searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

アメリカ政治&日米・大西洋同盟

THEME help
アメリカ政治&日米・大西洋同盟
テーマ名
アメリカ政治&日米・大西洋同盟
テーマの詳細
アメリカの内政から外交の全て。さらに日米同盟を基盤とした日本外交、そしてアメリカ外交の中軸となる大西洋同盟について。パックス・アメリカーナの重要なパートナーとして日本とヨーロッパはどのように世界運営に参画すべきか? 保守もリベラルも参加歓迎! NATO諸国に関するTBも歓迎!
テーマ投稿数
2,155件
参加メンバー
91人
管理人
Σ・亜歴管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「アメリカ政治&日米・大西洋同盟」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「アメリカ政治&日米・大西洋同盟 政治ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

アメリカ政治&日米・大西洋同盟の記事

1件〜50件

  • 第3次世界大戦は’3次元戦争’?
    2021/06/14 12:34
    第3次世界大戦は’3次元戦争’?

    戦争というものは、古来、国家と国家との間の戦いというイメージが染み付いています。このため、戦争の背景を分析するに際しても、その観察者の視点は、主としてどの様な対立要因や背景があって両国がぶつかるに至ったのか、という点にあります。両国間、あるいは、同盟関係による両陣営間にあって複雑に絡まった利害関係を解き明かせば、戦争の要因も特定できると信じられてきたのです。実際に、二国間の戦争であれ、陣営対立となった戦争であれ、その殆どは国家間の戦争と見なされ、歴史の教科書にあっても、当事者はいずれも’国家’に限られています。戦争を国益の衝突の力による解決として見なす場合、戦争とは、平面上、即ち、二次元の空間で行われる行為と見立てることができます。しかしながら、この国家を中心とした戦争観、本当に実際の戦争の要因を解き明かしてい...第3次世界大戦は’3次元戦争’?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 日常生活から感じること
    2021/06/12 07:06
    日常生活から感じること

    さて初回に書いたことは警察とマイノリティーの関係ですが、それ以外でも。プロバスケットボールのNBAやプロフットボールのNFLなどで活躍する黒人選手が自分の高級外車に乗って運転していたら、「黒人がこんな豪華な車を運転しているなんておかしい」という理不尽な理由で警察官に止められたり、高級住宅地のセキュリティーが、新しく引っ越してきた元NFLの有名黒人選手を不審に思い引っ越してきた初日に警察に連絡をしたり。あのNBAのスーパースターのレブロン・ジェームスでさえも、2017年に家の門の所に黒人を差別する言葉(一般的にいうNワード)を書かれたりもしていました。 日常生活では? 私の実体験 ポートランド …

    Portlander

    【アメリカの今】アメリカという国

  • 二階幹事長の「インド・太平洋議連」設立を推理する
    2021/06/11 12:26
    二階幹事長の「インド・太平洋議連」設立を推理する

    今日、日本国の政界では極めて奇妙な現象が起きています。それは、親中派の’ドン’として知られる二階俊博自民党幹事長が自ら中国包囲網とされてきた「自由で開かれたインド太平洋」の実現を目指す議連を設立したというのです。中国の視点から見ますと’寝返り’ということになるのですが、二階幹事長の行動は、一体、何を意味するのでしょうか。第一に推測されるのは、二階幹事長が、文字通り中国からアメリカに鞍替えしたというものです。海千山千の政界を生きてきた同幹事長のことですから、政治的臭覚は人一倍であるはずです。また、中国との関係が親密であることから、一般の日本国民はおろか、政治家でさえ知らない中国政府、あるいは、中国共産党の内部情報をも入手し得る立場にあることでしょう。政権与党の幹事長として知り得たアメリカ側の情報を勘案し、米中対立...二階幹事長の「インド・太平洋議連」設立を推理する

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ジョージ・フロイド氏殺害容疑に対しての求刑
    2021/06/04 15:08
    ジョージ・フロイド氏殺害容疑に対しての求刑

    いやぁ、6月1日と2日、ポートランドは暑かった。1日の最高気温は35度で、2日が33度。で、本日3日が28度。wikipediaによると6月のポートランドの平均気温は最高が24度で最低が11度です。1日と2日のあまりの暑さにクーラーを今年初めて使いました。で今日は夜ご飯を7時に食べ、キッチンを片づけて8時から映画でも見ようと思っていたのですが、予定を変更して1時間ほど外を散歩してきました。歩いた距離は3mile(4.8km)。気温も20度で風もあり、とても快適。これは散歩途中に撮った写真です。8時過ぎですが、まだまだ明るいです。 さて今日はジョージ・フロイド氏の事件の続報です。昨年5月にフロイ…

    Portlander

    【アメリカの今】アメリカという国

  • アメリカの日焼け止めから発ガン性
    2021/06/03 12:34
    アメリカの日焼け止めから発ガン性

    今日のブログは短いです。先日オンライン薬局のValisureが発売されている294の日焼け止めと日焼け後に使う商品の成分テストを行い、その結果78の商品から発ガン性のあるbenzene(ベンゼン)が見つかったと発表しました。そしてこの情報をFDAに通知しました。 こちらの12ページにあるTable 2.の部分にbenzeneが見つかった商品リストがかかれています。 Valisure-Citizen-Petition-on-Benzene-in-Sunscreen-and-After-sun-Care-Products-v9.7.pdf こちらはbenzeneが見つからなかった商品のリストです。…

    Portlander

    【アメリカの今】アメリカという国

  • ロードレイジ in US
    2021/05/29 00:43
    ロードレイジ in US

    日本のニュースでも報じられていましたが、カリフォルニア州ロサンゼルスで母親の車で学校に向かっていた6歳の子供がロードレイジの犠牲となり亡くなりました。この運転していた母親が割り込まれた相手に対し中指を立てて、それに対して発砲がありその銃弾がこの6歳の少年の背中に命中し犠牲となりました。 アメリカの日常 アメリカの自動車保険 アメリカの日常 アメリカで運転していると、身の危険を感じることが多々あります。ウィンカーを使わない人がとても多いのと、よく左右を確認せずに路線を変更してくる人がいます。あとは、自動車保険に全く入っていない人や、もちろんロードレイジも。クラクションを連打する人もいれば、中指を…

    Portlander

    【アメリカの今】アメリカという国

  • 陰謀の存在認定こそ最大のリスク管理では
    2021/05/28 12:32
    陰謀の存在認定こそ最大のリスク管理では

    武漢における新型コロナウイルス感染症の発生報告が報じられたその時から、同ウイルスは武漢ウイルス研究所漏洩したのではないかとする説が実しやかに囁かれるようになりました。’悪事は万里を走るが’如く、同説は世界大での拡散することとなったのですが、これに危機感を抱いたのか、いち早く野生動物起源説を主張した中国政府は、頑なに同説を否定し、その打ち消しに躍起となってきました。中国の打ち消し工作が功を奏してか、同国の息のかかったWHOも、遅ればせに現地調査を実施はしたものの、同説が事実である可能性は極めて低いとする見解を示すこととなり、起源をめぐる疑惑は、一旦は、幕が下ろされそうになったのです。ところが、ここに来まして、武漢ウイルス研究所起源説は、再燃の兆しを見せています。同調査結果を不満としたアメリカ政府は、真相を究明すべ...陰謀の存在認定こそ最大のリスク管理では

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 自分を白人だと思いたいアジア人
    2021/05/20 10:12
    自分を白人だと思いたいアジア人

    これから話す内容は正直に言うと、同じアメリカに住むアジア人として全く何をしてくれているんだ…と呆れました。そして他のアジア人のことを全く考えていない行動に怒りすら感じます。ましてやアジア人へのヘイトが増えている現在、こういう行動をするとは…。 カリフォルニアのCostcoにて 白人になりたい、もしくは白人だと思っているアジア人 こんなことを日常的にされ続けたら… カリフォルニアのCostcoにて Angie Changというロサンジェルス在住の女性。白人のボーイフレンドと一緒に訪れたCostcoでいきなり商品である洋服が置かれている場所に靴でそのまま上がり、アメリカの独立宣言を読み始めました。…

    Portlander

    【アメリカの今】アメリカという国

  • 何がバイデン外交のレッドラインとなるのか?
    2021/05/11 18:31
    何がバイデン外交のレッドラインとなるのか?

       先の記事では、マックス・ブート氏が中東でのアメリカの国益へのイラン...

    Σ・亜歴

    グローバル・アメリカン政論

  • 貿易決済通貨を考えないRCEP-’人民元圏’への道?
    2021/05/11 13:33
    貿易決済通貨を考えないRCEP-’人民元圏’への道?

    第二次世界大戦末期、1944年7月に、アメリカのブレトン・ウッズでは、連合国通貨金融会議が開かれました。自由貿易主義を基調とする戦後の国際経済体制の構築がテーマとなった同会議では、ブレトン・ウッズ協定が締結され、米ドルを基調とする固定為替相場制の採用が決定されたのです。以後、ニクソン・ショックを機に変動相場制へと移行するまで、ブレトン・ウッズ体制は、戦後の自由貿易主義を支えてきたのですが、同過程を観察しますと、今般のRCEP協定には、言い知れない不安が過ります。第二次世界大戦後の自由貿易体制の構築については、既に大西洋憲章において米英間で合意されていましたので、連合国諸国にあっては既定路線であったのでしょう。そして、何よりも注目すべきは、世界大で自由貿易体制を構築するためには、国際通貨体制の整備が不可欠であると...貿易決済通貨を考えないRCEP-’人民元圏’への道?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • バイデン外交に見られるバランス感覚
    2021/04/01 10:26
    バイデン外交に見られるバランス感覚

      国際社会はジョセフ・バイデン大統領がアメリカをドナルド・トランプ氏のア...

    Σ・亜歴

    グローバル・アメリカン政論

  • 集団免疫の’プラセボ’という選択
    2021/03/29 12:32
    集団免疫の’プラセボ’という選択

    人種間の摩擦が今なお社会問題として残るアメリカでは、ワクチン接種に際しても、白人層と黒人層との間には、著しい意識や行動の違いが見られるそうです。報道によりますと、新型コロナウイルスへの感染率や死亡率は黒人層の方が高いものの、ワクチン接種率は低いレベルに留まるというのです。ワクチン接種が始まった当初、医療保険制度の脆弱性から、低所得層ほど接種に積極的であると報じられていました。発症すれば高額の治療がかかりますが、ワクチンを打って予防すれば、治療費を心配しなくても済むからです。この説明に従えば、黒人層の方に低所得者が多いとされていますので、黒人層の接種率の方が高くなるはずです。しかしながら現実は逆であり、現時点では、両者の間では接種率に2倍ほどの差が生じているというのです(東部ペンシルバニア州で白人16%に対して黒...集団免疫の’プラセボ’という選択

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 中国・イラン25ヵ年協定が語る暗い未来
    2021/03/28 12:21
    中国・イラン25ヵ年協定が語る暗い未来

    発足間もないバイデン政権のイランに対する出方が未だに定まらない時期をチャンスと捉え、先手必勝をモットーとする中国は、イランに対して次の一手を打ってきたようです。自由主義諸国が対イラン制裁を継続している中、中国は、イランとの間に25年の期間を設定した二国間協定を締結したと報じられています。双方の交換条件からしますとバーター取引の観が強いのですが(もちろん、貿易決済通貨が人民元となり、将来的にはイランが’デジタル人民元圏’に取り込まれることにも…)、同協定から見えてくる未来は、決して明るいものではないように思えます。第一に、同協定により、中国は、今後、25年間の長期にわたってイランから低価格で同国産の石油や天然ガスの供給を受けるそうです。25年後と申しますと、今年が2021年ですので、同協定の効力はおよそ2046年...中国・イラン25ヵ年協定が語る暗い未来

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • アジア人差別問題-日本国は名誉の回復を
    2021/03/26 12:14
    アジア人差別問題-日本国は名誉の回復を

    新型コロナウイルスのパンデミックが武漢から始まり、かつ、同地のウイルス研究所に置いて開発されていた人工ウイルスの疑いも濃いことから、世界各国では反中感情が広がっています。ウイグル弾圧も多くの人々が知るところとなり、アメリカでは、中国人と間違われた日本人が襲撃される事件も発生しています。アジアの人々が中国の悪行の’巻き添え’になるという、忌々しき事態が起きているのです。この状態が続きますと、アジア人差別は激化する怖れもあります。とりわけ、ヨーロッパ諸国には、モンゴル軍の来襲により多大なる被害を被った歴史がありますので、もとより、アジア人に対する感情は芳しくはありません。かのノストラダムスも、この世の終わりとして’アングルモアの大王’の再来を予言しておりますので、西欧の人々は、その深層心理においてモンゴル人、あるい...アジア人差別問題-日本国は名誉の回復を

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 対中制裁は日本国民のコンセンサスでは―問われる日本国の人道主義と民主主義
    2021/03/23 12:37
    対中制裁は日本国民のコンセンサスでは―問われる日本国の人道主義と民主主義

    中国による残酷極まりないウイグル人弾圧に対して、アメリカに続き、EU、イギリス、そしてカナダも対中政制裁に踏み出すことを決定しました。ウイグル弾圧は、トランプ政権下にあって既にジェノサイドと認定されており、自由主義国にあって、この見解は共有されています。その一方で、同問題に対する日本国政府の煮え切らない態度は、日本国民に不安を与えています。日本国政府は、憲法第9条を逆手にとって未だにジェノサイド禁止条約への加盟も渋っており、世界に誇ったはずの’平和国家’の名も名折れの状況にあります。おそらく、二階俊博自民党幹事長を筆頭とする親中政治家による中国への忖度が主たる背景であることは、容易に想像されます。あるいは、ウイグル人の強制労働に関わったとして83のグローバル企業が国際人権NGOヒューマンライツ・ナウから名指して...対中制裁は日本国民のコンセンサスでは―問われる日本国の人道主義と民主主義

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ラムザイヤー論文に慄いたのは誰?
    2021/03/20 11:50
    ラムザイヤー論文に慄いたのは誰?

    昨年の12月、アメリカの経済専門誌である“InternationalReviewofLawandEconomics“に、ハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授の‘慰安婦’に関する論文が掲載されたそうです。同論文は、ゲーム理論を用いながら‘慰安婦’が契約に基づく職業人としての女性達であった実態を客観的に論じたものなのですが、‘慰安婦’を日本軍によって強制連行された‘奴隷’と見なしてきた韓国では強い反発が起きる一方で、日本国内では、海外にあって学問の場でようやく事実が事実として認められるようになったことに、安堵感が広がったのです。査読を経て掲載されたのが経済専門誌であったことが示すように、同論文は、’慰安婦’を職業の一つと見なして分析しています。実際に、慰安婦が職業の一つであったことは疑いようのない事実であり、日...ラムザイヤー論文に慄いたのは誰?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 世論調査は現実とは逆?
    2021/03/08 11:24
    世論調査は現実とは逆?

    アメリカの大統領選挙は、マスメディアの中立性、並びに、事実に対する誠実性に疑問を投げかけることとなりました。前々回の大統領選挙では、ヒラリー候補優勢とするメディアの予測に反してトランプ候補が当選しましたし(報道内容と現実が一致しない…)、今般の選挙では、メディアを’共犯者’とする不正選挙問題が持ち上がることとなりました(不正行為で現実を報道内容に一致させる…)。かくして、かつてのようにマスメディアの報道を誰もが信じなくなってきたのですが、世論調査の結果につきましても、要注意なように思えます。これまでのメディア、あるいは、ジャーナリズムの立ち位置とは、’社会悪を暴く正義’の味方であり、’社会の木鐸’とも称されてきました。一般民衆の側に立って悪しき権力や権威に対峙する頼もしい存在であり、それ故に、多くの人々は、マス...世論調査は現実とは逆?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 消えた習近平国家主席の謎
    2021/03/01 12:33
    消えた習近平国家主席の謎

    報道によりますと、日本国政府は、年内における中国の習近平国家主席の国賓来日を見送る方針なそうです。習主席の国賓来日の件は、安倍前政権において予定されていたものの、菅政権の成立により、人々の記憶から消えつつありました。そして、記憶から消えつつあるのは、国賓来日のみならず、習主席その人のようにも思えてきます。国賓来日を見送る理由として、日本国政府は、(1)尖閣諸島周辺領海における中国海警局の公船による領海侵入、(2)香港人やウイグル人に対する人権弾圧、(3)スパイ容疑による日本人の拘束、(4)福島県産の食品・農産物に対する輸入規制などが挙げられています。また、世論調査によりますと、日本国のおよそ80%の人々が中国に対して否定的ですので、歓迎ムードがゼロに近いことも一因しているのかもしれません。日本国民の大半は、’年...消えた習近平国家主席の謎

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 追求すべき尖閣諸島領有権確認訴訟の道
    2021/02/28 15:47
    追求すべき尖閣諸島領有権確認訴訟の道

    海警法の制定により、尖閣諸島周辺海域では、中国海警局の動きが活発化してきております。不測の事態に備えるべく、日本国政府も海上保安庁の巡視船等における武器使用の要件緩和に向けて動き始めました。こうした中、同盟国であるアメリカは、尖閣諸島の領有権に関する見解を二転三転させています。それでは、日本国政府は、アメリカの一連の動きをどのように理解すべきなのでしょうか。尖閣諸島に対する近年の諸政権におけるアメリカの立場は、およそ’日本国の施政権は認めるものの、主権の所在については立ち入らない’というものでした。とりわけ、歴代の民主党政権下にあってこの傾向が強かったのですが、バイデン政権が発足しますと、同政権は、’主権に関する日本国の主張を支持する’と表明し、アメリカもまた、尖閣諸島が日本国領であるとする立場に転じるのです。...追求すべき尖閣諸島領有権確認訴訟の道

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 平和主義者は中国製品をボイコットすべきでは?
    2021/02/26 12:36
    平和主義者は中国製品をボイコットすべきでは?

    戦後、日本国の左翼の人々は一貫して平和主義の立場から、憲法第9条を盾にとりつつ、日本国の防衛力強化に対して強硬に反対してきました。これらの人々の思考回路にあっては、攻撃力と防衛力の区別もなく、全ての軍事力は即戦争に転換されていたのでしょう。戦争とは、平和を踏みにじる行為に他なりませんので、この世に存在してはならないものとして、軍事力を目の敵としたのです。しかしながら、最近に至り、その目に余るダブル・スタンダードぶりが祟り、’平和主義者’の正体が国民の前に明らかになりつつあります。左翼の平和主義者たちのダブル・スタンダードは、今に始まったことではなく、共産主義=平和という構図が染み付いていたからなのでしょう。冷戦期にあっても、左翼の人々は、アメリカをはじめとした自由主義国の軍事力については激しく反発しても、ソ連邦...平和主義者は中国製品をボイコットすべきでは?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 日本経済から見た‘ワクチン戦略’の是非
    2021/02/18 12:51
    日本経済から見た‘ワクチン戦略’の是非

    昨日の日経新聞の記事によりますと(2月17日付朝刊第21面)、昨日から始まった日本国政府の‘ワクチン接種プロジェクト’は、国民の生命や健康のみならず、経済に対しても多大な影響を与える怖れがあるそうです。記事のタイトルは、「ワクチン調達円安の思惑」とあり、日本国政府による米英製薬会社からのワクチンの大量買い付けが、円売りドル買いによる円安を齎すというものです。為替レートへの影響が主たる関心事なのですが、同記事、日本国政府のワクチン戦略を根本的に問い直す可能性もないわけではないように思えます。その理由は、政府の計画通りに凡そ3億回分のワクチンが国民に接種されるとしますと、その総額は、凡そ3000億円から4000億円にも上るからです。同数字は、ファイザー製ワクチンの単価を日本円に換算して凡そ2000円として計算してい...日本経済から見た‘ワクチン戦略’の是非

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • EUは中国に‘買収’される?
    2021/02/16 12:59
    EUは中国に‘買収’される?

    欧州連合統計局の発表によりますと、EUの貿易相手国は、昨年、初めてアメリカを抜いて中国が第一位となったそうです。対中貿易総額は凡そ75兆円に達し、対米貿易額を4兆円ほど上回ったそうですが、今後ともこの傾向が続くとしますと、EUには、どのような未来が待っているのでしょうか。対中貿易の内訳を見ますと、EUから中国への輸出は、前年比で2.2%増加の約26兆円、逆方向の中国からEUへの輸出は、前年比で5.6%増の約49兆円となります。この数字は、対中貿易の貿易収支にあって、EU側が、大幅な貿易赤字を抱えている現状を示しています。輸出額は、輸入額の二分の一に過ぎないのですから。この状態は、かつて絹織物や香辛料といった希少なアジアの産物が取引された東方貿易にあって、ヨーロッパ側が金や銀の流出に悩んでいた時代を思い起こさせま...EUは中国に‘買収’される?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 米議会に「暴徒」を乱入させたトランプ大統領は悪なのか?
    2021/02/10 15:52
    米議会に「暴徒」を乱入させたトランプ大統領は悪なのか?

     悪人より善人が好ましい。 が、偽善者も悪人である。 悪人と偽善者なら、ただの悪人に同情する。 双方が悪人の場合は、善人ぶっているほうを憎みたい。 トランプ大統領は悪であろう。 が、バイデン次期大統領は偽善ではないか。 なのにメディアはトランプ大統領だけの悪を責め立てている。 バイデン次期大統領の「不正」については無視し続けている。 トランプ大統領が議場に乱入させたのは暴徒ではない。 デモに「不正...

    桜田史弥

    時事チップス

  • アメリカはいつから社会主義国になったのか?
    2021/02/10 15:52
    アメリカはいつから社会主義国になったのか?

     アメリカに民主主義はなくなった。 自由主義もなくなった。 資本主義もなくなった。「これからの時代は権威主義だ」 アメリカはコロナにイカれて社会主義への拒否反応がなくなってしまったのであろう。 米議会乱入事件の「被害者」は、主にトランプ側である。 事件の責任を問われるべきは、「加害者」のはずであろう。 バイデン次期大統領は、米大統領選の数々の不審点に口をつくんでいる。 メディアを使ってトランプ側を...

    桜田史弥

    時事チップス

  • なぜ米主要メディアは平然と偏向報道するのか?
    2021/02/10 15:52
    なぜ米主要メディアは平然と偏向報道するのか?

     天安門事件では、民主化を求めた学生や市民を中国軍が武力で弾圧した。 米議会乱入事件では、「選挙不正」に抗議したデモ隊を米警察が武力で弾圧した。 天安門事件では、米主要メディアは中国軍を非難しまくった。 当然であろう。 暴力は許されることではない。 暴力を振るった中国軍を非難し、暴力を振るわれた学生や市民に同情するのは当たり前である。 ところがである。 今回の米議会乱入事件では、米メディアは暴力を...

    桜田史弥

    時事チップス

  • 続・米議会に「暴徒」を乱入させたトランプ大統領は悪なのか?
    2021/02/10 15:52
    続・米議会に「暴徒」を乱入させたトランプ大統領は悪なのか?

     米議会乱入事件を米議会襲撃事件としているメディアには悪意がある。 議会に乱入した時点ではデモ隊であろう。 凶器を持っていたヤツ人は確認されていないのであろう。「武器を隠し持っていたかもしれない」 という憶測しかないのであろう。 少なくとも、最初に殺されたトランプ支持者のアシュリー・バビットさんは丸腰だったという。 他の犠牲者3名も同じような状況であろう。 3名の死因は疑わしいが、いずれも救護措置...

    桜田史弥

    時事チップス

  • 日米首脳(菅義偉首相×バイデン大統領)電話会談
    2021/02/10 15:51
    日米首脳(菅義偉首相×バイデン大統領)電話会談

     官邸のスジの話。「総理」「何だ?」「バイデン新大統領と電話会談されたそうで?」「ああ、日米同盟強化で完全に一致した」「お互いをファーストネームで呼び合うことにしたそうで?」「そうだよ」「総理が大統領を呼ぶときは『ジョー』」「そうだ」「大統領が総理を呼ぶときは『ポチ』」「 『ヨシ』だ!」「よーし、よしよしよしよし!」 なでなでなで!「くうーん♪くうーん♪」「ノリがよいようで」「のってねぇー!」●日米首...

    桜田史弥

    時事チップス

  • ‘ワクチン・プロジェクト’にも中止の選択を
    2021/02/10 12:23
    ‘ワクチン・プロジェクト’にも中止の選択を

    今夏に予定されている東京オリンピック・パラリンピックについては、国民世論は中止、あるいは、再延期に傾いております。その一方で、これまでのスポーツ選手や関係者の努力や‘国家の栄誉’に鑑みて、何としても開催すべきとする意見も聞かれ、大規模イベントを中止することの難しさを物語っております。一度動き出した巨大な歯車を止めることは難しいものですが、時には、止める勇気も必要となるように思えます。そして、その一つが、新型コロナウィルス感染症の拡大防止を目的として政府が進めている‘ワクチン・プロジェクト’です。ワクチン接種派の人々は、マスメディがワクチンの接種リスクのデマ情報を流したとして批判していますが、今般のワクチン懐疑論は、デマ情報に基づくものばかりとも言えない側面があります。mRNAワクチンやベクターワクチンといった新...‘ワクチン・プロジェクト’にも中止の選択を

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 民主主義の弱点は不正選挙-克服の方法を
    2021/02/09 13:03
    民主主義の弱点は不正選挙-克服の方法を

    今般、ミャンマーで発生した軍部によるクーデタは、同国にあってようやく実現した民主主義体制を破壊する行為として、各国政府、並びに、マスメディアから一斉に批判を浴びています。ミャンマー軍は中国との関係も指摘されており、クーデタの背後にあって同国への影響力拡大を狙う中国が糸を引いていた可能性もないわけではないようです。その一方で、ミャンマー軍部がクーデタの根拠としたのが‘不正選挙’であったとする情報が伝わりますと、複雑な感情に襲われます。何故ならば、アメリカもまた、大統領選挙をめぐって発生した不正選挙問題が、今なお燻り続けているからです。ネット上の情報によりますと、ミャンマーの軍部の言い分も根も葉もないことではないそうです。一方、アメリカにおける不正選挙問題も、民主党側が主張するような事実無根の言いがかりというわけで...民主主義の弱点は不正選挙-克服の方法を

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 中国の海警法の狙いは施政権の排除では?
    2021/02/08 12:54
    中国の海警法の狙いは施政権の排除では?

    先日、中国は、海洋警察の組織、即ち、中国海警局に対し、外国公船に対する武器の使用や強制検査を認める海警法を制定し、今月一日から施行しています。武器の使用等のみならず、民間人を含めて自国領域内に施設等を建設する者、あるいは、中国当局の許可なくして漁業を行う者を罰する規定も含まれるため、同法に対しては、国際法に反するとして国際社会から批判の声が上がっており、尖閣諸島や南シナ海において緊張が一層高まる事態は避けられそうにありません。同法は、事実上、海の警察が海軍化したに等しいのですから。中国では、現在、巡視船の重武装化も急ピッチで進められているとも報じられています。海警法をめぐる一連の中国の動きは、第二次世界大戦後、平和主義を以って戦後の道のりを歩み始めた日本国とは真逆です。日本国は、当初、憲法第9条が定めた‘戦力の...中国の海警法の狙いは施政権の排除では?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 太陽電池生産撤退が示唆する‘ゼロ目標成長戦略化’の無謀
    2021/02/05 12:36
    太陽電池生産撤退が示唆する‘ゼロ目標成長戦略化’の無謀

    日本国の菅義偉首相は、就任後初めての所信表明演説において、突然、地球温暖化ガスの排出量を2050年までの間に実質ゼロにする目標を打ち出しました。首相ポストを得るに当たっての‘国際公約’であった節もあるのですが、その際、同目標を、日本国の新たな経済成長の戦略の一環として位置づけています。マスメディアは、一斉に‘ゼロ目標’を千載一遇のチャンスのように報じるようにもなったのですが、この目標、やはり無謀のように思えます。政府が描く成長戦略とは、投資の流れを電気自動車や再生可能エネルギー、並びに、関連技術の研究・開発といったクリーン、あるいは、グリーン部門に積極的に誘導し、それを起爆剤として新たに‘カーボンニュートラル産業’を育てようというものです。グローバルレベルで推進されているESG投資も追い風になりますし、ゼロ目標...太陽電池生産撤退が示唆する‘ゼロ目標成長戦略化’の無謀

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 遺伝子ワクチン接種推進の真の目的とは?
    2021/02/04 12:48
    遺伝子ワクチン接種推進の真の目的とは?

    本日の記事は、ふと頭に浮かんだことですので、まずは、私の推理に過ぎないことをお断りしておきたいと思います。単なる推理ではありますが、リスク管理のために最悪の状態を想定し、真相を究明する作業は推理以外の何ものでもありませんので、奇想天外とお思いになりましょうが、どうぞ、お許しくださいませ。新型コロナウィルスにつきましては、それが、中国、あるいは、そのバックの組織が開発した人工ウィルスであったとする説は、遺伝子配列の分析等から否定はできないようです。発生当初、インド人の科学者によってエイズウィルスと4か所の一致を指摘する報告があったものの、即座に立ち消えてしまいましたが、ノーベル賞受賞者にあっても、フランスのリュック・モンタニエ博士や日本国の大村智博士もこの説を支持しています。武漢ウィルス研究所と人民解放軍との関係...遺伝子ワクチン接種推進の真の目的とは?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 国民のワクチン不信が増してしまう理由-職場接種案の問題
    2021/02/03 12:45
    国民のワクチン不信が増してしまう理由-職場接種案の問題

    製造地であるベルギーから輸送される新型コロナウィルス・ワクチンの到着を、心待ちにしている日本国民は、それ程には多くはないかもしれません。ワクチンに対する国民の不信感を察してか、日本国政府は、職場での接種も検討しているそうです。しかしながら、この方針が公表されるや否や、ネット上では反発の声が上がり、改めてワクチン不信の根深さを現わす形ともなったのです。国民のワクチン不信が増す心理的な理由としてまず挙げられますのが、政府の全国民ワクチン接種に向けた異様なまでの意気込みの強さです。職場での接種計画も、仮に、全国民がワクチン接種を熱望している状態であれば、検討する必要もない案であったはずです。ワクチン接種者数が低レベルに留まる可能性が高かったからこそ、国民の他者に対する同調要求心理、即ち、集団的な同調圧力を利用しようと...国民のワクチン不信が増してしまう理由-職場接種案の問題

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 日本国は‘デジタル後進国’でもよいのでは?
    2021/02/02 13:28
    日本国は‘デジタル後進国’でもよいのでは?

    政府がデジタル化の旗振り役を務めていることもあり、マスメディアの報道ぶりも、‘デジタル後進国の…’が日本国の枕詞となっているかのようです。日本国の国民性は横並び志向が強いとされていますので、‘遅れている’とする指摘は、日本国民をデジタル化に向けて煽る心理的効果が期待されているのでしょう。しかしながら、デジタル化とは、人々のあらゆる言動のデータ化を意味しますので、むしろ、遅れていた方が良い場合もあり得るように思えます。デジタル化を時間軸における先進性を測る基準に設定しますと、行政システム一つをとりましても、日本国は、低レベルで遅れた国として見なされることになります。その一方で、エストニアといった長きにわたりロシアに支配された歴史を有する国では、領域を失っても国家を維持できるシステムとしてデジタル化が大幅に導入され...日本国は‘デジタル後進国’でもよいのでは?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ワクチン問題で新型コロナウィルス生物兵器説が蘇る?
    2021/02/01 13:08
    ワクチン問題で新型コロナウィルス生物兵器説が蘇る?

    パンデミック化から1年以上が経過した今日にあっても、新型コロナウィルスの発生源は特定されてはいません。このため、目下、WHOでは、調査団を中国の武漢に派遣し、発生場所と推定されてきた華南海鮮卸売市場や武漢のウィルス研究所をはじめ、現地調査に乗り出しています。しかしながら、1年も過ぎれば発生源を突き止める手掛かりを発見するのも難しく、同調査によって原因が判明するとも思えません。冷凍食品による外来説を主張し、俄かに武漢発生説の否定に転じた中国ならば、当然に、武漢発生説を裏付ける証拠は完全に隠滅していることでしょう。もっとも、同ウィルスの大規模な感染が最初に起きた場所が武漢であることは、動かしがたい事実です。中国が主張するように、同ウィルスが輸入食品に付着して海外からもたらされたのであるならば、輸出元の国で最初に感染...ワクチン問題で新型コロナウィルス生物兵器説が蘇る?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 日本国もジェノサイド条約に加わるべき
    2021/01/31 13:00
    日本国もジェノサイド条約に加わるべき

    先日、日本国内では、アメリカが中国によるウイグル人弾圧をジェノサイドと認定した件に関連して、日本国政府がジェノサイド認定を否定したとするニュースが報じられました。日本国政府による公式見解ではなく、政府高官の一人による発言に過ぎなかったものの、中国が言質を取ったと言わんばかりに歓迎の意を表明したことから、日本国政府の人権問題に関する意識の低さが改めて問われることともなったのです。これを機に、ジェノサイドという言葉にも関心が寄せられることにもなったのですが、同高官がジェノサイドとして認定を避けた理由として、日本国が、ジェノサイド条約に署名もしていなければ、批准もしていない現状があったとされています。ジェノサイド条約とは、人種、民族、宗教、国籍といった人的集団に対する大量殺戮や抹殺を防止し、かつ罰することを目的として...日本国もジェノサイド条約に加わるべき

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ‘デジタル・グリーン・コロナ’の三点セットがもたらす脅威とは?
    2021/01/30 12:53
    ‘デジタル・グリーン・コロナ’の三点セットがもたらす脅威とは?

    今日、途上国から先進国まで、地球上のあらゆる国家は、デジタル化、地球温暖化、並びに新型コロナウィルス禍による急速な経済・社会の変化に直面しております。これらの三つの問題は同時進行しているのですが、それは、時間的な同時性のみならず、ある一つの共通点が見出せるように思えます。これら三者に共通する特徴とは、その何れもが、非人類主導型である上に、強制力を秘めている点です。まずデジタル化を挙げてみますと、この現象は、テクノロジー主導型です。近年、急速に発展したITを牽引力とするものであり、必ずしも一般の人々が心から望んだ結果ではありません。この側面は、AIによって近い将来、知的職種までもが奪われるとする失業懸念によって端的に表されています。また、デジタル化は、人々の言動の自動的、かつ、全面的なデータ化をも意味しますので、...‘デジタル・グリーン・コロナ’の三点セットがもたらす脅威とは?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ‘2050年CO2排出ゼロ目標’で地球温暖化が加速?-自己矛盾の問題
    2021/01/29 12:43
    ‘2050年CO2排出ゼロ目標’で地球温暖化が加速?-自己矛盾の問題

    カーボンニュートラルへのグローバルな圧力が全世界の諸国に迫る中、バイデン政権の登場により、最後の砦でもあったアメリカも今や陥落しつつあります。同大統領は、就任早々にパリ協定への復帰に関する大統領令に署名したとも報じられており、2060年に目標年を設定した中国を含め、少なくとも主要な産業国はカーボンニュートラルで足並みを揃えることとなったのです。しかしながら、このドミノ倒しのようなカーボンニュートラル化には、重大な自己矛盾が認められるように思えます。その矛盾とは、全世界の諸国が一斉に再生エネや原子力発電への転換に走った場合、逆に、二酸化炭素の排出量が増加してしまうという問題です。地球温暖化問題の解決策として温暖化ガスの排出規制が叫ばれるようになった際に、その背景として指摘されてきたのが、‘産業潰し’というものです...‘2050年CO2排出ゼロ目標’で地球温暖化が加速?-自己矛盾の問題

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • サバイバル戦略としてのワクチン非接種という選択
    2021/01/28 12:32
    サバイバル戦略としてのワクチン非接種という選択

    メディアの報道によりますと、アメリカやヨーロッパ諸国ではワクチン争奪戦の最中にあるそうです。新型コロナウィルス感染症を罹患する恐怖から逃れるべく、多くの人々がワクチン接種に殺到したために供給不足が生じ、政府も対応に追われているとされます。実際に、アメリカもEUもワクチンの輸出に規制を設ける方針を示しています。‘ワクチンナ・ショナリズム’とも称されていますが、国民並びに市民全員の接種を目指す方法は、果たして、賢明なのでしょうか。実のところ、アメリカでは相当数のワクチン懐疑派や忌避派がおりますし、ヨーロッパでも、とりわけフランスにおいてこれらの率が高いそうです。ですから、個人の自由な判断に任せれば‘全員接種’とはならないのでしょうが、それでも、各国政府が揃ってワクチン接種を推進する姿には首を傾げてしまいます。その理...サバイバル戦略としてのワクチン非接種という選択

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ‘ワクチン差別’システムの行方
    2021/01/27 12:55
    ‘ワクチン差別’システムの行方

    日本国政府、あるいは、その指南役は、国民がワクチン接種を忌避する事態に備え、接種キャンペーンに続く二の矢として、‘ワクチン差別’という手法を検討している節があります。他者に対して自らの意思を押し付けようとする時、得てして、‘脅し’という手段が採られるものです。今般のワクチン接種のケースでは、ワクチン接種を拒んだ国民を対象として、移動や各種サービスの利用に制限を設けることで、ワクチン接種の方向に誘導しようとしているようです。ワクチンの接種証明が実質的に‘免疫パスポート’として機能するとなりますと、それは、‘デジタル・ディストピア’の到来を意味することは本ブログにおいても既に指摘しております。接種記録はスマートフォン等を介してチェックされ、ワクチン接種のデータ記録を持たない人は、海外渡航はおろか、自由に国内を旅行す...‘ワクチン差別’システムの行方

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 国民にもワクチン接種を拒む合理的な理由がある
    2021/01/26 12:39
    国民にもワクチン接種を拒む合理的な理由がある

    日本国政府が全国民の新型コロナウィルス・ワクチンの接種に前のめりになる一方で、国民の多くは同ワクチンに対して懐疑的です。本来であれば、同ワクチンはコロナ禍に苦しむ国民の‘救世主’となるはずなのですが、歓迎一色とは程遠いようです。その第一の理由は、医科学的な見地からの不安です。今般、日本国民に接種されるのは、アメリカのファイザー、並びに、モデルナ社が開発・製造したmRANワクチンであり、過去にあって実用化に失敗してきた新しいタイプのものです。つまり、十分な治験を経ていないのですから、両製薬会社でさえ、1年後や10年後、あるいは、50年後といった長期的な副反応については知る由もありません。今般、全世界で相次いで報告されている変異株の存在も不安材料の一つです。これらの製薬会社が薬害発生時の免責を供給先政府に求めたのも...国民にもワクチン接種を拒む合理的な理由がある

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 尖閣諸島と‘2050年CO2ゼロ目標’
    2021/01/25 11:54
    尖閣諸島と‘2050年CO2ゼロ目標’

    中国による尖閣諸島に対する領有権の主張は、国連により、同諸島近辺の海域における石油や天然ガス埋蔵の可能性が報告されたことに始まります。同国の目的が資源目当てであったことは、日中国交正常化の交渉過程における周恩来氏の発言で確認できるのですが、埋蔵が指摘されている天然資源が石油や天然ガスといった化石燃料の原料である点を考慮しますと、今般、菅首相が表明した2050年までに二酸化炭素の排出量を実質ゼロにするとする目標は、尖閣諸島問題にも影響を及ぼす可能性を秘めています。二酸化炭素の排出量をゼロとする目標につきましては、習近平国家主席もまた、その達成年を2060年に設定しています。菅政権よりも10年ほど先とはなるものの、かの中国も、カーボン・ニュートラルを国家目標としているのです。アメリカを除き、地球温暖化防止を建前とし...尖閣諸島と‘2050年CO2ゼロ目標’

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 警戒すべき強制と同調圧力―ワクチン接種問題
    2021/01/24 13:17
    警戒すべき強制と同調圧力―ワクチン接種問題

    マスメディアでは、支持率の低下が止まらない菅政権の起死回生のチャンスとして、国民へのワクチン接種を掻き立てています。あたかも、政府と国民の総力を挙げた‘国家プロジェクト’の如くに扱っているのですが、日本国政府と一般の国民との間には大きな温度差があるように思えます。その理由は、国民の中には新型コロナウイルス・ワクチンに対して懐疑的な見方が大半を占めているからです。仮に、国民全員が接種すべきとされるワクチンが、天然痘ワクチンやBCGなど、十分な治験と長期の使用によって安全性が既に証明されているワクチンであれば、多くの国民は政府の要請に然したる疑問もなく応じたことでしょう。しかしながら、今般の新型コロナウイルス・ワクチンは、パンデミックから1年足らずで開発され、しかも、新型コロナウィルスの特性さえ十分には解明されてい...警戒すべき強制と同調圧力―ワクチン接種問題

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • バイデン政権は日本国の対米不信を理解すべき
    2021/01/23 12:51
    バイデン政権は日本国の対米不信を理解すべき

    アメリカでは一先ずはバイデン政権が発足し、日本国を含め、全世界の諸国の人々がとりわけ対中政策の行方に関心を寄せています。トランプ政権における対外戦略の成果の一つが、オバマ民主党政権下にあって軍事大国に伸し上がった中国の封じ込めであったため、同政策が引き継がれるのか否か、誰もが無関心ではいられないのです。今後のバイデン大統領の対中政策については、凡そ、2つのシナリオが想定されるかもしれません。第1のシナリオは、深刻な分断が指摘されているとはいえ、反中においては結束しているとされる上下両院、並びに、アメリカ国民の世論に応え、トランプ路線を引き継ぐというものです。仮にバイデン大統領がその就任式で高らかに‘民主主義の勝利’を宣言したように、同政権が、アメリカ国民の世論を最大限に尊重し、これを最優先に政策決定を行うとする...バイデン政権は日本国の対米不信を理解すべき

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • どちらが嘘を吐いているのか?-大統領就任演説が提起する大問題
    2021/01/22 12:38
    どちらが嘘を吐いているのか?-大統領就任演説が提起する大問題

    第46代アメリカ大統領の就任式は異例尽くしであったようです。首都ワシントンD.C.には兵士等によって厳重な警備体制が敷かれ、紅潮した面持ちの観衆で埋め尽くされるはずの国会議事堂前の広場には、国旗や各州の州旗のみが並んでいます。恒例のパレードも10分ほどで終えたと報じられており、まるで現実味のないバーチャルな世界の出来事のようです。今般の大統領就任式がかくも異様な様相を呈した理由としては、新型コロナウイルスの感染拡大の阻止と並んで、直前に発生した国会議事堂占拠事件が挙げられています。トランプ派の過激派による襲撃を恐れたというのですが、こうした異常事態の背景に選挙不正問題があることは否定し得ない事実です。仮に、軍事力を以ってしか鎮圧し得ないほどの大規模な暴動や攻撃を想定しているとすれば、歴史上の一揆や反乱が常々そう...どちらが嘘を吐いているのか?-大統領就任演説が提起する大問題

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • バイデン大統領の行方―米上院の弾劾裁判に注目を
    2021/01/21 12:52
    バイデン大統領の行方―米上院の弾劾裁判に注目を

    2021年1月20日、混乱の内にようやくホワイトの執務室の椅子に座ったバイデン大統領。公式には‘大統領’ではあっても、内心、これを認めたくない国民も多いのではないかと思います。水面下における選挙結果容認派と否定派との分断とも言える状況を敏感に察してか、同大統領自身も、就任式の演説において‘民主主義の勝利’や‘国民の団結’を訴えています、しかしながら、これらの美辞麗句も、払拭し得ない不正選挙問題がある限り白々しく響くのみなのです。メディアでは、否定派を過激なトランプ支持者や狂信者のように報じていますが、分断が起きているのは一般国民の間でのことです。これは、バイデン大統領が演説で国民の団結を訴えている点において、むしろこれを証明しています。極少数の過激派であれば、分断の克服ではなく、テロリストや過激派との闘いを訴え...バイデン大統領の行方―米上院の弾劾裁判に注目を

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 日本国も‘デジタル・ディストピア’に?-ワクチン接種をめぐる政府の動き
    2021/01/20 11:14
    日本国も‘デジタル・ディストピア’に?-ワクチン接種をめぐる政府の動き

    ワクチンの接種をめぐる政府の動きは、何処となく不審者のように国民の目には映ります。何故ならば、ここ数日、政府は、ワクチン接種に向けて慌ただしい動きを見せており、突如としてワクチン相なるポストまで新設しているのですから。突然の暴走は菅政権の特徴なのですが、その先には、‘デジタル・ディストピア’が待っているようにも思えます。ジョージ・オーウェルのディストピア小説、『1984年』には、テレスクリーンと呼ばれるテレビ型の監視カメラが主たる国民監視の手段として登場します。その一方で、同小説が執筆された時代よりも遥かにテクノロジーが発達し、個人の個体識別や位置情報までも収集し得る今日のITのレベルは、同小説を遥かに凌ぐディストピアを現実のものとする力を既に十分すぎるぐらいに備えています。‘デジタル・ディストピア’とは、デジ...日本国も‘デジタル・ディストピア’に?-ワクチン接種をめぐる政府の動き

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ‘ディープ・ステート’は‘ディープ思考’の結果では?
    2021/01/19 12:57
    ‘ディープ・ステート’は‘ディープ思考’の結果では?

    今般のアメリカ大統領選挙にあって、ネット上に頻繁に飛び交った言葉に‘ディープ・ステート’があります。‘ディープ・ステート’とは、政治の表舞台には現れず、陰にあってアメリカののみならず、全世界の諸国を操っている超国家的、かつ、邪悪な権力体とされています。Qアノンと称されている謎の情報発信体によれば、米民主党は‘ディープ・ステート’の配下にあり、トランプ大統領は、アメリカ国民のために同権力体に闘いを挑む‘正義の味方’という構図となります。ディープ・ステート論は、SNSやネットを介して瞬く間の間にアメリカ国民の間に広がり、日本国内でも拡散されていることから、今や、この言葉を知らないアメリカ国民の方が珍しいかもしれません。そして、かくも急速にディープ・ステート論が多くの人々の間で共有されるようになった理由は、おそらく、...‘ディープ・ステート’は‘ディープ思考’の結果では?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • メディアやSNSの言論規制が暴力を誘発する矛盾
    2021/01/18 17:12
    メディアやSNSの言論規制が暴力を誘発する矛盾

    国会議事堂占拠事件を待つまでもなく、メディアやSNS各社は、アメリカ大統領選挙にあって積極的な干渉を行ってきました。メディアは、トランプ大統領に対しては、それがフェイクニュースであってもネガティヴ情報の流布を放置しましたし、自らフェイクニュースを堂々と報じることもあったのです。SNSも負けてはおらず、政治的主張や事実の指摘に対しも書き込みを制限したり、ユーザーに対して警告を付してきました。遂に、ツイッター社は、同大統領のアカウントを永久に停止する措置を採ったのですが、その一方で、バイデン氏に対しては、それがたとえ事実であり、政治生命を失うような重大な不正行為や売国行為であったとしても、メディアもSNSも全力でネガティヴ情報の拡散を妨害し、‘バイデン押し’一辺倒で報じたのです。こうした行為は、誰の目から見てもアン...メディアやSNSの言論規制が暴力を誘発する矛盾

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • フランス革命とアメリカ大統領選挙
    2021/01/17 11:14
    フランス革命とアメリカ大統領選挙

    アメリカは、どこに向かおうとしているのでしょうか。今や民主党は、左派の‘革命政権’としての本領を発揮しつつあります。しばしば、今般の国政の混乱は、フランス革命に擬えられる見解が散見されますが、ネット上には、「トランプの忠臣、上院8人衆が断頭台に」というタイトルの記事が目を引きます。選挙人確定作業において異議を唱えた8人の共和党議員が‘吊し上げ’に遭っている現状は、フランス革命時におけるアンシャン・レジーム側の人々に対する‘大量虐殺’を彷彿とさせます。フランス革命において留意すべき点は、革命後にあってフランスに訪れたのは、一般の民衆が‘革命’に託した民主的で自由な国家ではなく、ロベスピエールによる恐怖政治であったことです。同時期にあって、フランスでは粛清の嵐が吹き荒れ、フランスでは多くの無実の人が‘反革命’を理由...フランス革命とアメリカ大統領選挙

    倉西雅子

    万国時事周覧

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー