天皇(皇室)

天皇(皇室)
テーマ名
天皇(皇室)
テーマの詳細
 天皇(皇室)に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。  因みに『天皇制』という言葉は、日本の皇室について無知なロシアの共産主義者が言い出した言葉を日本の共産主義者が輸入したものです。  つまり天皇否定用語です。皇室を敬われている方は、使ってはいけませんよ。
テーマ投稿数
542件
参加メンバー
87人
管理人
☆かっこいい女への道☆komatsu1108管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「天皇(皇室)」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「天皇(皇室) 政治ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

天皇(皇室)の記事

1件〜50件

  • 大嘗祭で使用された大嘗宮を見てきたよ
    2019/12/04 18:34
    大嘗祭で使用された大嘗宮を見てきたよ

    一生に一度といっても過言ではない、大嘗宮の公開。平日の代休を利用して、見てきました。東京駅周辺からもう激混み。平日に大嘗宮を見るのにかかった時間など、まとめています。

    三好 真梨子

    colorful days

  • 「日本国民にさらに警告を、中国の軍事的脅威が増大」という記事。日本共産党こそ、日本の平和にとって最大の敵!
    2019/11/18 20:33
    「日本国民にさらに警告を、中国の軍事的脅威が増大」という記事。日本共産党こそ、日本の平和にとって最大の敵!

    日本国民にさらに警告を、中国の軍事的脅威が増大 という記事を紹介します。上を...

    ドクダミ三郎

    ドクダミのかおり くさやのにおい

  • 天皇家とロックフェラーとの密約説について
    2019/11/14 15:14
    天皇家とロックフェラーとの密約説について

    本日11月14日、皇居では新天皇の大嘗祭がとりおこなわれます。同儀式は室町時代に一旦途絶えたものの、江戸時代に幕府の許可の下で復興されたそうです。秘儀とされてきたためにその始終は詳らかではなく、古くから伝わる伝統には常々謎があるものなのです。そして、現代にあっても天皇家は謎に満ちているように思えます。本ブログでも、ここ数日にわたりまして日本国の未来ヴィジョンの観点から天皇の位置づけ等の問題について記事を認めてきたのですが、読者の方からいただいたコメントの中に、天皇家とロックフェラーとの密約に関する情報がありました。本日の記事では、同密約について考えてみたいと思います。天皇家とロックフェラーとの密約とは、ロックフェラーが100年間皇室を維持することを約したと言うものです(皇室なのか、天皇と云う位なのかは分からない...天皇家とロックフェラーとの密約説について

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 【祝】上皇后(皇太后)陛下お誕生日、天皇陛下即位大礼関連行事、秋篠宮眞子内親王殿下お誕生日
    2019/11/13 20:36
    【祝】上皇后(皇太后)陛下お誕生日、天皇陛下即位大礼関連行事、秋篠宮眞子内親王殿下お誕生日

    即位大礼が行われた先月22日夕方、遊美塾講習へ向かう途中で祝賀ムードに沸く熊本市中央区の上乃裏通りと上通りにて。即位大礼を前にした先月20日に上皇后(皇太...

    前田伸太郎

    前田画楽堂本舗

  • 統合の象徴と天皇の人格
    2019/11/13 15:35
    統合の象徴と天皇の人格

    戦後における現行の日本国憲法の制定により、天皇の役割は大きく変わることとなりました。GHQの草案を下敷きにしているとはいえ、天皇は政治的権能を有さないとされ、形ばかりの国事行為を残しつつも、実質的な明治来の統治機能を失ったのです。ここに権力と権威が切り離され、日本国の国制は、幕末まで続いていた権力と権威が分離する伝統的な二元体制に戻ったのです。明治憲法では天皇に対して統治権を総攬する権能を認めていましたので、当時の国制は一元体制と言うことができます。明治維新に際し、西欧諸国の立憲君主制を模して導入された国制が、戦勝国の手によって明治以前に回帰したのですから、それが意図せぬ出来事であったにせよ、歴史の皮肉とも言えましょう。そして、この二元体制への復帰が天皇と政治における民主主義との調和をもたらしたのであり、この点...統合の象徴と天皇の人格

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 皇族と平等-身分から公職へ
    2019/11/12 15:15
    皇族と平等-身分から公職へ

    新天皇の即位を機にして、女性天皇の即位や女系天皇の容認、さらには女性宮家の創設案も再浮上しているようです。これらの問題は、主として性差別の解消に焦点を当てた議論なのですが、皇族をめぐっては、性差別のみならず様々な差別が絡んでいます。長子とそれ以外の子供達との間の差別に加え、実のところ、身分差別の問題も軽視はできないように思えます。天皇とは、今日の日本国憲法下において唯一特定の個人に対して公的に認められている特別の地位です。憲法では‘統合の象徴’の役割、並びに、立憲君主制の形式を残す国事行為が定められていますが、皇室典範等の法律によりその家族や分家(宮家)を含めて世襲的な特権身分として認識されています。つまり、前近代における大半の国家がそうあったように、天皇にあっても機能と身分が一体化しており、それは世襲として特...皇族と平等-身分から公職へ

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • アメリカの皇室軽視の意味とは?
    2019/11/11 15:44
    アメリカの皇室軽視の意味とは?

    先月10月22日、日本国では新天皇の即位の礼がとりおこなわれました。この際、海外からも賓客を招いたのですが、同盟国であるアメリカは、当初予定されていたペンス副大統領に替えてイレーン・チャオ(趙)運輸長官を出席させるという‘異例’の変更を行っています。この件については政府もマスメディアも何故か詳しくを語ろうとしません。触れたくない話題のようにも見えるのですが、アメリカの皇室に対する冷たさにはどのような意味が込められているのでしょうか。即位の礼への出席を見送ったペンス副大統領は、僅か3日後の10月25日に、トーンは落としてはいるものの、昨年に引き続き厳しい対中批判の演説を行っています。ペンス副大統領にはトランプ大統領よりもさらに反中のイメージがあるのですが、中国側もまた、日本国の皇室に対して‘異例’の好意を示してい...アメリカの皇室軽視の意味とは?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 弥栄!!【祝賀御列の儀】!!
    2019/11/10 21:15
    弥栄!!【祝賀御列の儀】!!

    三百名山・マッターホルンなど踏破し、登山技術・ヨガ霊力を駆使し、鉱山・マル秘洞窟より宝石鉱物を採集。

    manyuu

    諸国名山漫遊日記

  • 国賓は‘天皇陛下のお客様’なのか?
    2019/11/07 13:43
    国賓は‘天皇陛下のお客様’なのか?

    ネット上のニュース記事を読んでおりましたところ、見慣れない表現が目に留まりました。それは、国賓は‘天皇陛下のお客様’というものです(フジテレビ平井文夫上席解説委員)。今まで国賓に対してこうした言い方がされているのを見たことがなく、どこか違和感があったからです。令和への改元以来、即位したばかりの新天皇の権威を高めるためなのか、政府やマスメディアなどの対応には、何気ないところで全体主義的な手法が混ぜ込まれているように思えます。天皇を日本国の‘主’と見なす、‘天皇陛下のお客様’という発言もその一環なのかもしれません。さりげなく表現や扱いを同調圧力が働く方向に操作したり、虚飾を施す方法は、マスメディアが世論を誘導する際に用いるステマ的な常套手段でもあります。記事そのものは、横柄、かつ、覇権主義的な中国のトップを、多額の...国賓は‘天皇陛下のお客様’なのか?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • みんなで志位和夫、小池晃、不破哲三、宮本顕治、小笠原貞子らの写真を焼きましょう!
    2019/11/05 22:41
    みんなで志位和夫、小池晃、不破哲三、宮本顕治、小笠原貞子らの写真を焼きましょう!

    表現の不自由展ですが、昭和天皇の肖像を焼く動画が問題になっていますね。日本には...

    ドクダミ三郎

    ドクダミのかおり くさやのにおい

  • 即位礼正殿の儀
    2019/11/02 16:27
    即位礼正殿の儀

     テレビを観ていた家族のスジの話。「ママ~」「なあに?」「ケーデンカはどこにいるの~?」「小室圭さんは殿下じゃないし、呼ばれてないのよ~」「ケーデンカはマコサマのカゲにかくれているの~?」「殿下じゃないって」「ケーデンカはジューニヒトエのなかにかくれているの~?」「いないって」「タカミクラのうしろにひそんでいるの~?」「いないってば」「センチュリーのしたにつかまっているの~?」「いないのよー!」●...

    桜田史弥

    時事チップス

  • 愛知県知事の大村秀章の写真を燃やした動画をアップした人
    2019/10/26 07:56
    愛知県知事の大村秀章の写真を燃やした動画をアップした人

    何やら、愛知県知事の大村秀章の写真を燃やした動画をYOU TUBEにアップした人...

    ドクダミ三郎

    ドクダミのかおり くさやのにおい

  • 天皇陵発掘調査とDNA鑑定の意義
    2019/10/24 15:27
    天皇陵発掘調査とDNA鑑定の意義

    宮内庁は、これまで、歴代天皇陵の発掘調査には極めて消極的でした。しかしながら、この態度はどこか矛盾していますし、日本国民に対していささか高飛車のようでもあります。宮内庁は陵墓を‘神域’とみなし、発掘調査は皇祖皇霊に対する不敬や毀損行為に当たると考えているのでしょう。しかしながら、神社の修繕等の際に行われるように、神事によって皇祖の御霊を一時的に他所に移すこともできますので、この説明は説得力に欠けております。矛盾と申しますのは、天皇陵の指定は明治期に行われているために間違いが多く、それこそ皇霊を蔑にしておりますし、高飛車と申しますのは、天皇陵は、皇室の私的財産でも宮内庁の独占物でもなく、日本国民の共有財産であるからです。国民には知る権利がありますので、自らの来歴を知ることも国民の重要な権利の一つです。この点、天皇...天皇陵発掘調査とDNA鑑定の意義

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 皇統と合理主義-遺伝学の衝撃
    2019/10/23 15:56
    皇統と合理主義-遺伝学の衝撃

    メンデルによる遺伝の法則の発見は、人類が生命の不思議を解明する入口に立つと共に、社会の在り方にも多大なる影響を与えることとなりました。その衝撃性において、メンデルはダーウィンにも優るかもしれません。何故ならば、遺伝学上の見地は、世襲に関する伝統的な考え方を覆してしまったからです。日本国の皇統に関しても例外ではなく、以下に述べるような問題を提起しています。母親は‘借り腹’に過ぎず、子は父親のいわばクローンであるとする考え方は、今日、遺伝学によって完全に否定されています。ランダムな染色体の組み換えためにその比率に違いがあろうとも、いずれの子も、両親の双方から染色体を引き継いでおり、もはや母親は‘無関係’とは言えなくなりました。このことは、側室を母とする大正天皇のように、戦後の正田家からの入内以前に遡って皇統が希薄化...皇統と合理主義-遺伝学の衝撃

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 混乱する‘皇統’
    2019/10/22 14:16
    混乱する‘皇統’

    本日、10月22日、皇居では即位の礼が行われました。昭和や平成時の代替わりとは違い、様々な情報がネット空間を飛び交う今日にあって、少なくない国民が皇室の在り方に不安や違和感を覚えているようにも思えます。知っているのか、知らないのかによって、物事に対する判断は正反対になることもあるからです。特に重大となるのは、皇統の問題です。本記事では、今後の議論のために、皇統問題について一先ず整理を試みたいと思います。日本国の公式の見解であり、天皇の存在意義、並びに、正統性を説明する際に唱えられてきたのが、所謂万世一系論です。皇統とは、天照大神に由来する神聖なる血統を意味します。皇位継承法に変遷はあったとしても、神武天皇以降の歴代天皇が今日に至るまで絶えることなく父系の血脈として天照大神の血統を引き継いでいるとする点が、皇位の...混乱する‘皇統’

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 皇室をサポートする中国の不思議
    2019/10/20 15:13
    皇室をサポートする中国の不思議

    人類史上初の共産主義革命であったロシア革命がロマノフ王朝を倒して達成されたことから、共産主義者は世襲王朝を不倶戴天の敵と見なしていると考えられてきました。理論にあっても、カール・マルクスの著書をひっくり返して探してみても、少なくとも明示的には世襲王朝を認める根拠を見出すことはできません。日本共産党も、皇室を脅かす存在として広く認識されており、近年の皇室容認論への転換も‘戦略的変節’として冷ややかな目で見られています。共産主義と世襲王朝は人々が一般的に描くイメージとしては水と油のような関係なのですが、現実は、そうとばかりは言えないようです。カンボジアでは北朝鮮兵がシアヌーク殿下の護衛を任されていたことはよく知られていますが、序列社会である点において、案外、両者は共通しているのかもしれません。民主的選出制度なき共産...皇室をサポートする中国の不思議

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • メビウスの輪を解く方法とは?-皇室の伝統と革新
    2019/10/19 14:05
    メビウスの輪を解く方法とは?-皇室の伝統と革新

    近代以降、メビウスの輪戦略は、世界各地で猛威を振るってきたように思えます。進化しているように見えて退行し、善のはずが悪に落ちているという…。もちろん、意図せずして逆の結果を招くのも世の常なのですが、意図的に逆の方向に誘導する手法は悪意のある詐術という他ありません。そこで、人類は、自らを救うためには、まずはこのメビウスの輪を解く方法を見つけ出す必要があります。そこで本記事では、22日の即位の礼を前にして、皇室における伝統と革新についてメビウスの輪から考えてみたいと思います。明治維新を思い起こしますと、そこにも、メビウスの輪の可能性を見出すことができます。王政復古の大号令と共に敢行された明治維新は、古代の国制への回帰という復古主義を看板に掲げながら、その実、日本国を西欧化して近代化させる大変革となりました。英語では...メビウスの輪を解く方法とは?-皇室の伝統と革新

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 令和の精神!即位の礼祝賀パレード延期 「令和」という時代の精神が決まった
    2019/10/18 00:17
    令和の精神!即位の礼祝賀パレード延期 「令和」という時代の精神が決まった

    天皇陛下の即位をお祝いするパレード「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀。」が延期になり、令和の時代精神がハッキリ姿を現しました。 令和の時代の精神 新しい天皇皇后両陛下のお優しいお気持ちにより即位に伴う祝賀パレードが延期になりました。祝賀パレード 祝賀御列の儀が延期になって「...

    村内のぶひろ

    ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

  • 天皇をとりまく宗教事情の問題
    2019/09/20 21:03
    天皇をとりまく宗教事情の問題

    天皇と神道との繋がりについては、しばしば批判的な意見が見受けられます。近代国家の政教分離の原則からしますと、天皇と云う公的な地位が特定の宗教と結びつき、国家祭祀を行う形態は前近代国家の‘残滓’と捉える向きも少なくありません。そこで、本記事では、天皇をとりまく宗教事情の問題について扱いたいと思います。仏教伝来以来、天皇は仏の道にも帰依しており、聖徳太子の『十七条憲法』には「篤く三宝を敬え三宝とは仏法僧なり」ともあります。京都の泉涌寺は皇室の菩提寺としても知られ、明治以前にあっては、皇族は仏教徒でもあったことは紛れもない歴史的な事実です。一神教ではなく多神教国家、否、多宗教国家であった日本国では、海外から伝わる宗教であっても、善き教えは積極的に受け入れて国造りに生かしてきたのであり、飛鳥時代に遡っては、ネストリウス...天皇をとりまく宗教事情の問題

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 権威の脆さ-皇室の行方
    2019/09/10 15:08
    権威の脆さ-皇室の行方

    皇族が何らかの公式行事に臨席する際には、参列者の人々はみな深々と頭を垂れてお辞儀をし、緊張した面持ちで敬意を表します。この光景は、これまで違和感なく国民に受け入れられてきました。しかしながら、皇室や宮内庁への特定勢力の侵食が進むにつれ、当然とされてきたこの構図は、その存立基盤を失いつつあるように思えます。権威は、それが人々の間で自然に成立している間は、物理的な強制力を用いたり、多大なコストを払うことなく、あらゆる抵抗を廃する威力を発揮します。権威を備えた人や団体は、心からの崇敬と厚い信頼を寄せられているため、人々の言動をも方向づけることができるのです。権威者の一声で、長らく紛糾してきた物事が瞬時に決まってしまうケースも少なくありません。軍事力を持たないローマ法王の仲介活動なども、国際社会にあって権威の力を存分に...権威の脆さ-皇室の行方

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 皇室報道の違和感-天皇と災害
    2019/09/09 15:12
    皇室報道の違和感-天皇と災害

    最近の皇室報道を見ておりますと、その大半がパーソナルな行動に関するものが占めています。皇族のひとりひとりの動向について逐次細かな報道がなされており、昨日も、さながら実況中継の如くに上皇后の手術の経過が報じられておりました。その一方で、大型台風15号が日本列島に迫り、自然の脅威を前にして国民の多くは言い知れぬ不安に駆られていたのです。マスメディアの皇室に関する報道ぶりには、全体主義化へと向かう気配さえ感じられます。何故ならば、どこか、北朝鮮風味に思えるからです。北朝鮮のマスメディアでも、金正恩氏をはじめ、事実上の‘王族’である金一族に対しては、その動向はあたかも極めて特別の事柄のように報じられます。全国民は、常に金一族に関心を向けていなければならず、金一族の慶事には全身全霊で喜び、凶事には全身全霊で悲しまなければ...皇室報道の違和感-天皇と災害

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 平成の30年間、上皇ご夫妻に感謝するとともに令和改元と天皇陛下御即位を祝う(2)〜年末年始の様なGWを振り返る
    2019/08/25 16:22
    平成の30年間、上皇ご夫妻に感謝するとともに令和改元と天皇陛下御即位を祝う(2)〜年末年始の様なGWを振り返る

    平成最後の昭和の日となった4月29日の夜、平成最後の放送となった「Qさま」では大化(645〜650)から平成(1989〜2019)までの247の元号から日...

    前田伸太郎

    前田画楽堂本舗

  • 遅れながら終戦より74年、令和初の終戦記念日を迎えて思うこと
    2019/08/25 16:22
    遅れながら終戦より74年、令和初の終戦記念日を迎えて思うこと

    去る15日で終戦より74年、令和初の終戦記念日を迎えたがその前後に放送されていたテレビ番組などで時代の流れとともにさらに戦時中のことが伝えられることが難し...

    前田伸太郎

    前田画楽堂本舗

  • 皇室は国際化すべきなのか?
    2019/08/25 12:58
    皇室は国際化すべきなのか?

    報道に依りますと、今年の10月22日に予定されている新天皇の即位の礼では、平成の前例と比較して大幅に海外からの賓客数が増えるそうです。増加理由としては、日本国が承認している国の数が増えた点が挙げられていますが、承認国が劇的に増加したわけではありませんので、この説明には疑問符が付きます。即位の礼のみならず。最近、皇室の国際化が、既成事実を積み重ねつつ、急速に進められているように思えるのです。秋篠宮家の皇族の外遊数も目立って増えており、先日は、初の海外訪問として悠仁さんのブータン旅行が報じられていました。また、長女の眞子さんの異常なまでのブラジル訪問もどこか不自然です(後述する理由から、俗化した皇族にどこまで敬称を用いるべきか悩んでしまう…)。皇室の主たる活動が国際交流となり、その場も海外に移ったかのようなのです。...皇室は国際化すべきなのか?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 即位の礼全記録 平成時代の幕開け & 天皇陛下、涙声で「国民に感謝する」
    2019/08/13 06:46
    即位の礼全記録 平成時代の幕開け & 天皇陛下、涙声で「国民に感謝する」

    1989年/平成元年1月8日は平成最初の日。平成時代が始まった頃、それは今から30年も昔の話。さあ、戦争がなかった時代のスタートを思い出しましょう♪♪ 天皇陛下 - 1990年(平成2年) 即位の礼 即位の礼/ご大典 全記録 - 平成時代の幕開け 週間読売 臨時増刊「即位の...

    村内のぶひろ

    ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

  • 【昭和天皇崩御】昭和最後の日 & 平成最初の日の頃の臨時増刊号、緊急増刊号、特別追悼号、永久保存版など表紙写真
    2019/08/12 07:55
    【昭和天皇崩御】昭和最後の日 & 平成最初の日の頃の臨時増刊号、緊急増刊号、特別追悼号、永久保存版など表紙写真

    ★昭和が終わった日=1989年/昭和64年1月7日 ★平成が始まった日=1989年/平成元年1月8日 あなたはその頃、何をしていましたか?温故知新、ぜひそれを思い出してみてください。 Newsweek/ニューズウィーク日本版「昭和が終わった」  昭和64年/1989年1月1...

    村内のぶひろ

    ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

  • 率直に書き続けてゆくブログ
    2019/07/17 22:29
    率直に書き続けてゆくブログ

     世界で言論が歪んでしまった。 何かを狙った無責任な言葉が飛び交うばかりになった。 ヤフーなんかポータルに並んでいるヘッドライン、あれを見るだけでも何かが意図的に潜り込まされていることがわかるだろう。 たいした話題ではないのに特定のタレントの話が出たり、美智子アゲの記事が出たり、韓国の話題は常に危機を煽る。 いやーーあ「あたしゃそろそろお茶が怖い」www。 気付かれぬように宣伝や、自己弁護、ポジショ...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • ”桃園天皇”
    2019/06/27 16:01
    ”桃園天皇”

     紹介掲示板 - ブログ、ウェブサイトなど何でも紹介このサイトのあなたのレビュー! https://blogcircle.jp/commu/11/topic/…

    阿蘇地☆曳人

    草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ ameba版

  • 竹内敬持(竹内式部)「天子御代々御学問足らず、御不徳」
    2019/06/25 07:55
    竹内敬持(竹内式部)「天子御代々御学問足らず、御不徳」

    《一七五八年、公家のあいだで儒学と神道を講じていた竹内式部が京都所司代の裁きを受け、京都からの追放処分を受けた。竹内式部は越後の医師の息子で、京都に出てきて、…

    阿蘇地☆曳人

    草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ ameba版

  • 人気商売とは
    2019/06/24 20:59
    人気商売とは

     相撲の取り組みを見ると自分はまだまだ弱いと思ったりする。 強いメンタルが大事だとつくづく思う。 自分はどうしても撹乱されてしまったりしている時があるなと思う。 集中力の問題なのに強く維持できない時があるなと自戒する。 そういう「何か」を貰えるから相撲は見ると楽しい。 彼らは人気商売だ。 その立場を守り、伝統を受け継ぎ、そしてドラマの中で生きる。 相撲取りは自分で自動車を運転してはいけないそうだ。...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 令和改元、御譲位に基づく「徳仁天皇陛下御即位」まであとわずかとなって改めて思う事、新たに思う事
    2019/06/24 20:28
    令和改元、御譲位に基づく「徳仁天皇陛下御即位」まであとわずかとなって改めて思う事、新たに思う事

    去る23日に購入した私の地元・熊本県宇城市のスーパーマーケットで販売していた平成の30年に感謝し、来たる令和時代の到来を祝うキャッチフレーズが書いてあった...

    前田伸太郎

    前田画楽堂本舗

  • 平成の30年間、上皇ご夫妻に感謝するとともに令和改元と天皇陛下御即位を祝う(1)〜年末年始のようなGWを振り返る(1)
    2019/06/24 20:28
    平成の30年間、上皇ご夫妻に感謝するとともに令和改元と天皇陛下御即位を祝う(1)〜年末年始のようなGWを振り返る(1)

    文化14年(1817)3月に行われた光格天皇から仁孝天皇への譲位以来202年ぶりとなる御譲位に基づく代替わりによってこのGWは年末年始のようなGWとなった...

    前田伸太郎

    前田画楽堂本舗

  • 万世一系はいかに維持されたのか? 125代にわたって続く天皇制の転換点 エキサイトニュース
    2019/06/22 09:30
    万世一系はいかに維持されたのか? 125代にわたって続く天皇制の転換点 エキサイトニュース

    ミハエル・シューマッハと共に歴史を残したマシンがオークションに マイナビニュース ミハエル・シューマッハがF1 2002年シーズンでステア…

    桜田 史弥

    歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク

  • 打ち捨てられた時代
    2019/06/17 21:08
    打ち捨てられた時代

     振り返れば振り返るほど、あの平成という時代は打ち捨てられた時代だったということを痛感する。 確かに30年と言う時間は長いが、日本の長い歴史から考えれば僅かなものでしかない。 最初から諦められていた時代だった。 その荒療治があったから今があると言える。 歳月人を待たずと言う。 我々は平成を悶々と過ごしてきた。マスコミの嘘や捏造に腹立たしい思いをしながらそれが暴かれてゆくのを見た。ネット社会の到来とと...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 宗教と全体主義との親和性
    2019/06/16 15:03
    宗教と全体主義との親和性

    1979年、イランではパフラヴィー朝が倒され、アーヤトッラー・ルーホッラー・ホメイニー師を最高指導者とするイラン・イスラーム共和国が樹立されました。以来、イランでは、宗教的権威が三権の上に君臨するイスラム共和政体が続いています。今般の安倍首相のイラン訪問に際しても、ロウハニ大統領と会談してもあまり意味はなく、最高指導者の地位にあるハメネイ師との会談こそ重要であると説明されていました。イラン革命が自発的なものであったのかという点につきましては、ホメイニー師がフランスに亡命していた経歴からしますと、疑って然るべきなのかもしれません。そして、何故、世俗の政治家や活動家による革命ではなく、宗教的な指導者が中心的な役割を果たしたのか、これもまた、イラン革命に残された謎でもあります。こうした問題はさて置くとしても、特定の宗...宗教と全体主義との親和性

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 共産党の象徴天皇論と天皇の超越性の問題
    2019/06/15 14:41
    共産党の象徴天皇論と天皇の超越性の問題

    共産・志位委員長「女性だけでなく多様な性の天皇を認めることに賛成」昨今、新天皇の即位を機に、政界では、各党が皇室典範の改正案を提示するようになりました。野党各党は女性・女系天皇を認める方向性にありますが、日本共産党の志位和夫委員長は、‘女性だけではなく多様な性の天皇を認める’とする独自の路線を示しています。同氏の主張の根拠は、日本国憲法第一条にあります。インタヴューの中で、同氏は、「様々な性、様々な思想、様々な民族など、多様な人々によって構成されている日本国民を象徴しているのであれば、天皇を男性に限定する合理的理由はどこにもないはず」と語っています。つまり、憲法において天皇が日本国、並びに、国民統合の象徴と定められている以上、性差、思想、民族といった属性による天皇位の資格設定は一切認めてはならないと主張している...共産党の象徴天皇論と天皇の超越性の問題

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 尽きない想い
    2019/06/12 20:13
    尽きない想い

     こうして日本人が新しい元号を迎える前夜に慨嘆し、振り返っているものがある。 とてもいいこと。実によい文化ではないかと思う。 世界でこの時間、この国だけが、日本人だけがこの今を特別な思いで味わっているのだ。それに感謝でいっぱいだ。 かつて天命を全うして昭和という時代が終わった。それは厳粛なものだった。 色んな間違ったことがあったとは言え、結果としてこうなったとは言え、今はそれでよかったとも思える。...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 譲位などでは断じてござらぬ
    2019/06/12 20:13
    譲位などでは断じてござらぬ

     かしましい。実にかしましいことだ。令和前夜。 まだ今回のことを「譲位」などと言っている連中がいる。 その理解力のなさは絶望的だ。 退位だ。 今の天皇はクビになったのだ。 もし左巻きが好むように、「象徴」ということに重きを置くなら、「譲る」なんて主体的なことが許されるわけがない。だがなぜか連中はそれを言わない。 人間天皇なのだろう? ならば無様なクビだとなぜそれをはっきりと言わないのか。 「今の天...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • それは令和病ですね(笑)
    2019/06/12 20:12
    それは令和病ですね(笑)

     新元号はまるで新年のように爽やかです。 まだ何かお正月気分ではないでしょうか。 スーパーの持ち帰りピザがいつもより多く作られ売れているようです(笑)。 そして、なぜかこのところ皇室の話題やニュースを見てしまうという人はきっと多いことでしょう。  私は皇室のゴシップや出来事にそれほど興味はありませんが、確かにポータルサイトにもこのところやたらとそういうヘッドラインが踊っています。 興味はないと言っ...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 捨てられた平成という時代
    2019/06/03 22:14
    捨てられた平成という時代

     元号の改まった今、これから振り返るのが本来というもの。 もちろん令和の世に振り返るのはやはり平成天皇と平成皇后だろう。 改元直前に誰かタレントが言ったそうな「この改元で平成を振り返ってくれと取材がきたが断った。自分は元号で考えたり生活していないから。」と。 カッコつけた割にはあまりに恥ずかしい勘違いではある(笑)。 どうやら左翼か、半島反日系なのかは知らないが。 元号の時間軸で振り返るというのな...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 令和の明るさの予感
    2019/06/03 22:14
    令和の明るさの予感

     今回の秋篠宮家で起きている前代未聞のゴタゴタも、女帝美智子の自己中心主義からの身から出た錆だ。そして、これまた出自の怪しい紀子がそれを踏襲してきたことに始まる。 象徴天皇を勘違いしたエセ個人主義、勝手気ままな自由。 思えばその弟宮の教育は実に情けないものだった。そこに川島紀子が皇室に入り込もうと必死にコナをかけ、学習院をラブホテルにした乱交の挙句、無理やり嫁として入り込んだその経緯はつまびらかに...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 平成という正田美智子の時代
    2019/06/03 22:14
    平成という正田美智子の時代

     統合失調症に近いほどの自己顕示欲。 他人を構わぬ自己中心性と虚栄心。 これほどの毒が、平成という時代の皇室を占拠していたことに改めて驚く。 今の秋篠宮家の騒動を見ればわかるように、もはやどうしようもなく乱れてしまったこの皇室をどうにか「クビ」という英断で終わらせることができたのは、他ならぬ安倍政権でしかなかったろう。 そしてなおも放蕩三昧の、タレント気取りのかつての女帝は今も老醜を晒し続ける。 ...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 平成の崖っぷちを正田美智子に見る
    2019/06/03 22:14
    平成の崖っぷちを正田美智子に見る

     今、日本のマスコミ報道に公正さがないこと。 溢れる言論がことごとく腐ってしまったこと。 言論が簡単に操作されるようになり、ポジョントークとハメ込みにあふれる価値の低い言論に墜ちた今のこの国の状態を見れば、今になって象徴的なことだったと分かる。美智子はマスコミに圧力をかけマスコミを使って国民を騙し続けた。 まさに「象徴天皇制」ということなのだ(笑)。 日本は危なかった。 民主党もまたその「地獄」を...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • だが、このままなら分からんよ(笑)
    2019/06/03 22:13
    だが、このままなら分からんよ(笑)

    ・・・ 日本はリベラルな国だと言った。 ただし、今のようにマスゴミに入り込んだテヨン勢力がマスゴミを狂わせ、東京新聞記者のようなことが幅を利かせww、ポジショントークが日本の言論をこのまま狂わせてゆくようではどうか。この先も日本の公正さが続くかは分からない。 今は日本での韓国批判、ザイニチ批判は「ヘイト」とされ、韓国での悪寒がするほどの日本に対するヘイトは許されるという構図がある。 このような歪みが...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 令和の時代から振り返れ
    2019/06/02 17:56
    令和の時代から振り返れ

    ・・・ 令和の時代、いたずらな嘘を許すなかれ。虚栄を放置するなかれ。 節度守るべし。 この国は正義の国である。滅私の国である。 嘘の通らぬ国であると知れ。 昔から、この国では不逞の輩には厳しく、一度押された烙印は決して消されることはない。それこそ一度しくじれば消すことは決して出来ない。 この国では犯罪を犯したら人生終了。それは昔からそうだった。 時々、麻薬で捕まったザイニチタレントを擁護したり、復...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 日本のリベラル性(笑)
    2019/06/02 17:56
    日本のリベラル性(笑)

    つい長くなったwww これも正田美智子という淫乱婆あのせいか(笑)。・・・ 振り返りをすれば、唾棄すべき美智子と甘やかされた愚息弟、彼らが日本の皇室の尊厳をひたすら踏みにじってきたというだけの平成(笑)。 この晴れやかな改元の節目に、ザイニチにもまともな道が示されている。 狂ったマスゴミの捏造された言論が跋扈する今の世、ポジショントークで真実が隠されてきた平成の時代に、せめてもの公正さで報いるために...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 日本国は立憲君主国なのか?
    2019/06/01 14:59
    日本国は立憲君主国なのか?

    昨日5月31日、産経新聞の正論欄において、桜田淳東洋学園教授が天皇制度について「「臣」の制度を再構築すべきとき」とするタイトルの一文を認めておられました。同文章、新天皇の即位を機に皇室制度の改革を訴えているのですが、その方法性においてどこか違和感が漂っているのです。同文は、皇室による‘無条件の無私の奉仕’に対して国民は何も報いていないし、国民をいわば恩知らずとして責めるところから始まります。その論理展開を見ますと、(1)皇室は国民に対して無私の奉仕を常としてきた、(2)国民は皇室から恩を受けながら報いていない(バランスの欠如)、(3)現状をもたらした原因は、「臣」、即ち、皇室の藩屏となるべき貴族層(華族制度)が消滅したことにある、(4)故に、イギリスに範を求め、皇室の恩に報いるために‘選良層’としての「臣」の制...日本国は立憲君主国なのか?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • トランプ大統領が来た!
    2019/05/31 19:10
    トランプ大統領が来た!

    トランプ大統領が日本に来ている。今日は相撲をご覧になった。 トロフィーも自ら授与された。極めて異例、史上初めてのことだ。 別におもねったわけでもない。彼は実に真面目な人だ。取り組みを実に真剣にご覧になられた様子を見た。 日本人としてとても光栄に感じた。 トランプ大統領はお辞儀の必要はなかったのだが、わざわざやっていただいたことに日本という異質な文化への敬意をさえ感じた。彼のどこがレイシストなのかww...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 令和の時代に残った異物
    2019/05/31 19:10
    令和の時代に残った異物

    ・・・ さて、そのトランプ大統領。 天皇陛下がお迎えして面談することになった。彼はこの日本の改元に敬意を表し、是非とも令和一番目の日本の国賓となることを望んだそうだ。 素晴らしい友好関係ができた。これぞ外交という感じだ。 両陛下ともな威厳を持たれ上品で、トランプ大統領を気遣う優しさも垣間見えた。平成の時代がいかに恥ずかしいものだったか。 両陛下が皇居に向かわれる姿も報道されていた。 あれ? はて?...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 皇統は正統性の問題-皇位継承争いを避けるには
    2019/05/30 15:07
    皇統は正統性の問題-皇位継承争いを避けるには

    最近の週刊誌等の報道をみますと、皇室関連の批判記事が秋篠宮家に集中しているように見受けられます。もちろん、国民に対する正確な情報提供はマスメディアの使命ですので、報道自体には問題はないのでしょうが、仮に、皇位継承問題が背景に潜んでいるとしますと、一連のマスメディアの動きも‘皇位継承争い’の一環なのかもしれません。世論を味方に付けるという…。実のところ、皇位の継承順位を変更する皇室典範の改正問題は、立法という現代的な手段を用いるものでありながらも、紛れもない‘皇位継承争い’なのですから。古今東西において散見される皇位や王位の継承権争いの常からしますと、ライバル候補者の陣営側が仕掛けたとも推測されるのですが、今般、新天皇の即位により、女性・女性天皇や女性宮家の問題が浮上してきている点も気に掛かるところです。どれ程世...皇統は正統性の問題-皇位継承争いを避けるには

    倉西雅子

    万国時事周覧

カテゴリー一覧
商用