  • 主体思想

    主体思想

    主体思想(しゅたいしそう)、チュチェ思想(-しそう)は、朝鮮民主主義人民共和国及び朝鮮労働党の公式政治思想である。 日本語では、出版物などで「主体思想(しゅたいしそう)」と表記されることが多い。ただし、「チュチェ」という概念は独自のものであり、各言語の既成の用語で表せないため、漢字の「主体」ではなく、朝鮮語の音をカナに転写して「チュチェ」と表記するのが正しく、「主体思想」という表記はふさわしくないという主張もある。この主張は朝鮮民主主義人民共和国の準公式機関が打ち出している立場に基づいており、主体思想の研究者の間でも唱えられている。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 南オセチア紛争 (2008年)

    南オセチア紛争 (2008年)

    2008年の南オセチア紛争は、グルジア軍と、親ロシアの南オセチア分離主義者によって大規模な戦闘があった後、2008年8月に始まった。停戦合意後、グルジアから分離独立を求め国際的には独立国と承認されていない地域である南オセチアの首都、ツヒンワリを掌握するため、グルジアが奇襲攻撃を開始。 ロシアがこれに反応し、翌8日には国境を越えて南オセチアへ侵攻、戦車や野戦砲など地上部隊をツヒンワリに進軍させ(参照:ツヒンワリでの戦闘 (Battle of Tskhinvali) )、両国による戦闘が本格化した。 ロシア大統領ドミトリー・メドヴェージェフは、ロシア連邦軍の進軍に関し、南オセチアにおけるロシア国籍を持つ民間人を保護するためであると説明した。グルジア大統領 (President of Georgia) ミヘイル・サアカシュヴィリは、グルジアはロシアの侵略に対し防衛を行っているだけである、またロシア軍がグルジアの民間人に対して爆撃を行っていると述べた。 これらの戦闘と並行して、ロシア国内からグルジア大統領府や主要テレビ局のウェブサイトへのサイバー攻撃も確認された。なお、ロシア政府は関与を否定している。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 侵攻

    侵攻

    侵攻(しんこう、invasion)とはある国家・武装勢力が別の国家・武装勢力に対して攻撃を仕掛けてその領土を侵す行為。 侵略(aggression)とは異なり、必ずしも主権や政治的独立を侵すこととは限らない。例えば、相手の独立を認めた上での軍事介入などは侵攻ではあるが、侵略とは呼びがたい場合もある。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 3人

  • 侵略

    侵略

    侵略(しんりゃく、aggression)は、ある国家・武装勢力が別の国家・武装勢力に対して、自衛ではなく、一方的にその主権・領土や独立を侵すこと。攻撃して攻め入る侵攻(invasion)と異なり、相手の主権・政治的独立を奪う行為のことである。また、そのために武力を行使して争うことを侵略戦争と言う。1974年12月14日の国連総会決議3314により現代国際法上の侵略の定義が初めて定まった。しかしながら、国連総会で侵略の定義についての一応の合意があったことは事実ではあるが、なお、その解釈や有効性については争いがあり、国際法学者の中でも、侵略の定義について過大な期待は禁物であるとする見解がある。 なお一般的には、たとえ主権・領土・独立を侵したとしても、その国の危険な政策を改めるためになされる場合は、それが一時的であり、相手に発言の機会を与え、目的の達成後に独立させるときに限り侵略とはみなされない。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 戦争は何故?起こるの?

    戦争は何故?起こるの?

    一応政府見解を踏襲し〜自衛のための武力行使は良しとするが〜侵略と自衛の線引きは必ずしも明確でない。なぜなら、自国の防衛のためには、他国国家を侵略するのが最も効果的だからである。しかしその「自衛」戦争を突き詰めていけば、同じく自衛を主張する他の膨張国家との衝突は免れない。ベトナム戦争などが好例である。 したがって現在では、自国領土に限定した武力行為を自衛戦争、他国領土に武力を展開する行為を侵略戦争と呼ぶことが国際的に一般的であるが、国連平和維持活動などをかんがみれば、人道のためならば、後者は侵略とは呼ばれない慣習ができつつある。

    テーマ投稿数 74件

    参加メンバー 10人

  • ゲリラ

    ゲリラ

    1.軍事用語としてのゲリラは、本項で詳説。 2.軍事用語から転じて、本来は管理者や所有者等の許可が必要な行為を、無許可のまま(多くは、そのことが違法行為になりうる)で、少人数かつ短時間で行うことを「ゲリラ」「ゲリラ的」と形容することがある。例:ゲリラ撮影 ゲリラ(guerrilla)とは、予め攻撃する敵を定めず、戦線外において小規模な部隊を運用して、臨機に奇襲・待ち伏せ・後方支援破壊等の攪乱や攻撃を行う戦法、またはその戦法が用いられた戦闘、さらにそうした戦闘を遂行する武装組織を言う。パルチザン、遊撃戦とも呼ぶ。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 特殊部隊

    特殊部隊

    特殊部隊(とくしゅぶたい、スペシャルフォース、英:Special Forces)または特殊作戦部隊(とくしゅさくせんぶたい、英:Special Operations Forces)とは、武装組織において、特別に編制、訓練された部隊、部署をいう。英語ではSF、SOFなどと略される。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 2人

  • 平和ボケ

    平和ボケ

    例えば「国際紛争についての観察、諸国間外交について現実から乖離した理想論を唱える」等、平和主義、理想主義に対して罵倒・嘲笑する際に用いられる。  太平洋戦争の敗戦から半世紀以上を経て、その間戦争から遠ざかっている日本においては、ある意味「平和が常態」であって、戦争や軍事についての国際的な常識や知識が欠如している面があるのは事実であるが、それを良いとするか悪いとするかは、人によって様々であろう。

    テーマ投稿数 852件

    参加メンバー 62人

  • 政治問題

    政治問題

    政治問題(せいじもんだい)とは、政治の上で社会問題など汎社会的な懸案事項となっている現象や、施政や政策決定の上で考慮を求められる問題事項のこと。 その下位には外交問題(がいこうもんだい)など様々な枠も存在する。

    テーマ投稿数 1,183件

    参加メンバー 79人

  • シーレーン

    シーレーン

    シーレーン (Sea lane) とは一国の通商上・戦略上、重要な価値を有し、有事に際して確保すべき海上交通路。海上航路帯とも。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

読者になる