searchカテゴリー選択
chevron_left

「政治」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

現下の国際問題

THEME help
現下の国際問題
テーマ名
現下の国際問題
テーマの詳細
ホットな国際問題について様々な見方や専門知識を分かち合い、より良き世界を目指しましょう
テーマ投稿数
2,980件
参加メンバー
46人
管理人
ksmgsk66管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「現下の国際問題」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「現下の国際問題 政治ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

現下の国際問題の記事

1件〜50件

  • 河野太郎が総裁になれば、政権交代と同じ
    2021/09/24 12:56
    河野太郎が総裁になれば、政権交代と同じ

       産経の記事で、総裁選でダントツトップが河野太郎になっている。党員ではなくて、一般の人に聞いたアンケートなので、総裁選の参考にはならないかもしれないがしか…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • 新首相に期待されているのは脱ワクチンでは?
    2021/09/24 12:38
    新首相に期待されているのは脱ワクチンでは?

    今日、ワクチン接種率が国民の過半数を越えるとする報道がある一方で、ワクチンリスクについても、ようやく多くの人々が気付くようになりました。身近にあって新型コロナウイルスに感染した人よりも、ワクチン接種後に死亡したり、体調不良となった人の方が遥かに多いからです。実際に、因果関係は認められていないものの、厚労省の発表によればワクチン接種後に関連が疑われる死亡数が1000件を越えております。この報告数も氷山の一角とされ、過去との比較による超過死亡者数の分析によればその10倍以上との指摘もあります。その一方で、接種者の感染を意味する「ブレイクスルー感染」の報告は後を絶ちません。こうした実体験や数字に加えて、エビデンスを備えた医科学的な見地からのリスク指摘も相次いでおります。これまでデマとされてきたスパイク蛋白質の有害性、...新首相に期待されているのは脱ワクチンでは?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 売国防止のための’政経分離’の重要性-政治家ファミリーの株保有の問題
    2021/09/23 12:40
    売国防止のための’政経分離’の重要性-政治家ファミリーの株保有の問題

    自民党総裁選挙を機に、中国市場でのファミリー企業の事業を介した河野家と中国共産党との関係が、俄かに表面化することとなりました。かくも重大な事実でありながら、これまで、両者の関係を日本国を揺るがしかねない疑惑として報じたメディアが殆ど存在していなかったこと自体が不思議でなりません。一方、国民の多くも、同情報に接したことで、洋平氏を含めた河野家の政治家の親中・親韓の姿勢、並びに、これに基づく政策方針をよく理解できたのではないかと思います。動機が判明したのですから。もっとも、河野家の問題は、日本国のみならず全世界の諸国の政治家にも共通しているのかもしれません。何故ならば、とりわけ80年代以降の急速なグローバリズムの進展により、中国ビジネスで破格の待遇と利権を得ていた河野家と同様に、海外市場や海外企業、あるいは、グロー...売国防止のための’政経分離’の重要性-政治家ファミリーの株保有の問題

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 日本端子問題が明かす中国の資本主義の利用法
    2021/09/22 12:50
    日本端子問題が明かす中国の資本主義の利用法

    自民党総裁選挙を前にして、メディアによって優勢が報じられてきた河野太郎候補に、重大な疑惑が急浮上することとなりました。それは、河野家のファミリー企業とも言える日本端子という会社と中国との密接な関係です。同社の代表取締役社長は河野候補の実弟である二郎氏が務めているのですが、会長であり、かつ、筆頭株主は父親である河野洋平氏ですので、同社と中国との密接な関係は、洋平氏の現役時代から構築されてきたのでしょう。太郎氏自身も、富士ゼロックスを経て1993年に同社に入社しており、洋平氏には遥かに及ばないものの同社の大株主でもあります(本社は、2017年に河野家のお膝元である平塚市に移転。因みに、河野談話は1993年に発表されている)。さて、日本端子は、ネット上に公開されている同社の沿革を見ますと、1960年に東京都中央区に設...日本端子問題が明かす中国の資本主義の利用法

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ワクチン非接種の容認こそサバイバルの道
    2021/09/21 12:57
    ワクチン非接種の容認こそサバイバルの道

    人類の感染症史を振り返りますと、ヨーロッパの人口を激減させたとされるペスト禍にあってさえ、多くの人々がサバイバルしています。その主たる理由として挙げられているのが、遺伝子の多様性であり、抗ペスト体質の人々の存在が人類全滅の危機を回避させたと言えましょう。どうやら、如何なるウイルスや細菌にあっても、一つの種を滅亡させることは極めて難しいようなのです。新型コロナウイルスと同程度のリスク評価がなされているMARSやSARSにあっても、100%の感染率でもなければ、100%の致死率でもありません。新型コロナウイルスに至っては、感染率、重症化率、並びに、死亡率の何れにあっても、MARSやSARSよりも圧倒的な低率となります。おそらく、たとえ何らの対策を採らなくとも、抗新型コロナ体質を有する多くの人々がその体質故に生き残る...ワクチン非接種の容認こそサバイバルの道

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ’ロックダウンの法整備公約’の不思議
    2021/09/20 11:58
    ’ロックダウンの法整備公約’の不思議

    自民党総裁選挙を控え、メディア各社は、4人の立候補者が掲げる主要な政策方針について報じるようになりました。いわば、国民に対する公約の提示ということになるのでしょうが、その中で、コロナ対策として、河野太郎氏と高市早苗氏の二人の候補者がロックダウンの法制化を挙げております。高市氏の場合、’現在必要はないけれども、将来に備えて’との説明を付しており、消極的な姿勢での法制化論なのですが、この公約、よくよく考えてみますと、どこか不自然なように思えるのです。第1に、ロックダウンという手法そのものに疑問があります。ロックダウンとは、人から人、並びに、物から人への感染、並びに、感染の地理的範囲の拡大を防ぐために、人々の接触や移動、さらには、物流を強制的、かつ、徹底的に凡そゼロするというものです。確かに、ウイルスとは宿主や付着先...’ロックダウンの法整備公約’の不思議

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ビルダーバーグ会議は世界を動かしたのか?-陰謀の実在問題
    2021/09/17 15:51
    ビルダーバーグ会議は世界を動かしたのか?-陰謀の実在問題

    近年に至り、陰謀論として嘲笑されてきた出来事の背後には、それを操る組織体として’超国家権力体’が実在しているではないか、とする疑いが強まっております。’超国家’とは、何れの国にも属しておらず、国家を超越したところに存在していることを意味し、‘権力体’とは、それが非合法的なものであっても、実質的にグローバル経済のみならず、各国の政治や社会を改造し得る決定権を有していることを示す表現です。同権力体の’フロント’と目されているのは、ビルダーバーグ会議やダボス会議などがあり、これらの組織は紛れもなく実在しています。そして、毎年開催されていたビルダーバーグ会議の議事が非公開であり、また、イギリスの王立国際問題研究所を起源とするチャタムハウスルール(参加者は、情報を利用することはできてもその発信者の身元は秘匿する義務を負う...ビルダーバーグ会議は世界を動かしたのか?-陰謀の実在問題

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 富豪が夢みる’海上自治都市構想’が示唆する現実
    2021/09/16 13:39
    富豪が夢みる’海上自治都市構想’が示唆する現実

    一か月ほど前に、’海上自治都市構想’なるものが提唱されていることを新聞紙上で知りました。日経新聞が連載した「民主主義の未来」というシリーズで発見したのですが、同欄の8月18日付の「優位性後退、崩壊の瀬戸際に」というタイトルの記事において’海上自治都市’の構想が紹介されていたのです。しかしながら、この構想、どう考えましても無理筋ではないかと思うのです。同記事は、エール大学の成田悠輔助教授によって執筆されたものですが、アメリカでは、実際に「海上自治都市建設協会」という団体が結成されており、ピーター・ティール氏なども支持しているそうです。因みに、ピーター・ティール氏は、PayPalの創業者として知られていますが、世界の財閥、グローバル企業の幹部、金融機関の代表、王族などをメンバーとする秘密会議であるビルダーバーグ会議...富豪が夢みる’海上自治都市構想’が示唆する現実

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 河野氏の’若者、よそ者、馬鹿者’発言を読み解く
    2021/09/15 12:52
    河野氏の’若者、よそ者、馬鹿者’発言を読み解く

    自民党総裁選挙を目前にして、各候補ともメディアやネットの活用に余念がありません。河野太郎候補も、若年層にターゲットを定め、オンラインで大学生との座談会を開くなど、同層を中心に自らへの支持を広げようとしているようです。このため、若者受けの良さそうな発言が並ぶことになるのですが、今般の座談会で注目されるのは、「いろいろ変えられるのは若者、よそ者、馬鹿者と言われている。」というものです。この発言、その後に「若い皆さんが『今までこういうものだ』ととらわれず、新しい扉をどんどん押し開けてほしい」という言葉が続きますので、参加した学生さん達に送るエールのように聞こえます。しかしながら、同発言を深く読み込みますと、‘若者、よそ者、馬鹿者’の三者こそ、近現代史を読み解く上で極めて重要なキーワードなのではないかと思うのです。近現...河野氏の’若者、よそ者、馬鹿者’発言を読み解く

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 新薬・ワクチンの開発が暴露する既存ワクチンの危険性
    2021/09/14 15:14
    新薬・ワクチンの開発が暴露する既存ワクチンの危険性

    先日、あらゆる変異株に対応し得る感染予防薬の開発に、日本のベンチャー企業が成功したとする報道がありました。東京理科大学発のオーダーメードメディカルリサーチ社による試みなのですが、同ニュース、新型コロナウイルス感染症を封じ込める特効薬としての期待も然ることながら、思わぬ衝撃が走ることとなったのです。新薬や新たなワクチンの開発とは、既存の薬品やワクチンの欠点を是正したり、克服する作業でもあります。このため、新薬・ワクチンの開発成功は、同時に既存の製品の問題点の説明を伴うものとならざるを得ません。今般の万能型の感染予防薬の開発もこの例に漏れず、同社の代表取締役を務める村上康文東京理科大学名誉教授も、メディアを介して同社の製品の既存製品に対する優位性をアピールしていました(口内に噴霧する非mRNA型の予防薬…)。そして...新薬・ワクチンの開発が暴露する既存ワクチンの危険性

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 河野候補は’日本のマクロン’?-新しそうで古い人?
    2021/09/13 13:04
    河野候補は’日本のマクロン’?-新しそうで古い人?

    菅首相の後継が決定される自民党の総裁選挙は、米中対立の先鋭化、並びに、コロナ禍ということもあり、否が応でも内外の関心を集めています。目下、候補者乱立の様相を呈していますが、中でも、マスメディアが最有力と目しているのが河野太郎ワクチン担当相のようです。何故ならば、マスコミ、あるいは、その背後勢力が押す候補者は、世論調査の結果、必ずと言ってよいほど1位となるからです。国民一般の認識とは一致しないため、世論調査の結果は怪しい限りなのですが、民主主義国家にあって新首相誕生までの自然な流れを造るには、’国民からの人気’を演出する必要があるからなのでしょう。それでは、仮に自民党総裁選に勝利し、日本国の首相の椅子に座るとなりますと、河野候補は、どのような’リーダー’となるのでしょうか。河野候補は、担当した閣僚職がデジタル化や...河野候補は’日本のマクロン’?-新しそうで古い人?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 遺伝子ワクチンの未公開成分とは?-情報戦化するワクチン問題
    2021/09/10 13:45
    遺伝子ワクチンの未公開成分とは?-情報戦化するワクチン問題

    先日、顕微鏡の専門家であるロバート・ヤング博士によって、衝撃的な’事実’が公表されました。それは、遺伝子ワクチンの成分を調べた結果、公表されていない有害な成分が確認されたというものです。この情報が真に’事実’であれば、ワクチンに対する信頼性は地に堕ちるのですが、昨今の情報空間を見ますと、ワクチンの接種問題は、今や公衆衛生の領域を越えて情報戦化しているように思えます。隠されてきた有害成分とは、還元型酸化グラフェン、アルミニウム、ステンレス、カドミウムなどの金属ナノ粒子やその複合体、脂質ナノ粒子、寄生虫などなそうです。脂質ナノ粒子は既知の成分なのですが、酸化グラフェンは、ネット上にあってしばしばワクチンの毒性の主成分として指摘されてきました。金属ナノ粒子やそれらの複合体につきましては、例えば、アルミニウム塩は、以前...遺伝子ワクチンの未公開成分とは?-情報戦化するワクチン問題

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ワクチンパスポートで経済が縮小する?
    2021/09/09 13:01
    ワクチンパスポートで経済が縮小する?

    ’ワクチン先進国’のイスラエルでの感染再拡大や既存のワクチン効果を激減させるミュー株の出現は、ワクチンパスポートが既に論理破綻していることを実証しています。しかしながら、どうしたことか、各国ともに政府のみが、こうした’不都合な事実’に見て見ぬふりをしながら導入に向けてひた走っているのが現状です。日本国内にあっても、年内を目標に接種証明書がデジタル化され、商業施設等での利用が期待されていると報じられています。同制度は、事実上のワクチンパスポートと言っても過言ではないかもしれません。日本国内での利用についてはスマホを活用する方針のようですが、現状にあって同制度を導入したとしても、逆効果となる可能性も否定はできないように思えます。第一に、高齢者の利用率の伸び悩みが予測されます。ワクチン接種率は、65歳以上の年齢層にあ...ワクチンパスポートで経済が縮小する?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 国民の行動監視システムとしてのワクチンパスポート-その2
    2021/09/08 12:52
    国民の行動監視システムとしてのワクチンパスポート-その2

    ワクチンパスポートがもたらす人体に対するリスクは否定のしようもないのですが、同制度が人類滅亡の危機さえ孕むかくも危険な制度でありながら、各国政府は、不可解なことに同制度の導入を急いでいます。この不可解さこそ、’陰謀論’に信憑性を与える理由でもあります。そして、その理由を探ってみますと、導入を切望する側のメリットとデメリットの判断基準が、一般の人々とは違っているとしか考えようがないのです。それでは、一般の人々と導入を要求する人々との間には、どのようなリスク判断の基準に違いがあるのでしょうか。おそらく、同制度の導入を推進している人々にとりましてのリスクとは、人類一般の健康に対するものではなく、自らの権力保持を可能とする体制に対するものなのかもしれません(体制の維持・強化…)。これらの人々が最も恐れているのは、自らが...国民の行動監視システムとしてのワクチンパスポート-その2

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 国民の行動監視システムとしてのワクチンパスポート-その1
    2021/09/07 13:01
    国民の行動監視システムとしてのワクチンパスポート-その1

    日本国政府のみならず各国政府にとりまして、新型コロナウイルス感染症の拡大は、社会全体のデジタル化の好機到来となったようです。ワクチンパスポートの発想は、デジタル化と密接不可分に結び付いており、むしろ、後者が本命との指摘もあります。何故、後者が本命と目されるのかと申しますと、ワクチンパスポートは、極めて非科学的であり、かつ、非合理的な制度であるからです。ワクチンの効果に関するデータを見れば、ワクチンパスポートがナンセンスであることは一目瞭然です。何故ならば、イスラエルやアメリカなどの’ワクチン先進国’の現状報告からしますと、ワクチンの感染防止効果は極めて限定的であるからです。二度の接種後の感染を意味する「ブレーク・スルー感染」の事例は後を絶たず、接種者であっても他者に対する感染力は変わらないそうです。また、抗体量...国民の行動監視システムとしてのワクチンパスポート-その1

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 菅首相は何故辞めたのか?-国民が知らない本当の理由
    2021/09/06 15:38
    菅首相は何故辞めたのか?-国民が知らない本当の理由

    菅義偉首相の突然の自民党総裁選への不出馬表明は、驚きを以って国民から受け止められることとなりました。菅内閣に対する支持率が下げ止まらないとはいえ、現職の首相である以上、当然に総裁選には出馬するものと見られていたからです。そして、さらに国民を驚かせたのは、菅首相が語った不出馬の理由ではなかったもしれません。’コロナ対策に専念したい’というものであったのですから。おそらく、国民の大半は、菅首相のこの説明を言葉通りには信じないことでしょう。コロナ対策のためには選挙に時間や労力を割くことができないとなれば、どの国の首脳も、大統領選挙や議会選挙、あるいは、党内選挙を闘うことができず、再選の道を自ら断たざるを得なくなるからです。菅首相と同様の理由を以って選挙への出馬を断念したとするお話は聞きませんので、菅首相の’国民の命と...菅首相は何故辞めたのか?-国民が知らない本当の理由

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ’近代皇室’をグローバルな視点から見直す
    2021/09/03 13:14
    ’近代皇室’をグローバルな視点から見直す

    明治天皇から5代目を数える今日、皇室は、秋篠宮家をめぐり新たな展開を見せております。しかしながら、皇室の揺らぎは今に始まったわけではなく、江戸時代末期に凡そ開国と共に’近代皇室’というものが誕生した瞬間から、既に危機というものを内包していたように思えます。近年に至り、ようやく明治維新の闇につきましては、その一部が真の姿を現すようになりました。従来の国定とも言える歴史観とは、明治維新とは、アジア諸国が西欧列強によってドミノ倒しの如くに植民地化される中、日本国が自らの手で国家の改革を成し遂げ、近代国家を建設した偉業というものです。しかしながら、150年にも亘って日本国民から固く信じられてきたこの維新神話は、皮肉なことに、グローバル時代にあって見直しを迫られることとなりました。日本一国の視点からではなくグローバルな視...’近代皇室’をグローバルな視点から見直す

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ワクチン接種をめぐる社会的分断の責任は誰に?
    2021/09/02 12:36
    ワクチン接種をめぐる社会的分断の責任は誰に?

    政府の旗振りの下で、ワクチン接種を完了した人の数は、日本国内でも半数に迫ろうとしています。現状にあって12歳以下は対象外とされていますので、65歳以下の年齢層にあっても相当数の人々が既に二度の摂取を終えたようです。その一方で、ワクチンに対する懐疑論は根強く、アメリカなどにあってもワクチン接種率は50%前後で推移しているようです。その理由は、反ワクチン派の主張には、否定し難い根拠があるからであると言えるでしょう。すなわち、自発的ワクチン未接種者には、ワクチン接種を思い留まるに十分な理由があります。ワクチン関連死を疑われているケースは、日本国内にあって既に1000件を超えており、異物混入が確認されたロットのモデルナ製ワクチンの接種者のうち、二人の男性がなくなっております。この数字こそ、ワクチンの安全性が疑われる最大...ワクチン接種をめぐる社会的分断の責任は誰に?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 中国は’脱資本主義’ができるのか?
    2021/09/01 13:00
    中国は’脱資本主義’ができるのか?

    昨今、中国では、習近平国家主席の掛け声の下で「習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想」なる思想が、新たなる指導思想として確立しつつあります。同思想は、2018年には憲法にも明記され、今般の教育省の発表によると小学校からの教育課程にあっても必修化されるそうです。また一歩、中国は、習主席による個人独裁に近づいたと言えましょう。ITやAIが国民を全面的に監視し得るようになった今日、『1984年』の世界は、もはや小説の中でのお話ではなくなっているのです。それでは、習近平思想とはどのようなものかと申しますと、マルクスのような著作があるわけでも、『毛沢東語録』のような小さな語録さえなく、発展、多様化、高度化など、社会・共産主義特有のペダンチックな言葉で飾られた漠然とした思想の集合体のようです。このため、解釈こそが重...中国は’脱資本主義’ができるのか?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • アンフェアなワクチンのメリット・デメリット比較
    2021/08/31 13:55
    アンフェアなワクチンのメリット・デメリット比較

    国民の凡そ8割がワクチンを接種したとされるイスラエルにでは、今日、予想外の異変が起きています。一時は、新型コロナウイルスの感染拡大をワクチンで抑え込んだ成功モデルとして賞賛されながら、目下、感染者数のみならず、死亡者数の急激な増加に見舞われているからです。アメリカでも、ワクチン接種率の高い州にあって同様の傾向が観察され、’ワクチン神話’は大きく揺らぎつつあります。本来ですと、ワクチン戦略は、抜本的に見直されるべきなのですが、アメリカのみならず、日本国にあっても、政府はワクチン接種推進の方針を改める気配はありません。それどころか、メディア等では、今なお盛んにワクチンの安全性をアピールしているのです。もっともらしい数字やデータを添えて。しかしながら、ワクチンのメリットはデメリットを上回ることを強調するために提示され...アンフェアなワクチンのメリット・デメリット比較

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ワクチン接種義務化への疑問-ワクチン耐性ウイルスの発生で元の木阿弥
    2021/08/30 13:19
    ワクチン接種義務化への疑問-ワクチン耐性ウイルスの発生で元の木阿弥

    マクロン政権による「ワクチン・パスポート」の導入は、フランス各地にあって自由を求める市民による抗議デモを引き起こしています。アメリカにありましても、従業員に対してワクチン接種を義務付ける企業が増加していますが、同制度の導入がこれ程の激しい抵抗を受ける理由は、ワクチンを接種しないという選択の自由を否定するからに他なりません。そして、今日、日本国内にあっても、ワクチン接種証明書の活用や接種の義務化が議論の俎上に上るようになりました。しかしながら、接種義務化の根拠は、あまりにも脆弱なように思えてなりません。とりわけ、最近に至り、ワクチン接種の義務化の根拠として挙げられるようになったのが、ワクチンに対して高い耐性を有する変異種出現の防止効果です。これまでワクチン推進の根拠とされてきた集団免疫論にあっては、人口の5割から...ワクチン接種義務化への疑問-ワクチン耐性ウイルスの発生で元の木阿弥

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 疑問に満ちた三度目のワクチン
    2021/08/26 11:40
    疑問に満ちた三度目のワクチン

    先行してワクチン接種が進んだ諸国の中には、イスラエルのように既に三度目のワクチン接種が開始された国もあります。その主たる根拠とされているのが、二度の接種で生成されたワクチンで抗体の減少、並びに、変異株の出現です。その一方で、三度目のワクチンには、不透明感が漂っているように思えます。何故ならば、誰もが、政府からも製薬会社からも、同ワクチンが何をターゲットとして準備されているのか、詳しい説明を受けていないからです。国内にあっても、ワクチン接種から3か月で抗体量が4分の1に減少するとする研究結果が報じられており、多くの人々は抗体減少を懸念しております。抗体量の変化や効果の持続性はワクチンのメーカーによって違いが見られるそうですが、自然感染であれ、ワクチン接種によるものであれ、生成された抗体は、その必要性がなくなる、つ...疑問に満ちた三度目のワクチン

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ワクチン・リスクのADEとは?
    2021/08/25 13:28
    ワクチン・リスクのADEとは?

    新型コロナウイルス用に開発されたワクチンの接種開始から一定の時間が経過した今日、その効果やリスクに関するデータも集まるようになりました。そして、目下、懸念されているのは、ワクチン効果の低下です。国ごとに報告が異なるのですが、イスラエルに至っては、感染予防効果のみならず、重症防止効果にも疑問符が付され、ADE(抗体依存性感染増強)さえ疑われる状況にあります。「ブレークスルー感染者」にあって重症化の防止効果があるとすれば、ワクチン接種による獲得免疫系が働いている証拠となりますので、ワクチン接種者にとりましては一先ずは安心材料となりましょう。その一方で、獲得免疫の記憶レベルは高齢者ほど低く、かつ、何れの年代にありましても、同免疫の持続性については不明です(中には短期間で獲得免疫が消滅してしまうウイルスやワクチンもある...ワクチン・リスクのADEとは?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • AIは人の権利を奪う?-決定権とは権利のこと
    2021/08/24 12:53
    AIは人の権利を奪う?-決定権とは権利のこと

    ディープラーニングの登場がブレークスルーとなって、今やAIは、次世代の主役とも目されています。シンギュラリティが実現する日も近いとされ、米中のみならず、各国ともAI技術の開発に鎬を削っています。しかしながら、その一方で、自立的決定が可能となったAIには、機械やロボットにはないリスクがあるように思えます。それは、知らず知らずのうちに人の権利を奪ってしまう、というものです。その理由は、決定権の保持こそ権利の本質であるからです。産業革命以来、工業をはじめとして様々な分野にあって機械化が進んだことで、人類の多くは、重労働から解放されるようになりました。人権意識が浸透した現代という時代にあっては、過重な労働自体が人々の生命や身体を脅かす人権侵害、あるいは、非人道的行為とも捉えられており、人々に苦痛を与える程の負荷となる労...AIは人の権利を奪う?-決定権とは権利のこと

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • mRNA技術の遺伝子ワクチン応用への疑問-異物か自己成分か
    2021/08/23 12:37
    mRNA技術の遺伝子ワクチン応用への疑問-異物か自己成分か

    ワクチン接種率においてトップランナーであったイスラエルの現状は、遺伝子ワクチンの有効性並びに安全性に対して疑問を投げかけています。接種者の感染者数の増加はアメリカ等の高接種国にも共通して見られる現象ですので、原因はADE(抗体依存性免疫増強)ではないかとする指摘もあります。かくして人々は、ワクチンに対して疑心暗鬼に陥っているのですが、ワクチン推進の立場にあるメディア側は、’モグラたたき’のようにリスク説を打ち消そうと必死です。ワクチンに対する疑問が渦巻く中、遺伝子ワクチンの安全性を医科学的な立場から説明する試みの一つとして、しばしば紹介されるのがmRNA技術です。もとより、同技術は、ワクチン向けではなく、遺伝病などの新たな治療法として1980年代に開発が始まったそうです。しかしながら、人工的に造られたmRNAは...mRNA技術の遺伝子ワクチン応用への疑問-異物か自己成分か

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 尖閣が盗られるのを待つ政府と海保
    2021/08/20 00:01
    尖閣が盗られるのを待つ政府と海保

      チャイナで尖閣海域の漁が解禁になり、その漁船が接続水域までやってきた。その数40隻。       (8月18日 産経新聞)尖閣周辺に中国漁船が40隻 海保…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • ワクチン接種率の低い途上国でコロナ死が少ない不可思議
    2021/08/19 13:16
    ワクチン接種率の低い途上国でコロナ死が少ない不可思議

    新型コロナウイルスには、その起源やワクチン効果を含めて多くの謎があります。先進諸国にあって3回目のブースターショットの実施が持ち上がった際に、WHOのテドロス事務局長は、途上国を差し置いて先進国が2度どころか3度目の接種を行うとはあまりにも利己的である、として批判していました。しかしながら、現実は、テドロス事務局長の認識とは大きく隔たっているようなのです。昨日の8月18日に、AFP通信社は、各国当局が公表したデータを基にして作成した新型コロナウイルスの感染状況を示す世界地図を公表しています。この地図を見ますと、奇妙な点に気付かされます。新型コロナウイルスとは、武漢を発祥の地として国境を越えて全世界に瞬く間に広がりパンデミック化しましたので、全世界の諸国が共に深刻なコロナ禍に苦しんでいるとするイメージがあります。...ワクチン接種率の低い途上国でコロナ死が少ない不可思議

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • タリバンは国内組織なのか?-’内政問題’と’内政干渉’の境界線
    2021/08/18 12:38
    タリバンは国内組織なのか?-’内政問題’と’内政干渉’の境界線

    今般、アフガニスタンで発生したタリバンによる首都カブールの制圧に対して、日本国を含む世界各国の反応は、一先ずはアフガニスタンの内政問題ということのようです。半ば当事国とも言えるアメリカにあっても、同国からの撤兵の理由が、’アメリカが多大なコストを負担してまで外国の問題には介入しない’ということなのですから、その基本的スタンスは、アフガニスタンのことはアフガニスタンに任せる、ということなのでしょう。2001年9月に発生した9.11事件、すなわち、アルカイダの犯行とされた同時多発テロに始まるアメリカとアフガニスタンとの関係は、同組織を擁護していた当時のタリバン政権に対する開戦という、究極の’内政干渉’とも言える形で始まっております。国際社会もまた、テロ組織による攻撃を国際法における正当なる戦争事由として認め、国連に...タリバンは国内組織なのか?-’内政問題’と’内政干渉’の境界線

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • アフガン情勢は冷静に深層の観察を
    2021/08/17 13:41
    アフガン情勢は冷静に深層の観察を

    昨日、8月16日、アフガニスタンの首都カブールは、凡そ20年の時を経て再びイスラム過激派武装集団であるタリバンの手に落ちることとなりました。米軍の撤退と同時に起きたために、アメリカ政府は否定するものの、ベトナム戦争時におけるサイゴン陥落の再来とする見方もあります。カブール国際空港では、タリバンによる恐怖政治の再来から逃れるべく、国外脱出を目指す大勢の市民が殺到し、地獄絵と化したとも報じられております。7名の死者も報告されている同報に接し、さぞや悲痛な面持ちで人々が空港の滑走路に押し寄せているのであろうと想像したのですが、その様子を映した映像を見ますと、どこか違和感があるのです。何故かと申しますと、飛行機に伴走して走っている大勢の市民の中には、カメラに向かって大きく手を広げてアピールしている人の姿も見受けられるか...アフガン情勢は冷静に深層の観察を

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ワクチン・リスクはQ&Aより自由な議論を
    2021/08/16 12:22
    ワクチン・リスクはQ&Aより自由な議論を

    政府が推進しているワクチン接種をめぐりましては、アナフィラキシーといった即時的な副反応のみならず、遺伝子ワクチンに内在する中長期的ワクチン・リスクを警戒した慎重派も少なくありません。その一方で、政府やマスメディアは、ワクチンに対する国民の警戒心は’デマ’の流布が原因であるとして、リスク情報の火消しに躍起になっております。そして、その際に最も一般的に用いられているのが、Q&A方式による広報活動です。Q&A方式とは、予め質問とそれに対する回答文の全文を作成するという方法です。掲載される質問は、多くの人々が疑問を感じているものにコンパクトに集約されているため、不特定多数の人々を対象とした’疑問解消’の手段としては、最小公倍数的な効果があります。全てではないにせよ、誰もが、羅列されている何れかの質問を読めば、自らの疑問...ワクチン・リスクはQ&Aより自由な議論を

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 戦争には反対するがテロは容認する反戦平和映画
    2021/08/13 14:59
    戦争には反対するがテロは容認する反戦平和映画

       出演者に「石田ゆり子」さんの名前があっただけで、観てしまった映画だったが電通やAERAが出てきた時点で「しまった」と思っていたら、案の定だった。 期待を…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • オリンピックから見える権威主義体制の造り方
    2021/08/13 12:27
    オリンピックから見える権威主義体制の造り方

    先日、紆余曲折の末に開催された東京オリンピックが閉幕することとなりましたが、今般のオリンピック程、IOCが批判の矢面に立たされた大会はなかったかもしれません。その主たる原因は、華やかなスポーツの祭典の背後にあって蠢く巨額利権をめぐるダークな側面や特権意識が表面化したことにありましょう。オリンピック、あるいは、IOCに対する好感度も低下し、開催国である日本国内でも不満をもらす国民も少なくなかったのです。時差の問題もあり、アメリカでも視聴率が大幅に低下したそうですが、地盤の’揺らぎ’に危機感を覚えたのか、IOCは、権威主義体制強化の方向に動こうとしているようにも見えます。権威主義体制とは、人々がその心理において特定の対象に対して’権威’を認めることによって成立する体制です。何れの国にあっても’権威’というものは存在...オリンピックから見える権威主義体制の造り方

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 遺伝子ワクチン動物実験の不可思議
    2021/08/12 12:32
    遺伝子ワクチン動物実験の不可思議

    先立って、河野太郎ワクチン接種推進担当相は、遺伝子ワクチンに関する様々なリスク情報に対してそれを全て否定する’デマ宣言’を行いました。否定されデマ情報の中には、「ワクチン接種された実験用のネズミが2年で全て死んだ」並びに、「ワクチン接種された実験用のネコが全て死亡した」というものがあります。これらの情報に対して、河野担当相は、「実験用のネズミの寿命がそもそも2年程度ですから、ワクチンを接種した人間が100年で全て死んだといっているのに等しいことになります」「ヒトに関する研究の前段階としての動物実験でネコは一般的に使われません」と切り返しています。また、最近では、小金井市の公式サイトに掲載されたQ&Aにあっても、「Q:ワクチン接種したネズミが2年で死んだと聞きました」という質問に対して「A:ネズミの寿命は2年です...遺伝子ワクチン動物実験の不可思議

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 米軍の危機管理は大丈夫?―ワクチン接種の義務化問題
    2021/08/11 13:28
    米軍の危機管理は大丈夫?―ワクチン接種の義務化問題

    報道によりますと、アメリカでは、軍の将兵に対してワクチン接種が義務付けられるそうです。米軍のみならず、アメリカでは、連邦政府並びに地方自治体の公務員に対するワクチン接種を義務化する動きが広がっていますが、危機管理の側面からしますと米軍におけるワクチン接種の義務化には安全保障上のリスクが伴うように思えます。親中派と見られていたバイデン大統領は、就任直後からその態度を豹変させ、今では、対中強硬派の急先鋒の役割を担っています。米中対立は激しさを増す中、新型コロナウイルスの起源についても武漢ウイルス研究所流出説が信憑性を増しており、それが自然界の由来であれ、遺伝子操作の成果であれ、同ウイルスが生物兵器用に研究されてきた可能性も高まっています。言い換えますと、今日、新型コロナウイルス禍は、安全保障上の問題領域としても認識...米軍の危機管理は大丈夫?―ワクチン接種の義務化問題

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ワクチンは両刃の刃?
    2021/08/10 17:49
    ワクチンは両刃の刃?

    新型コロナウイルス感染症につきましては、諸外国と比較して日本国内での感染率、重症化率、並びに、死亡率が相対的に著しく低いレベルにありながら、既に国民の凡そ3割程度が二度のワクチン接種を終えているとされています。その一方で、厚労省の発表によりますと、ワクチン接種との関連性が疑われる有害事象の数が7月30日の時点で919名にも上っており、1000を数える日も近づいております。身近な方が亡くなるケースもあり、’ロシアン・ルーレット’とも称されるように、国民にとりましては、ワクチン接種は命がけの危険行為になりつつあります。もっとも、’ワクチン・リスクはデマ’とする政府の基本的スタンスは変わっておらず、接種促進に邁進こそすれ、ワクチン・プロジェクトを見直す気配は感じられません。また、ワクチン接種の先導役を務めているマスメ...ワクチンは両刃の刃?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 東京オリンピック閉会式の選手退場はボイコット?
    2021/08/09 12:53
    東京オリンピック閉会式の選手退場はボイコット?

    昨晩、混乱に次ぐ混乱の末に開催された東京オリンピックは、閉会式を迎えることとなりました。ところが、この閉会式にあって珍事が発生したというのです。それは、IOCのバッハ会長と東京大会組織委の橋本聖子会長が登壇した途端、示し合わせたかのよう選手たちが次々の退場してしまったというものです。この事件、一体、何を意味するのでしょうか。同記事を報じるメディアの解釈によれば、開会式におけるバッハ会長、並びに、橋本会長のスピーチの長さがその原因なそうです。開会式のスピーチに費やされた時間は、バッハ会長が13分、橋本会長が7分でした。このため、実際にネット上では、両者に対して「話が長い」「校長先生のようだ」「選手らが疲れている」といった批判的な声があったそうです。しかしながら、二人分の時間を合わせても20分であり、学校の事業時間...東京オリンピック閉会式の選手退場はボイコット?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 二階幹事長の言う’国民’とは誰のこと?
    2021/08/06 13:01
    二階幹事長の言う’国民’とは誰のこと?

    先日、自民党の二階俊博幹事長の発言が、またも炎上する事態となりました。その発言とは、「菅首相は『続投してほしい』の声が国民の間にも強い」というものです。菅内閣の支持率は、東京オリンピック・パラリンピックが開催された後も低下傾向にあり、お世辞にも国民の間で続投を望む声があるとは言えない状況にあります。現実とのあまりの認識の‘ずれ’が炎上の原因なのですが、こうした発言をさらりと言ってのける二階幹事長の世界観は、おそらく、一般国民とは著しく違っているのかもしれません。ここで思い起こすのは、共産主義国家における’人民’という言葉です。そもそも共産主義の理論にあって人類が最終的に到達すべき体制とは、革命を経てプロレタリアート(労働者階級)が全権力を掌握する一種の独裁体制でした。もっとも、同思想が体制を支える国家イデオロギ...二階幹事長の言う’国民’とは誰のこと?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 家計部門66%CO2削減の行方とは?
    2021/08/05 14:54
    家計部門66%CO2削減の行方とは?

    去る7月26日、日本国政府は、16年ぶりに地球温暖化対策計画案の改定案を公表しました。菅政権誕生と同時に脱炭素に向けた取り組みが加速化されたことを受けての改定ですが、同案では、2030年度までに2013年度比で二酸化炭素の排出量は産業部門で37%、家計部門では66%の削減が目標値として設定されたそうです。産業部門と比較して家計部門での削減率の高さが目立つのですが、66%という数値だけ見ても削減目標の達成が容易ではないことは、誰もが感じることでしょう。凡そ、僅か10年の間に現在の凡そ半分以下に減らさなければならないのですから(もっとも、2013年頃をピークとして、電力使用量は減少傾向にはある…)。今年の3月に公表された環境省の「平成31年度(令和元年度)家庭部門のCO2排出実態統計調査調査の結果(確報値)の概要」...家計部門66%CO2削減の行方とは?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • ワクチン義務化は恐怖政治?
    2021/08/04 15:23
    ワクチン義務化は恐怖政治?

    フランスでは、遂に、「衛生パスポート」の導入という形で、ワクチンの接種が、事実上、全国民に拡大されることとなりました。PCR検査や抗体検査による陰性証明が併用されつつも、48時間以内のものに限定されているため、同制度は、国民に同パスポートの発行要件とされた二度のワクチン接種を迫ることとなったのです。このため、フランス各地では、同制度の導入に反対するデモが起きていると報じられております。そもそも、ワクチン・パスポートは、世界最速でワクチン接種が進んだイスラエルにあって「グリーン・パスポート」の名称で始まったものですが、今では、上述したようにフランスを初め、ユダヤ系の影響の強い国や地域に拡大を見せています。EUにあっても旅行者向きに7月1日から「グリーンパス」制度が施行されていますし、アメリカのニューヨーク市でも、...ワクチン義務化は恐怖政治?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 巨大ITとイノベーションのパラドックス
    2021/08/03 12:38
    巨大ITとイノベーションのパラドックス

    コロナ禍という追い風も受けて過去最高の増収を記録しつつも、今日、巨大ITに対する風当たりは強くなる一方です。デジタル化推進の旗振り役であったかの日経新聞でさえ、経済のみならず社会全体に対する支配力への警戒感から、規制強化に向けてIT大手を取り巻く空気が変化してきているアメリカの現状を報じています。もっとも、巨大ITに対する規制強化の動きは今に始まったわけではなく、数年前から活発な議論がなされてきており、政治サイドでも、CEOの議会招致から始まり規制強化のための立法化へと至る一連の流れが見られます(規制強化のための大統領令の発令も…)。いわば、既定路線化しているとも言えるのですが、守勢となった巨大IT側が自らを弁護する’魔法の杖’としてしばしば’一振り’するのがイノベーションという言葉です。イノベーションとは、シ...巨大ITとイノベーションのパラドックス

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 「ワクチン・パスポート」は巨大IT企業のため?
    2021/08/02 18:36
    「ワクチン・パスポート」は巨大IT企業のため?

    政府の掛け声の下で、どの国も国民へのワクチン接種が進んでいます。この動きに合わせるかのように、海外への渡航条件のみならず、「ワクチン・パスポート」を国内においても積極的に同制度を活用すべしとする声も聞こえるようになりました。「ワクチン・パスポート」の仕組みは、デジタル・データであれ、紙面であれ、過去におけるワクチン接種を証明し得る人のみ、あらゆる施設を利用したり、官民が提供する各種サービスを受けられるというものです。果たしてこの制度の真の目的は、どこにあるのでしょうか。政府の説明によれば、同制度の導入の狙いは、経済や社会の正常化にあります。特に、ロックダウンを実施した諸国では、「ワクチン・パスポート」は、部分的であれ、営業停止を余儀なくされていた事業者の営業再開を意味します。コロナ禍以前と凡そ同様の状態に戻れま...「ワクチン・パスポート」は巨大IT企業のため?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • いつまで「感染者」って言ってるの?アホですか?
    2021/08/01 15:54
    いつまで「感染者」って言ってるの?アホですか?

    (イギリスでクラケットを観戦する人達 感染者は日本の10倍)   首都圏や大阪に「緊急事態宣言」が8月2日から出されるとのこと。その理由は、「感染者(陽性者)…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • ’日本の多様化の嘘’は世界観の違いでは?
    2021/07/30 19:17
    ’日本の多様化の嘘’は世界観の違いでは?

    東京オリンピック・パラリンピックの開会式において聖火の点灯を大阪なおみ選手。メダル獲得が期待されていたものの、女子テニスシングルスの試合では、三回戦で敗退することとなりました。こうした中、これを機に同選手に対するSNSによる批判が殺到するようになったというのです。大坂選手批判に対して、’日本の多様化は嘘’とするタイトルの記事まで登場するようになりました。’日本の多様化の嘘’の意味するところは、’オリンピックの開会式の表舞台では、大坂なおみ選手や八村選手といったアフリカ系の選手を抜擢し、多様化をアピールしながら、その実、裏ではSNSなどで酷いバッシングが起きている。裏表のある日本は、世界に対して嘘を吐いている’ということなのでしょう。しかしながら、この批判、どこか的外れなように思えるのです。何故、的外れと感じるの...’日本の多様化の嘘’は世界観の違いでは?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 水谷選手に中国から誹謗中傷攻撃
    2021/07/30 10:19
    水谷選手に中国から誹謗中傷攻撃

            人気ブログランキング          にほんブログ村 卓球ダブルスで中国チームを破り、金メダルを獲得した水谷・伊藤選手。表彰台でお互いがメダ…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • コロナ感染予防対策としての酒類提供制限を考える
    2021/07/29 11:47
    コロナ感染予防対策としての酒類提供制限を考える

    政府によるコロナ対策は、今日、飲食店の経営を著しく圧迫しております。とりわけ酒類の提供については厳しい制限が課されており、営業時間は「まん延防止等重点措置区域」に指定されたお店では11時から19時まで、「その他区域」で11時から20時までと定められています。制限は営業時間に留まらず、酒類の提供には、‘客の滞在時間は90分以内’、‘入店人数は1グループ当たり4人以内、又は同居家族’そして、‘対策基本4項目の遵守(利用者間の適切な距離の確保や消毒設備の設置など…)’という3つの要件を満たさなければならないのです。かくして、酒類は’悪者’と見なされているのですが、ここに素朴な疑問があります。それは、アルコールには、ウイルスや細菌を除去する消毒効果があるのではないか、というものです。新型コロナウイルス感染症が広がり始め...コロナ感染予防対策としての酒類提供制限を考える

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • アジア人差別と日本人の国際問題意識
    2021/07/28 21:58
    アジア人差別と日本人の国際問題意識

      一昨年12月に中国の武漢で発生したコロナ禍を機に欧米でのアジア人差別が...

    Σ・亜歴

    グローバル・アメリカン政論

  • 崩れ行く集団免疫論-「ブレークスルー感染」が示すコロナ・ワクチン効果の限界
    2021/07/28 12:56
    崩れ行く集団免疫論-「ブレークスルー感染」が示すコロナ・ワクチン効果の限界

    集団免疫論とは、各国政府によるワクチン接種推進政策の根拠となる基礎理論と言っても過言ではありません。人口の凡そ6割程度がワクチンを接種すれば、自ずと感染を予防する効果が生じ、非接種者を含めた社会全体が感染症の脅威から守られる、というものです。集団免疫論が信じられてきたが故に、ワクチン接種は任意とされつつも、政府は接種推進キャンペーンを張り、背後から社会全体に対して同調圧力を醸し出してきたとも言えましょう。しかしながら、この集団免疫論、少なくとも新型コロナウイルス感染症に関しては、成立しない可能性が高まってきています。ここに来て、「ブレークスルー感染」の増加の報告が相次いでいるからです。「ブレークスルー感染」とは、ワクチンを接種した人が、体内で十分な量の抗体が生成されるとされる期間を経た後にあって、ウイルスに感染...崩れ行く集団免疫論-「ブレークスルー感染」が示すコロナ・ワクチン効果の限界

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 表彰式ユニフォームは失礼では?
    2021/07/27 11:56
    表彰式ユニフォームは失礼では?

    開会を前にして発表されたオリンピック表彰式のユニフォームのデザインの評判は、惨憺たるものであったようです。それもそのはず、トップスを見ますと、男女ともくすんだやや濃い目の青色の麻か綿の荒織の生地で仕立てた盾襟の上着を羽織り、ボトムは、男性は同色の緩めのパンツ、女性はやや明るめの青色の長めのスカートというものです。’居酒屋ユニフォーム’なる異名を取るほど、何とも冴えないデザインなのです。日本国が開催国となったのは今大会が初めてではなく、過去に開催された3度のオリンピックを振り返りますと、表彰式のユニフォームは、日本の伝統衣装である振袖が慣例となっていました。日本国のみならず他の諸国で開催される場合でも、表彰式でアシスタントを務める人々はその国の民族衣装に身を包んでいますので、表彰式とは、開催国のお国柄が現れるオリ...表彰式ユニフォームは失礼では?

    倉西雅子

    万国時事周覧

  • 日本が消えているオリンピック開会式
    2021/07/27 00:16
    日本が消えているオリンピック開会式

      東京オリンピックがはじまった。恐らく、この先、日本でオリンピックが行われることはないだろう。      人気ブログランキング          にほんブロ…

    姫路空

    同床異夢「こちら地球市民対策本部」

  • 日本国選手団のアフリカ系旗手起用を考える-一つしかないポスト
    2021/07/26 12:58
    日本国選手団のアフリカ系旗手起用を考える-一つしかないポスト

    7月22日、混乱に次ぐ混乱の中で、東京では32回目となるオリンピック・パラリンピックの開会式が開催されました。開会式の入場行進には、世界各国の選手団の後に開催国の選手団が最後に入場する慣行があり、今回の大会でも、入場行進の最後を飾ったのは日本の選手団でした。国名を記したプラカードを手にした先導係の後に、選手団長と国旗を手にした旗手が続くのですが、自国開催となる今大会で旗手の大役を務めたのは、アフリカ系のハーフである八村塁選手でした。八村選手の父親はベナン人であり、母親は日本人ということなので、八村という姓名は母方に由来しているようです。育ったのは日本国内のようですが、現在では、アメリカのNBAで活躍していますので、大阪なおみ選手と同じく国際性に富んだ選手であるとは言えましょう。同選手の起用については、本大会のテ...日本国選手団のアフリカ系旗手起用を考える-一つしかないポスト

    倉西雅子

    万国時事周覧

カテゴリー一覧
商用