searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

国政

THEME help
国政
テーマ名
国政
テーマの詳細
国政に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。 国語作文教育研究所 http://www.miyagawa.tv
テーマ投稿数
7,172件
参加メンバー
228人
管理人
日刊ミヤガワ管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「国政」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「国政 政治ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

国政の記事

1件〜50件

  • バイデン大統領の行方―米上院の弾劾裁判に注目を
    2021/01/21 12:53
    バイデン大統領の行方―米上院の弾劾裁判に注目を

    2021年1月20日、混乱の内にようやくホワイトの執務室の椅子に座ったバイデン大統領。公式には‘大統領’ではあっても、内心、これを認めたくない国民も多いのではないかと思います。水面下における選挙結果容認派と否定派との分断とも言える状況を敏感に察してか、同大統領自身も、就任式の演説において‘民主主義の勝利’や‘国民の団結’を訴えています、しかしながら、これらの美辞麗句も、払拭し得ない不正選挙問題がある限り白々しく響くのみなのです。メディアでは、否定派を過激なトランプ支持者や狂信者のように報じていますが、分断が起きているのは一般国民の間でのことです。これは、バイデン大統領が演説で国民の団結を訴えている点において、むしろこれを証明しています。極少数の過激派であれば、分断の克服ではなく、テロリストや過激派との闘いを訴え...バイデン大統領の行方―米上院の弾劾裁判に注目を

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 日本国も‘デジタル・ディストピア’に?-ワクチン接種をめぐる政府の動き
    2021/01/20 11:14
    日本国も‘デジタル・ディストピア’に?-ワクチン接種をめぐる政府の動き

    ワクチンの接種をめぐる政府の動きは、何処となく不審者のように国民の目には映ります。何故ならば、ここ数日、政府は、ワクチン接種に向けて慌ただしい動きを見せており、突如としてワクチン相なるポストまで新設しているのですから。突然の暴走は菅政権の特徴なのですが、その先には、‘デジタル・ディストピア’が待っているようにも思えます。ジョージ・オーウェルのディストピア小説、『1984年』には、テレスクリーンと呼ばれるテレビ型の監視カメラが主たる国民監視の手段として登場します。その一方で、同小説が執筆された時代よりも遥かにテクノロジーが発達し、個人の個体識別や位置情報までも収集し得る今日のITのレベルは、同小説を遥かに凌ぐディストピアを現実のものとする力を既に十分すぎるぐらいに備えています。‘デジタル・ディストピア’とは、デジ...日本国も‘デジタル・ディストピア’に?-ワクチン接種をめぐる政府の動き

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 短命に終わるであろう「菅内閣」
    2021/01/19 22:28
    短命に終わるであろう「菅内閣」

       通常国会がはじまり、コロナ特措法改正案を協議するそうだが、時短営業に従わない事業者に違反金を取ることが含まれるとのこと。  本気で言ってるの?     …

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • 2019年 死因と死亡数 死亡率 厚生労働省資料から
    2021/01/19 16:32
    2019年 死因と死亡数 死亡率 厚生労働省資料から

                  厚生労働省資料から    2019年の 死亡数 死亡率 死亡数は 138 万 1098 人で、前年の 136 万 2470 人より…

    1ROOさん

    卍1ROO 第?帝国卍

  • ‘ディープ・ステート’は‘ディープ思考’の結果では?
    2021/01/19 12:58
    ‘ディープ・ステート’は‘ディープ思考’の結果では?

    今般のアメリカ大統領選挙にあって、ネット上に頻繁に飛び交った言葉に‘ディープ・ステート’があります。‘ディープ・ステート’とは、政治の表舞台には現れず、陰にあってアメリカののみならず、全世界の諸国を操っている超国家的、かつ、邪悪な権力体とされています。Qアノンと称されている謎の情報発信体によれば、米民主党は‘ディープ・ステート’の配下にあり、トランプ大統領は、アメリカ国民のために同権力体に闘いを挑む‘正義の味方’という構図となります。ディープ・ステート論は、SNSやネットを介して瞬く間の間にアメリカ国民の間に広がり、日本国内でも拡散されていることから、今や、この言葉を知らないアメリカ国民の方が珍しいかもしれません。そして、かくも急速にディープ・ステート論が多くの人々の間で共有されるようになった理由は、おそらく、...‘ディープ・ステート’は‘ディープ思考’の結果では?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 仏リベラシオン紙記者が酷評 「菅首相は本当の記者会見をしたことがない、安倍前首相よりひどい」
    2021/01/18 22:37
  • コントロールされるアメリカメディア 客観的洞察力 
    2021/01/18 20:02
    コントロールされるアメリカメディア 客観的洞察力 

         ルイス・ファラカーン”Louis Farrakhan”   アメリカ帝国とそのメディア スイスポリシーリサーチ(SPR) 2017年7月The Am…

    1ROOさん

    卍1ROO 第?帝国卍

  • アメリカは‘民主党一党独裁体制’に移行する?
    2021/01/14 12:42
    アメリカは‘民主党一党独裁体制’に移行する?

    1月6日に首都ワシントンD.C.で発生した国会議事堂占拠事件を機に、アメリカでは、ツイッターやフェイスブックといった大手SNSをはじめ、IT大手が一斉にトランプ大統領やその支持者を自らのプラットフォームから追放するという暴挙に出ることとなりました。今日、SNSは、公共インフラの役割を担っていますし、大手メディアも民主党系列に属していますので、この行為によって、トランプ大統領もその支持者の人々も、事実上、言論空間から締め出されることを意味します。こうした排除行為は、民間企業による私的検閲、あるいは、政治介入として国際的にも批判を浴びていますが、メディアや大手IT企業を含む民主党陣営は、幾つかの重要な点で国民の基本的な自由と権利を奪っているように思えます。先ずもって挙げられますのが、言わずもがな、言論の自由を含む表...アメリカは‘民主党一党独裁体制’に移行する?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 【動画あり】憲法を「最高の芸術作品」と呼んだ… なかにし礼さんロングインタビュー
    2021/01/13 21:35
  • シュワルツェネッガー氏のスピーチは藪蛇では?
    2021/01/12 12:51
    シュワルツェネッガー氏のスピーチは藪蛇では?

    元カリフォルニア州知事にて俳優であるアーノルド・シュワルツェネッガー氏が、アメリカの国会議事堂占拠事件を受けて公開したスピーチ動画が関心を集めているようです。ハフポストの記事の見出しには、‘議会襲撃とナチス重ねたスピーチが胸を打つ’とあり、‘すべては嘘から始まった’とする同氏の主張を強調しています。しかしながら、トランプ大統領をアドルフ・ヒトラーに擬えたこのスピーチ、藪蛇になるのではないかと思うのです。同記事に対しては多数の人々からコメントが寄せられており、その大多数はスピーチの内容にいたく感動し、‘魂のこもった覚悟のスピーチ’や‘人の心に届く’といった表現で賛辞を贈っています。‘感動の嵐?’が吹く中に、本記事のような懐疑的な意見を書きますと、袋叩きに遭いそうなのですが、実のところ、巧みなスピーチによって人々の...シュワルツェネッガー氏のスピーチは藪蛇では?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 新型コロナウィルス感染の広がりに疑問を持つべき
    2021/01/11 16:32
    新型コロナウィルス感染の広がりに疑問を持つべき

     コロナパンデミックは、本当か? コロナ騒動の真相を探るアマゾンジャパン合同会社1,320円  この本はとても興味深い。皆さん、本当に新型コロナはウィルスは流…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • 国民と向き合わない米民主党
    2021/01/11 11:04
    国民と向き合わない米民主党

    アメリカ大統領選挙をめぐっては、目下、トランプ陣営がバイデン陣営側の不正選挙を民主主義、並びに、国家の安全を損なう行為として追及する一方で、バイデン陣営は、トランプ支持派とされる過激派集団による国会議事堂占拠事件を以って前者を激しく批判しています。憲法修正第25条の発動の検討に加え、下院では、11日にもトランプ大統領に対する弾劾裁判の手続きを開始するとも報じられていますが、こうした民主党のヒステリックな反応、並びに、政治的粛清を想起させる行動は、果たして、その多くが不正選挙を確信しているアメリカ国民を納得させることができるのでしょうか。昨日の記事でも書きましたように、問題の焦点は不正選挙にあります。不正選挙の有無がどちらに正義があるのかを決するのであり、民主党側の主張も、この点を明確にしない限り、誰をも納得させ...国民と向き合わない米民主党

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • あまりに酷い菅政権の国民軽視と権力の私物化-入国禁止問題
    2021/01/09 13:04
    あまりに酷い菅政権の国民軽視と権力の私物化-入国禁止問題

    新型コロナウイルスの急速な拡大を受けて、日本国政府は、GoToトラベルの停止と共に、海外からの入国者を原則禁止する措置をとることとしました。ところが、例外措置として、中国や韓国を含む11カ国からのビジネス関係の入国だけは認めるというのです。しかも、この特別措置、菅首相の強い意向が働いた、即ち、首相の‘鶴の一声’というのですから驚かされます。同措置が報じられますと、ネット上は騒然となり、批判の書き込みが殺到することになったのですが、おそらく、国民の凡そ全てが納得しないどころか、言い知れぬ怒りさえ覚えていることでしょう。緊急事態宣言の発令と時期が凡そ重なったため、営業時間の短縮や移動の自粛など、国民に我慢を強いる一方で、自らの地位や利権に関わる海外勢力に対して甘い菅首相の対応には、誰もが失望を禁じ得なかったのです。...あまりに酷い菅政権の国民軽視と権力の私物化-入国禁止問題

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 本当にやる気かよ「緊急事態宣言」
    2021/01/08 01:07
    本当にやる気かよ「緊急事態宣言」

     日本では、夜に新型コロナウィルスが活発になって流行するのでしょうか?政府は、飲食店や百貨店に時短営業を要請しました。午後8時以降の営業を中止のようですが、午…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • アメリカ大統領選挙―どちらが民主主義の破壊者なのか?
    2021/01/07 12:44
    アメリカ大統領選挙―どちらが民主主義の破壊者なのか?

    アメリカ大統領選挙は当選者確定の最終盤に至り、前代未聞の混乱に見舞われたようです。偏向が露呈してしまったメディアによる報道ですので、どこまでが正しい情報であるのかは分からないのですが、ペンス副大統領が、選挙結果の認定を拒否しない意向を示す、つまり、不正選挙を不問に付したことから、首都ワシントンD.C.に集まっていたトランプ支持者が騒然となり、その一部が国会議事堂に侵入し、女性一人が死亡するという事件に発展したそうです。同光景を見たバイデン氏は、テレビ演説ですかさずトランプ支持派の行為を‘反乱’として非難しています。相手陣営に‘過激派’を送り込み、敢えて違法行為をさせる、あるいは、挑発することで鎮圧や弾圧の口実を得るという手法は、政治闘争にあっては常套手段ですので、現段階ではどちらに非があるのかは判断のしようもあ...アメリカ大統領選挙―どちらが民主主義の破壊者なのか?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 自民党や共産党なんかよりもはるかに立派な人の話を聞いた!「日本人よ、諦めるな!」
    2021/01/06 20:55
    自民党や共産党なんかよりもはるかに立派な人の話を聞いた!「日本人よ、諦めるな!」

    素晴らしい話を聞いた!自民党や日本共産党、公明党、立憲民主党、国民民主党、れい...

    ドクダミ三郎

    ドクダミのかおり くさやのにおい

  • 10代の女性がコロナウイルス(中共ウイルス、武漢肺炎)の犠牲に!
    2021/01/06 20:55
    10代の女性がコロナウイルス(中共ウイルス、武漢肺炎)の犠牲に!

    日本共産党の仲間でもある中国共産党が独裁政治を行っている国から感染が拡大したコロ...

    ドクダミ三郎

    ドクダミのかおり くさやのにおい

  • 理解力の欠如が招く悲劇―チャイナ・リスクの根源
    2021/01/06 12:57
    理解力の欠如が招く悲劇―チャイナ・リスクの根源

    昨年、日本国の外務省は、秘密指定の解除により天安門事件に際しての日本国政府の一連の対応を記した公文書―‘天安門事件外交文書ファイル’―を公開しました。同文書は、中国、並びに、非人道的行為に対する当時の日本国政府の認識の甘さを改めて浮き彫りにしたのですが、今日、チャイナ・リスクが全世界を脅かしている原因は、自由主義国側の中国理解の浅さのみではないように思えます。より根本的な原因は、中国側の理解力の致命的な欠如に求めることができるのではないかと思うのです。報道によれば、同文書には、天安門事件時における自由主義国諸国の動きも記録していたようです。中でも注目されたのが、当時のマーガレット・サッシャ―首相の発言です。同年9月14日、駐英日本大使館での夕食会の席で「鄧小平は英政府も法律の下にあることをどうしても理解せず、国...理解力の欠如が招く悲劇―チャイナ・リスクの根源

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 1月6日 アメリカで何かが起こる
    2021/01/06 11:27
    1月6日 アメリカで何かが起こる

       アメリカの大統領選は、今この瞬間も激しい攻防が続いています。しかしメディアでは、何がおこっているのかもあまり取り上げずすでにバイデン大統領が誕生すること…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • ‘人類の進化’と‘AIの進化’のパラドクス
    2021/01/05 13:08
    ‘人類の進化’と‘AIの進化’のパラドクス

    今日、ディープラーニングの出現により、自己判断能力を備えるようになったAI。人間の情報処理能力を遥かに凌駕するAIの登場により、将来、知力を要する仕事をしてきた多くの人々が職を奪われるとさえ予測されています。今日の人類は、シンギュラリティの時代の入り口に立っている観がありますが、AIは、人類の知的進化の証として歓迎される向きもあります。高度で先端的な科学技術を発展させ、遂にAIを生み出した人類の優れた知性こそ称賛されるべきとして…。しかしながら、‘人類の進化’、とりわけ、知性の進化という側面からしますと、AIの誕生とその汎用化は、逆の方向へと作用する可能性もないわけではありません。何故ならば、知力を要する作業を全てAIに任せてしまうとしますと、人類は、自らの知性を進化させる環境を失ってしまうからです。‘適者生存...‘人類の進化’と‘AIの進化’のパラドクス

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 今年もよろしくお願いします。
    2021/01/05 01:22
    今年もよろしくお願いします。

      あけましておめでとうございます。 穏やかな1年になればと願いますが、そうもいかないようです。          その理由は・・・ 元旦のこの様子をみれば明…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • トランプ大統領の選挙結果改竄要求の真偽
    2021/01/04 12:42
    トランプ大統領の選挙結果改竄要求の真偽

    今年は、昨年に引き続きマスメディアの世論誘導や情報の信頼性が人々の主要な関心事となりそうです。本日も、新年早々、海の向こうから、トランプ米大統領が選挙結果を改竄するよう要求したとする驚くべきニュースが飛び込んできました。何故、‘驚くべき’なのかと申しますと、これまで、不正選挙を糾弾されてきたのは、バイデン米民主党陣営であったからです。果たしてこの情報、信じることができるのでしょうか。少なくとも昨年の暮れの時点では、バイデン陣営は追い詰められた状況にありました。マスメディアの大多数が、バイデン氏の次期大統領就任を既定路線として報じながらも、実際には、米民主党側は、トランプ陣営から不正選挙の動かぬ証拠を突き付けられていたからです。つまり、不正選挙疑惑の有無よりも、人々の関心は、トランプ大統領が強硬措置を以ってしても...トランプ大統領の選挙結果改竄要求の真偽

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • アメリカの不正選挙問題と地球温暖化問題の共通点
    2020/12/31 12:33
    アメリカの不正選挙問題と地球温暖化問題の共通点

    今般のアメリカ大統領選挙は、遂に不正選挙問題が明るみにされた点において、歴史の転換点ともなり得る程のインパクトがあります。実のところ、過去にも不正選挙がなかったわけではないそうなのですが、今回の選挙では、中国、並びに、‘ディープ・ステート’と称されてきた陰謀組織の存在までが不正シンジケートとして取沙汰されています。そして、おそらく二千年を越えて歴史の裏舞台で暗躍してきた裏組織が、陰謀論の域を越えて表舞台に浮かび上がってきたからこそ、今日、人類は、歴史の転換点に直面しているとも言えましょう。そして、この裏組織が操ってきたのは、アメリカの大統領選挙のみではないのでしょう。不正手段として指摘されているドミニオン社やスマートマティック社等の電子投票・開票機器は、アメリカの州のみならず、他の諸国でも採用されています(フラ...アメリカの不正選挙問題と地球温暖化問題の共通点

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 菅政権のNHK改革の真の目的は?
    2020/12/30 13:24
    菅政権のNHK改革の真の目的は?

    菅政権発足当初、携帯料金の値下げと並んで国民受けの良い政策として打ち出したのが、NHK改革でした。しかしながら、同政策については、携帯料金の値下げほどにの熱意は見られず、どこか、有耶無耶にされそうな気配が漂っています。NHKは、公共放送として特別の地位が与えられ、広告料に頼る他の民放各社とは異なり、受信料強制徴収システムによって運営されています。ところが、この受信料、今年10月にわずかに値下げされたといえ、年間地上契約で凡そ14000円、衛生契約で24000円ほどのままです。一律料金であるため、所得が低いほどに家計の負担が重くなります。それでも、NHKの放送が国民の生活に必要不可欠であり、しかも、無駄なく運営されているのであれば、国民も納得するのでしょう。しかしながら、現実は、野放図な事業拡大、政治的偏向、フェ...菅政権のNHK改革の真の目的は?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 現代に蘇るチンギス・ハーンの恐怖
    2020/12/29 12:32
    現代に蘇るチンギス・ハーンの恐怖

    本日のネット上のニュースで目を引いたのは、‘バラク・オバマ「私はドナルド・トランプよりチンギス・ハーンに敬意を抱いている」’というタイトルの記事です。何故ならば、中国の軍事大国としての台頭、並びに、グローバル金融財閥組織の暗躍を前にして、現代という時代にあって‘チンギス・ハーン’が蘇る兆候が散見されるからです。同記事は、日本国内ではCourrierJaponが報じていますが、元となる記事はアメリカの「アトランティック」誌がインタヴュー記事として掲載したもののようです。何れにしましても、オバマ氏の世界観や価値観が語られているのですが、同氏がチンギス・ハーンに敬意を抱いているとしますと、それは、先述した‘モンゴル帝国復活’の兆しを裏付けるように感じたからです。同記事の冒頭には、「与えられた選択肢は二つでした。『いま...現代に蘇るチンギス・ハーンの恐怖

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • デジタル庁は中国による日本支配のツール?―平井大臣のファウェイ問題
    2020/12/28 12:36
    デジタル庁は中国による日本支配のツール?―平井大臣のファウェイ問題

    菅政権は、発足と同時に行政のデジタル化を政権の基本方針に据え、デジタル庁の新設を打ち出しました。国民に対しては、諸外国との比較から日本国の行政における遅れを指摘し、早急にデジタル化を実現すべきと訴えたのですが、デジタル化が国民の情報収集を伴う点を考慮しますと、菅政権のデジタル化を急ぐ姿勢の背景には、国民への説明とは全く違う‘目的’が隠されているのかもしれません。この疑惑を深めたのが、昨日、12月27日に俄かにネット上において騒ぎを起こすこととなった平井卓也デジタル改革担当大臣に関するウィキペディアの情報です。同日付のウィキペディアにおいて、同大臣は「Huaweiファン、Huaweiシステムを高く評価、デジタル庁に導入したい」と語ったと記されていたからです。ファウェイと言えば、同社製品にバックドアが仕組まれている...デジタル庁は中国による日本支配のツール?―平井大臣のファウェイ問題

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • トヨタ社長、菅総理とセクシー小泉大臣を批判
    2020/12/28 00:54
    トヨタ社長、菅総理とセクシー小泉大臣を批判

     菅総理が、所信表明演説で2050年までに「温室効果ガスの排出ゼロにする」と大風呂敷を広げた。  (10月26日 臨時国会で所信表明演説を行う菅総理) 「カー…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • 中国の国防法改正は国際法違反
    2020/12/27 13:08
    中国の国防法改正は国際法違反

    中国は、今般、11年ぶりに国防法を改正し、2021年1月1日から施行するそうです。既に習近平国家主席による署名も全国人民代表会議における可決承認の手続きも済ませており、そのスピード感には驚かされます。そして、同法の改正において何よりも驚愕させられるのは、そのあまりにも酷過ぎる内容です。同法の改正にあって特に注目すべきは、‘発展的利益’という表現の出現です。これまで同国が人民解放軍の軍事行動の対象としてきたのは主として国家主権、並びに、領域でした。しばしば‘核心的利益’という言葉も用いられては来ましたが、その言葉が曖昧な故に、明確に侵略を意味すると断定するには至っていなかったのです。しかしながら、今般の改正案には、従来にはない‘発展的利益’という言葉の使用によって、同国の侵略性が明示されています。‘発展’という言...中国の国防法改正は国際法違反

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 変質するヨーロッパに注意を
    2020/12/26 12:28
    変質するヨーロッパに注意を

    地球環境問題の発祥地は、ヨーロッパと言っても過言ではないかもしれません。同地こそ、最も熱心に環境問題に取り組んできた歴史があります。そして、この地が近代という時代の源流であり、かつ、先進国が集まる地であったからこそ、日本国もまた、今なお同地を見習うべきモデルとして仰ぎ見ているのかもしれません。実際に、菅首相による温暖化ガス実質ゼロ目標の公表も、ドイツやイギリスといった世界に先駆けて脱炭素化を進めてきた諸国に追随したためとされています。しかしながら、民主主義、自由、法の支配といった人類普遍とされる諸価値を原則として掲げ、かつ、制度化してきたヨーロッパ諸国の変質についても、注意深く観察すべき時期に至っているように思えます。その理由は、冷戦の終焉は、必ずしも旧社会・共産主義国の民主化、並びに、自由化を意味せず、むしろ...変質するヨーロッパに注意を

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • メディアはなぜ新型コロナを煽るのか?
    2020/12/26 00:56
    メディアはなぜ新型コロナを煽るのか?

       普段は殆ど、地上波のテレビを見ないのだが出先で、たまたま見たNHKで 「感染者が過去最高」「兵庫県の1日の死者も過去最高の15人」 と深刻な趣でアナウン…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • 地球温暖化革命?―‘理想’の破壊力に注意を
    2020/12/25 17:50
    地球温暖化革命?―‘理想’の破壊力に注意を

    地球温暖化問題には、‘地球温暖化詐欺’という疑惑が、影の如くに常に付きまとっています。この芳しくない表現は、地球温暖化の原因が未だに科学的に証明されていないことに由来します。むしろ、政治的、あるいは、経済的な理由から、地球温暖化二酸化炭素説が‘定説化’されている嫌いがあるからです。その一方で、温暖化を防止して‘地球を救おう’という分かりやすいアピールは、一般の人々からは好感を持たれやすく、多くの人々が、人類は、手を取り合って地球温暖化防止に取り組まなければならないと信じるようになったのです。とりわけ先進国が密集するヨーロッパにおいては、真っ先に温暖化ガス排出量ゼロ目標が掲げられ、日本国の菅政権も、‘バスに乗り遅れるな’方式で同潮流に加わることとなりました。しかしながら、地球温暖化の領域にあって最もそれを推進して...地球温暖化革命?―‘理想’の破壊力に注意を

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 地球温暖化問題と軍事力との関係は?
    2020/12/24 13:57
    地球温暖化問題と軍事力との関係は?

    地球温暖化問題と申しますと、国際協力を要する平和的な問題領域として扱われています。このため、地球環境問題と軍事力との関係が人々の関心を集めたり、メディア等にあって盛んに論じられることもないのですが、石油というものが‘戦略物資’である点を考慮しますと、この側面も無視できないように思えます。歴史を振り返りますと、日米開戦のきっかけは石油禁輸措置でしたし、今日にあっても、北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止する制裁措置として、国際社会は国連決議を以って石油禁輸に踏み出しています。温暖化ガスを排出しない社会とは、脱炭素社会、あるいは、カーボンニュートラルとも称されています。つまり、燃焼に際して二酸化炭素を排出する石油、石炭、天然ガスといった化石燃料は、全て規制の対象となるのです。もっとも、燃焼や製造過程で二酸化炭素を排出して...地球温暖化問題と軍事力との関係は?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 1月20日までアメリカ大統領は決まらない
    2020/12/23 23:02
    1月20日までアメリカ大統領は決まらない

     産経新聞他、日本のメディアは12月14日の選挙人投票で一斉に「バイデン氏が次期大統領に決まりました。」といった報道をしました。しかし、ホワイトハウスで開票さ…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • アメリカ大統領選挙をめぐる日本の保守批判への反論
    2020/12/23 12:28
    アメリカ大統領選挙をめぐる日本の保守批判への反論

    普段は多様性や多様な意見の尊重を謳いながら、マスメディアは、殊アメリカ大統領選挙に関してはバイデン陣営擁護一色です。ピーター・ナヴァロ大統領補佐官によって報告書も提出され、不正行為の存在がほぼ確実視されてはいるにも拘わらず…。そして、何故か、日本国内では、バイデン陣営側を非難してきた保守派の人々に対する批判が止まないのです。日本国内では、あたかもアメリカでのトランプ派対バイデン派の対立構図がそのまま再現されているかのようなのですが、保守派であれ、何であれ、不正を働いた側が批判を受けるのは当然のことです。他の問題領域であれば、マスメディアも政治腐敗や不正追及の急先鋒に立ったはずです。この点からすれば、疑惑が持ち上がった段階からバイデン陣営が批判に晒されるのは致し方がなく、不正行為に目を瞑ろうとする行為こそ‘不正’...アメリカ大統領選挙をめぐる日本の保守批判への反論

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 菅首相の民主主義論は中国の弁明?
    2020/12/22 13:48
    菅首相の民主主義論は中国の弁明?

    菅首相は、日経新聞が主催した「アジアの価値観と民主主義」をテーマとするシンポジウムにおいて、自らの民主主義観を語ったと報じられております。それは、アジア諸国の多様性を強調した上で、民主化の速度はゆっくりでよいとも解される見解であったそうです。中国のように民主主義を目の敵にするような発言ではなかったものの、同首相の危うい民主主義観が覗えるのです。第一に挙げられるのは、同首相は、どちらかと言えば過去の歴史において、アジア諸国に民主主義が存在し、今日に至るまでの間に連続的に発展してきたかのような認識を示している点です。その根拠として、仏教やヒンズー教の慈悲、儒教の仁、イスラム教の寛容、そして、日本国の和の精神を挙げていますが、政治の分野にあっては、儒教はむしろ位階秩序や権威主義体制を助長してきた側面もありますし、『コ...菅首相の民主主義論は中国の弁明?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 「PCR検査は ウイルス全体ではなくウイルス粒子を検出する」グローバルリサーチ
    2020/12/22 04:04
    「PCR検査は ウイルス全体ではなくウイルス粒子を検出する」グローバルリサーチ

                       2020/12/17 速報    このニュースで言う関係者とは一体何”または誰”を指しているのでしょうか。  そこを明か…

    1ROOさん

    卍1ROO 第?帝国卍

  • 敵基地攻撃能力を先延ばしにする菅内閣
    2020/12/21 20:50
    敵基地攻撃能力を先延ばしにする菅内閣

    菅内閣は安倍政権を「継承する」と言っていたが、ことごとくその路線から外れている。その一例が、この敵基地攻撃能力の議論である。  (12月18日 産経新聞より)…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • 地球温暖化問題は中国の‘戦略物資作戦’の一環では?
    2020/12/21 18:44
    地球温暖化問題は中国の‘戦略物資作戦’の一環では?

    地球温暖化問題については、欧州諸国をはじめとして大胆な目標設定が続いています。日本国でも菅首相が突然に「50年実質ゼロ」目標を掲げ、各省庁とも同目標を実現すべく様々な対策を打ち出しています。二酸化炭素犯人説そのものが怪しいため、わき目も降らずに行き急ぐ様はあたかも狂信者のようにも見えてくるのですが、世界的潮流ともなっているゼロの目標設定を冷静に観察しますと、この流れ、中国の‘戦略物資作戦’の一環である可能性も否定できないように思えます。かつて、鄧小平氏は、「中東に石油があれば中国にはレアアースあり」と述べ、レアメタルの一大産出国である同国こそ、世界において優越的な地位を占めると言い放っていました。この予言をめぐっては、中国によるレアメタルの輸出規制措置が目論見通りには成果を挙げず、一時は‘外れた’と見なされたの...地球温暖化問題は中国の‘戦略物資作戦’の一環では?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 中国との‘覚書方式’はやめるべきでは?
    2020/12/20 12:27
    中国との‘覚書方式’はやめるべきでは?

    日中の経済関係は、1978年8月における日中友好平和条約の締結に伴う国交樹立以来、奇妙な関係が続いています。そもそも、日米貿易協定のような二国間の通商協定が存在していないのです。中国が改革下方路線に舵を切った後、暫くの間は日本国側が中国に対してODA等を介して一方的に経済支援を行う関係にありましたが、やがて中国は急速な経済成長を遂げます。そして、同国がWTOに加盟したのを機に、同枠組みにあって最恵国待遇が自動的に与えられたまま今日に至っているのです。このため、安価な中国製品が、大量に日本国内に流入することとにもなりました。冷戦期にあって東側陣営にあり、かつ、冷戦崩壊後も共産主義体制を維持してきた中国という国家を考慮すれば、自由主義国である日本国は警戒心を以って規制強化を試みこそすれ、本来、経済関係を深めるべき相...中国との‘覚書方式’はやめるべきでは?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 学校でのいじめをなくすためには、こんなセンコウを教壇から追放せよ!
    2020/12/19 22:09
    学校でのいじめをなくすためには、こんなセンコウを教壇から追放せよ!

    学校でのいじめが右肩上がりだって?これは大問題ですね。その対策として、学校に...

    ドクダミ三郎

    ドクダミのかおり くさやのにおい

  • WHOが大嘘!大捏造!「コロナウイルス(中共肺炎)は武漢で発見されただけで、世界中に分布していた」だって!?
    2020/12/19 22:09
    WHOが大嘘!大捏造!「コロナウイルス(中共肺炎)は武漢で発見されただけで、世界中に分布していた」だって!?

    WHOは中国に買収されているのでしょうか?中国の軍門に下ったのでしょうか?中...

    ドクダミ三郎

    ドクダミのかおり くさやのにおい

  • 地球環境問題が民主主義を壊す?
    2020/12/19 13:26
    地球環境問題が民主主義を壊す?

    リベラル派は、殊更に地球環境問題に対しては熱心です。否、新型コロナウイルス禍が一段落すれば、同問題を最優先の課題に据えることでしょう。アメリカ大統領選挙で勝利を宣言したバイデン氏は、早々にジョン・ケリー元国務長官を、新設を予定している気候変動問題担当特使のポストに指名しています(もっとも、実現するかどうかは不明…)。こうした異常なまでの地球環境問題への肩入れは全世界的な現象であり、日本国でも、菅首相が、就任後初の所信表明演説にあって唐突に2050年温暖化ガスゼロ目標を打ち上げています。地球環境問題は、全人類の生存に関わりますので、全ての人が異議なく支持すべき‘何か善いこと’のように聞こえます。しかしながら、同問題には、経済分野におけるマイナス影響のみなならず、政治分野にあっても民主主義を壊しかねない破壊力がある...地球環境問題が民主主義を壊す?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 嘘の多い世の中 WHO 豚インフルエンザ詐欺"2009年"
    2020/12/18 20:08
    嘘の多い世の中 WHO 豚インフルエンザ詐欺"2009年"

        兎に角嘘の多い世の中である。   ただ常にある、めづらしくも無い事のままに心得れば、万事、間違えることは無い。  吉田兼好 ”徒然草”     政治的…

    1ROOさん

    卍1ROO 第?帝国卍

  • 社外取締役はグローバリストの‘罠’では?
    2020/12/17 13:10
    社外取締役はグローバリストの‘罠’では?

    今日のグローバリズムは、単なる世界レベルでの市場統合以上の意味を持ちつつあるように思えます。それは、急激なリベラル方向での画一化です。しかも、アメリカ大統領選挙のみならず、日本国政府の動きとも連動しているように見えます。つまり、今日のグローバリストとは、強い政治性、あるいは、社会改造性を帯びているのです。本日の日経新聞の朝刊一面にも、金融庁や東京証券取引所が検討している企業統治に関する指針の改定に伴う課題として、社外取締役の問題を報じていました。同記事によりますと、仮に、原案通りに新たな指針が決定された場合、社外取締役には1000人ほどの不足が生じるそうです。主たる問題点として人材不足や兼任の是非等に焦点が当てられているのですが、より深刻な問題が潜んでいるように思えます。それは、同指針は、明らかに企業版アファー...社外取締役はグローバリストの‘罠’では?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • バイデン氏ではアメリカは纏まらない
    2020/12/15 12:54
    バイデン氏ではアメリカは纏まらない

    アメリカでは、予定通りに12月14日に各州が選出した選挙人による投票が実施され、バイデン氏が過半数を獲得したそうです。マスメディアでは、‘事実上’という形容詞を付しながらも、バイデン氏の当選が確定したかのように報じています。トランプ大統領は法廷闘争の継続を表明しておりますので、同投票を以って確定したわけではないのですが、これと同時に、バイデン氏に対しては、大統領就任後においてアメリカを纏める役割を期待する声も聞かれます。‘分断したアメリカを一つに’という…。しかしながら、この期待は、望み薄なのではないかと思うのです。第一に、今般の選挙にあって不正が行われたことは、アメリカ国民の大半が事実であると認識している点です。バイデン氏の勝利は、いわば、‘MightisRight’あるいは‘勝てば官軍’であり、投票数におい...バイデン氏ではアメリカは纏まらない

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 眞子さまと小室圭氏のご結婚問題に関する伊吹文明元衆議院議長の発言:ノブレス・オブリージュ
    2020/12/15 07:46
    眞子さまと小室圭氏のご結婚問題に関する伊吹文明元衆議院議長の発言:ノブレス・オブリージュ

    伊吹文明元衆議院議長は、ポピュリズムに流されず、国民から不人気になるようなことも敢えて発言する保守政治家で、「体罰全否定しては教育はできない」と発言して(平成25年(2013年)2月9日付各報道)して物議をかもしたことがあります。★★★ ★★★その伊吹文明元衆議院議長が、眞子さまと小室圭氏のご結婚問題に関し発言していました(令和2年(2020年)12月3日付各報道)。その報道の一部を引用すると以下の通り...

    カツQ

    「東京散歩」と「踏ん張り投資」

  • 温暖化ガス50年ゼロが強いる国民負担
    2020/12/13 12:42
    温暖化ガス50年ゼロが強いる国民負担

    日本国の菅首相が所信表明演説で公表した2050年温暖化ガス排出実質ゼロ目標は、早くも法整備の段階に入ったようです。もっとも、法の制定に先立っては国会での審議を擁しますので、オープンな議論がなされるという意味においては望ましいことかもしれません。また、同目標は、自民党、並びに、政治家個人が国政選挙に際して公約として掲げたわけではなく、首相の一存で突然に表明されていますので、法案の提出は、総選挙後とした方が、国民にとりましてはさらに望ましいということになりましょう。‘ゼロ目標’につきましては、二酸化炭素の排出量の規制強化という観点から、まずは、火力発電の転換や対処が迫られるエネルギー問題として注目されています。しかしながら、燃焼によって二酸化炭素が排出される以上、ゼロ目標の影響は、国民生活にも直接的に及びます。例え...温暖化ガス50年ゼロが強いる国民負担

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • トランプの逆襲が形になってきた
    2020/12/12 19:39
    トランプの逆襲が形になってきた

    日本国内でのアメリカ大統領選の行方は、「バイデン」候補が既に大統領になったかのようなメディアの扱いだ。                     (12月9日 …

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • 現代版の独立戦争と南北戦争が同時に発生したアメリカ?-その2
    2020/12/12 12:54
    現代版の独立戦争と南北戦争が同時に発生したアメリカ?-その2

    今日のアメリカは、あたかも現代版独立戦争を戦っているかのようです。その一方で、独立戦争のみならず、アメリカは、南北戦争をも同時に闘っているように見えます。もちろん、現代版にあっては、両戦争とも、戦場ではなく法廷において知性と理性を以って闘われているのですが、対立の構図を見ますと、今日の大統領選挙には過去の二つの戦争と重なってくるのです。それでは、今日の大統領選挙は、どのような意味で南北戦争と共通しているのでしょうか。先ず第1に挙げられますのが、州が他の州を訴えるという州間対立に至っている点です。今般、米テキサス州のパクストン司法長官は、連邦最高裁判所に対してジョージア州、ミシガン州、ペンシルべニア州、ウィスコンシン州の4州を訴えています。現時点にあって17州がテキサス州の訴訟に賛同する一方で、ロイター社はワシン...現代版の独立戦争と南北戦争が同時に発生したアメリカ?-その2

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 現代版独立戦争と南北戦争が同時発生したアメリカ?-その1
    2020/12/11 12:39
    現代版独立戦争と南北戦争が同時発生したアメリカ?-その1

    今般のアメリカの大統領選挙は、1年前には誰もが予想すらしなかった驚くべき展開を見せています。今日に至るまでの経緯、並びに、その背後勢力を観察しますと、現代という時代を舞台にして、あたかも独立戦争と南北戦争が同時に起きているかのようなのです。‘現代版独立戦争’とみなす理由は、今般の不正選挙問題は、アメリカの国家としての独立がかかっているからです。日本国のマスメディアでは黙殺されていますが、米民主党の背景には海外勢力が潜んでいます。その筆頭に挙げられているが中国であり、同国は、ハンター・バイデン氏のみならず、民主共和両党を問わず、アメリカ政治の中枢部を潤沢なチャイナ・マネーを以って操ってきました。末期には反中方向に転じたとはいえ、オバマ政権時代におけるアメリカの対中政策の多くは中国の意向に沿ったものであったことは想...現代版独立戦争と南北戦争が同時発生したアメリカ?-その1

    倉西雅子

    万国時事周覧

カテゴリー一覧
商用