• 1位

    Amazonプライム会員を直ちに退会した方がいい理由。勿体無いお化けがでるよ!

    インターネットショッピング中毒者のAIKAWAです。今回はAmazonプライム会員を退会した方がいい理由について解説します。 Amazonプライム会員とは Amazonプライム会員の年会費は4900円です。プライム会員に入会すると、お届け日時指定便が無料で利用できる他に、Prime Video、Prime Music、Amazon Photos、Prime Readingが一部無料で利用することが出来ます。 更に、定期お得便サービスを利用すると価格が安くなりした。(過去形です) なぜ退会をおすすめするか? 一言で言えば、年会費4900円を支払う価値が全く無いからです。 いつでも楽天市場ではSPU(Super Point Up program)を実施しており、最大で15%のポイントが還元され、私の場合は楽天会員1%、楽天カード2%、楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定1%、楽天証券でポイント投資1%、楽天アプリから購入1%、楽天ブックス0.5%を合計して6.5%の還元となります 例えば、吸引力も高く、軽くて日頃の家事が楽になると話題の、東芝のスティック型コードレスサイクロン式掃除機 「トルネオV コードレス」で比較してみましょう。 東芝 スティック型コードレスサイクロン式掃除機 「トルネオV コードレス」 VC−CL1500−R グランレッド Amazonでの価格は3万6270円ですが、楽天市場では3万1980円で販売しています。更に、楽天市場の場合はポイントが付くため、Amazonより圧倒的に楽天市場で購入したほうが安くすみます。 通常時に購入したら3万1980円×93.5%(ポイント分を引く)=2万9901円となります。Amazonで購入したら、6369円の損失ですね。 また楽天市場では、毎月0と5のつく日に楽天カードで購入すると+2%されたり、毎月中旬頃にお買い物マラソンを実施しており、1000円以上の買い物を複数のショップで行うと最大で10%還元されます。 急ぐ買い物でなければ、お買い物マラソンを実施している中で0と5のつく日に集中的に買い物をするとたくさんポイントが貰えてウハウハ。

    AIZAWA

    投資は未来を担保する

  • 2位

    永田町には「酒癖の悪いまともな議員」と「真面目だが害しかないバカ」のどちらが必要か!?

     昨日、ネットを徘徊しながら、丸山穂高氏の発言について賛否両論に当たってみた。驚くのは、丸山氏の発言が「戦争を煽る」などという解釈で流布されていることだ。これはいくらなんでも曲解である。彼のことばは軽率ではあったかもしれないが、「戦争を煽る」というものではない。丸山氏の発言を批判するのは構わないと思うが、こういう軽率な解釈や伝聞で批判するのはフェアではないだろう。 もっとも、軽率と言えば、日本維新...

    yas

    私的憂国の書

  • 3位

    ジャニタレのコンサートだとさ

    おっさんは今札幌行きの深夜バスの中早朝札幌に到着そして朝から17時まで研修その後再び釧路行きの都市間バスに乗り明日深夜に釧路に帰ってきます予定では早い時刻のバスに乗りホテルに宿泊して研修に備えるつもりでしたが

    neoおやじ

    北海道釧路発 neoおやじの日々

  • 4位

    深夜バスの旅

    昨夜遅く釧路を出発し早朝札幌駅に到着途中下車できる休憩は無くトイレは車内の狭いトイレを使用手を洗うことは出来ませんし手拭用のウェットティッシュが有るように書かれていましたが見当たらずトイレを利用する可能性のある方はウェットティッシュの持参をお勧めしますJR

    neoおやじ

    北海道釧路発 neoおやじの日々

  • 5位

    ローマ帝国の大迫害とキリシタン大殉教の類似要因

    歴史は、後ろ盾のない宗教は迫害された事実を伝える 《島嶼独立国家・日本 -グローバリズムと戦う日本文明論- 5》 永田正治 (Masaharu Nagata ) ●はじめに 前回、世界の宗教受容は、帝国の力によって達成された場合が多かったと論じました。島嶼独立国家・日本は、帝国の力が及ばない国でした。しかし、仏教、儒教、キリスト教を受容しました。日本は、宗教を、帝国の力でなく、日本人の力によって受容したのです。そこには、高度な世界宗教の価値を認められる思想性、精神性と、既存宗教の激しい反対を押し切って導入した努力と苦難がありました。日本の世界宗教受容は、主体的意思と行動によるものでした。しかし…

    世界平和戦略研究会

    サンクチュアリ通信BLOG・平和戦略

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

現在の順位 :30
close
現在の順位 :30