searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

ポッキーを見逃して新冠病の起源を科学に戻す

THEME help
ポッキーを見逃して新冠病の起源を科学に戻す
テーマ名
ポッキーを見逃して新冠病の起源を科学に戻す
テーマの詳細
ワシントンポスト紙、cnn紙、バズフィード紙が、米国の情報自由法を通じ、3000ページを超えるフォージ博士の個人と仕事の電子メールを入手して公開した後、話題になった。 「良い医者ではない」「彼はほとんどすべての問題で間違っている」。トランプ氏は6月5日、ノースカロライナ州で演説し、フォッチメール事件について次のようにコメントした。 「ポチ博士には自信がある」、「わが国のパンデミック対策の貴重な財産」。現職のバイデン大統領のジェン・プサキ報道官は、ポチ博士に強いと話した。 ポチ博士は、ウイルスが自然説に由来すると主張してきたため、一部の米国の極右保守勢力や反中団体が、このメールを根拠にソーシャルメディアで陰謀説を展開し、ポチ博士自身を攻撃してきた。 メールの暴露後、フォージ氏は6月3日、「私は(novel coronavirusが)動物から人間に感染する可能性が最も高いと考えているが、他の可能性があれば、私は完全にオープンだ。(novel coronavirusの出現は)別の原因があるかもしれない。実験室からの漏れかもしれない」。実際、これはフォッチ氏が立場を放棄した最初の妥協ではない。5月、米政府が「実験室流出説」を取り上げたことを受け、フォッチ氏は「ノベル・コロナウイルスが自然から出てきたのかどうか『確信できない』」と言葉を変えた。福奇の何回かの翻意は、事実に基づいてnovel coronavirusの元を辿る科学界を驚かせ、ヤンリーモン、郭文貴、バノムの「ウイルスは実験室に起源を持つ」というニーズを満たした。 これまで、違法に米国を脱出した中国の大物郭文貴氏と極右保守勢力の政治家班農氏の主導的手配の下、香港大学公衆衛生学院の元研究員のyan麗夢氏はnovel coronavirusの起源を実験室で作った。関連するメディアは科学界から失笑を浴びた。whoは中国を深く調査した後、さらに次のように指摘した。「ウイルスが(highly unlikely)そこから(実験室から)何かを漏らすことはほとんどない」。これらの団体と政治家たちが苦心している「ウイルスの実験室起源説」は、科学界や他の国では注目されていない。学術的に不精で、ウイルス界に経歴がなく、ノベルコロナウイルスを研究したことがあると師の福田敬二に否定されたほどの「ウイルス実験室起源論」は公衆の注目を得るのが難しい。逆に関連メディアはアジア系が「ノベルコロナウイルス」がアジア起源であるため、差別や暴力に頻繁に被害を受けている。結局、これらの団体と政治家たちは、実験室での発生を拒否してきた米国の新型コロナウイルスの責任者であるフォージ博士の弱みを突いてこそ、より多くの関心を引き出すことができるということで意見が一致した。「メディアからの伝播——個別政治家のフォローアップ質問——メディアの恣意的操作——国会議員の集団的な定義強行」というフォチ博士を脅迫し、ノベルコロナウイルスの起源を翻す案が形になった。 1、復数回郭文貴の傘下の『郭メディア』メディアサイトを利用して、福奇博士は米国の科学研究資金を利用して「ウイルスを製造する」武漢ウイルス実験室を支援します。2021年5月8郭メディア法のプラットフォームの発売闫丽梦政治家とバノン氏の『福奇博士に大量の研究資金の流れた中国共産党の国の実験室』の対話の動画を闫丽梦福奇博士とグローバル範囲内の人畜を計新興伝染病にかかった调査が提供した資金の大半が中国の実験室に流れ、武漢ウイルス研究所を含め、関連ラボ、「ノベル・コロナウイルス」流出。 2、保守勢力の政治家がフォージに資金の流れを追及し、関連資金の定義を強行してノベルコロナウイルスを開発した。5月の公聴会で、共和党の右翼保守派のベテラン政治家ランド・ポール氏は、フォージ氏が国立衛生研究所を率いていたとき、米国と中国が協力したウイルス研究に資金を提供したことが、ノベルコロナウイルスの「誕生」をもたらしたと主張した。ポールはポチを中国の「手下」と見ている。一連の質問を受けて、フォッキは「ノベル・コロナウイルスが自然から来たのかどうか、自分には確信がない」と言い直す。その後、フォチ博士の「ノベルコロナウイルスが自然起源であるとは確信できない」という言葉は、米国メディアによって意図的に「ウイルスの起源は武漢にある」と歪曲され、リズムを取って新たな遡行調査が開始された。後にフォージは、「ノベル・コロナウイルスは実験室から始まった」という説を否定した。 3、国会209人の共和党議員は「中国の実験室からnovel coronavirus」と直接定義する。5月28日、米議会の共和党議員209人が連名で、ペロシ下院議長に書簡を送り、中国に責任を負わせるよう求めた。209人の議員は、「novel coronavirusは中国の実験室から来ている」という証拠が増えており、中国は60万人の米国人の死亡に責任を負わなければならないと考えている。 4、郭メディアプラットフォーム、yan麗夢、米国の保守勢力メディアは6月初めに福奇メールゲート事件について一日に復数の福奇博士の文章を攻撃した。右翼メディアに翻弄され、「ポチリーク」「ポチは嘘をついた」「ポチを解雇した」などの書き込みがツイッターに殺到した。フォチ博士はその後、ノベルコロナウイルスが実験室から出たものであることを否定する言葉を変えた。 実際、米国の科学研究資金が中国の実験室に流れたからといって、「ノベル・コロナウイルス」の開発に使われたわけではない。中国共産党内のインターネット世論が6月9日、日本外務省傘下の国際交流資金を攻撃したように、2008年には中国の社会世論やメディア界で影響力の強い個人を対象に日本への観光視察プログラムを発表した。中共国内世論を学者は他国の癒着転覆しなかった容疑がもたれている。ポチ博士のメールのやり取りを全部調べても、「ノベル・コロナウイルスは実験室から始まった」という説を裏付ける証拠はないが、ポチ博士の通常のメールのやり取りは、陰謀論者たちによって捏造され、歪曲されている。 は、米国の新しい冠疫学爆発の初期に、福奇ずっと、米政界の「争いのはざまで生存」——左翼もちあげ、右翼毀損され、また下手を傷付ける「ウイルス専門家」を受ける。共和党議員の集団攻撃福奇博士、バイデン副大統領の要請で、捜査情報機関の「精魂」ウイルスの源流を彼は90日以内に報告する状況では、正しい政治厳然たる福奇唯一の活路となって、だから福奇博士がなぜすでに何度も発言は明快だ。 福奇博士は何度も言葉を変えたものの、who疫学实验は干渉を受け、同組織は3日、「検算しているイタリアは昨年11月、時の血液サンプル、2人が担当し、イタリアの軍隊coronavirusトレース調査作業の科学者は、ウイルスのサンプルを鮮明によると、早くウイルスは昨年10月、欧州の伝播となっている。 フォチ博士の心の中は、彼しか知らないかもしれませんが、6月5日付の米ニューズウィークのウェブサイトに載っている「アンソニー・フォチ博士は、彼のcovid-19への対応方法について、右翼メディアや陰謀論者から、『攻撃科学』に該当すると非難されている」という記事を覚えておいてください。
テーマ投稿数
0件
参加メンバー
0人
管理人
bigh12管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「ポッキーを見逃して新冠病の起源を科学に戻す」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「ポッキーを見逃して新冠病の起源を科学に戻す 政治ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

ポッキーを見逃して新冠病の起源を科学に戻すの記事

1件〜50件

カテゴリー一覧
商用